ブログ:ココログ

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

福岡支部が第39回定期大会開く ( 2005/7/10 )

役員は大幅増、専門部も設置
中国に日本語学校設立も準備
福岡支部が第39回定期大会開催

福岡支部は、吉林省民族楽団公演を大成功させ大いに盛りあがる中で、7月10日、第39回定期大会を開きました。
 ここ5年の間、中国国民との交流が大きく広がり、支部や福岡日中文化センターの様々な講座やサークルは活気を見せています。
 また、戦争被害者である帰国者や中国人強制連行者の支援活動も進んでいます。一方、今の日本と中国の情勢を反映して、日中友好協会に対する期待と関心は高まり、事務局の仕事量が大幅に増えています。
 こうした中で大会は、ひとりでも多くの会員の協力を得て運動を進めるために、交流・旅行部、学習部、文化部などを作ることや役員も23名から31名に大幅に増やすことにしました。また、「日本語学校」と「茶館」の設立などの計画を進めていくことにしました。
 大会では、24名の人から報告や発言がありました。
 大会終了後、会員から寄贈された「宏介ちゃんプロジェクター」「正勝ちゃん暗幕」の披露も兼ねて映写会と懇親会を楽しく行ないました.。(M)
fukuoka20050719

2005年 7月 23日 日本語学校, 福岡支部 | | コメント (2) | トラックバック (0)

帰国してからの鬱積した気持ちが晴れた ( 2005/7/2 )

帰国してからの鬱積した気持ちが晴れた
帰国者の方との交歓会  日中友好協会小倉支部

img_20050715_1  小倉支部は残留孤児の帰国者の方との交歓会を7月2日に開催し、北九州市立生涯学習センターに38人がつどいました。

img_20050715_2


 支援する会」との初めての共同の取り組みということで、どうなることかとの危惧もありましたが、みんなで一緒に餃子を作り、食べて、語って、歌った4時間は、大変充実したものとなりました。

img_20050715_3  協会からの自己紹介では、日本共産党の北九州市議会議員の参加者3人を代表して原博道副会長、県会議員の高瀬菜穂子さん、青年代表の村上一法さん、支援する会との窓口の深谷節子さんらが、帰国者の方が大変な苦労のなかで日本に帰国したことをねぎらうとともに、日中不再戦の願いを踏みにじる憲法改悪や靖国問題への怒りを、自らの中国からの引き揚げの体験も交えて語られました。

img_20050715_4  帰国者の方からは、「これまでこれほど楽しい催しはなかった」「帰国してからの鬱積した気持ちが話を聞いて少し晴れた」などの感想が出され、今後も交流していこうという思いを強くしました。 (訓)

2005年 7月 16日 小倉支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

平和のための戦争展ふくおか ( 2005/8/17-21 )

平和のための戦争展ふくおか を開催します。

2005年 8月17日(水)-21日(日)
    午前10時?午後8時(21日は午後5時で終了)
アクロス福岡 2階交流ギャラリー
入場無料

詳しくは、ここをクリック。

2005年 7月 1日 イベント, 平和のための戦争展 | | コメント (0) | トラックバック (0)





« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »