ブログ:ココログ

« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »

胸に光る協会バッチ   (2005/12/11)

胸に光る協会バッチ
10人の新会員を迎えて歓迎会 7月から30人入会 福岡支部

p20051224_1
p20051224_2  昨年6月の支部大会後、30人の会員を増やした福岡支部は、12月11日に日中文化センターで、10人の新入会員を迎えて、楽しく・盛大に「新入会員歓迎会」を開きました。
 30人の参加者でいっぱいになったホールは、真っ赤な”中国提灯”と”福飾り”で彩られ、餃子鍋から湯気も立ちのぼり、まさに、”あたたかい雰囲気”の中で、北川栄市支部長の「歓迎のことば」で開会しました。
 つづいて松山盛利理事長から「文化大革命」当時、受けた暴力的な干渉、脱会者が相次ぐなど、自身の悲痛な体験も交えて”友好協会半世紀の歩み”が紹介されました。話の中では中国解放軍の行進の歌も飛び出しました。♪けつまづいてもォー、転んでもォー、すぐまた起きるオー♪。苦難の時代を楽天的に、将来の”草の根の友好”を信じて揺るがなかった協会の歴史に、新入会員の皆さんは真剣に聞き入っていました。

 入会してすぐ準会員を増やしたNさん、支部の呼びかけに南京からの留学生に身の回りの電気製品などを贈ったSさん、Nさん、ご一緒に入会したK夫妻などの、それぞれの中国の思いなどがこもった自己紹介がつづき、たまたまこの日が誕生日のUさんには、Kさんが名指揮者振りを発揮して参加者全員で♪祝誕生日快楽♪を合唱。「実は明日12日が誕生日で・・・」という旧(?)会員が2人もいて、「ついでにもう一度」。「私は1月だけど・・・」という便乗組みまで現れて、♪「祝誕生日快楽」♪の合唱は楽しくいつまでも続きました。新入会員の胸にはこの日支部から贈られた協会バッチが光っていました。 (三)

2005年 12月 24日 ニュース, 福岡支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

「初恋の来た道」鑑賞と総会 (2005/12/18)

「初恋の来た道」鑑賞と総会
早速新しい会員も迎える  戸畑支部
 総会翌日、須崎健一支部長
から県連に電話がありました。「昨日はありがとうございました。一名増えましたよ。入会申込書を15枚ほど送ってください。」
 12月18日戸畑支部総会が開かれました。その筋の熱達者が多い戸畑支部。オープニングは、
映画「初恋が来た道」の鑑賞。参加者はみな我が若かりし日の自分に重ね合わせ感動。続いて総会行事。まず須崎支部長があいさつ、「中国映画や旅行など様々な取り組みをおこない、会員をふやそう」と呼びかけました。
 
県連の岩佐英樹理事長は、「来年5月の大会に向け (1)10%拡大 (2)準支部は支部に (3)新支部をつくる 運動をすすめています。県独自には、強制連行強制労働裁判に関わって (1)公正裁判要請ハガキを送る (2)市民集会(2月18日)の成功を」と訴えました。役員の留任。会計報告を承認し総会は終了しました。
 
そのあと、祝賀パーティー。「中国映画の評論」「中国旅行の報告」「2ヶ月に一度の映画会」など夢いっぱい、話の花が咲きました。(岩)

2005年 12月 24日 ニュース, 戸畑支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

寒波襲来の中で200名の観客 (2005/12/13)

寒波襲来の中で200名の観客
4回目を迎えた日中コンサート  田川支部
 戦後60周年記念・長春市「中日友好楼」支援チャリティコンサートを計画したこの夏、急な国会解散・総選挙というあわただしさに取り組みが遅れ、12月に入りどうにか目鼻がついた矢先、この冬最大級の寒波の襲来です。
 心配された13日。前日からの雪も山肌に残り、夕方からまたまた、小雪が舞い始めました。観客の出足が鈍るのではと心配されましたが、開場時間より早くから市民の姿が見え始め、200人を超える観客に胸をなでおろしました。
 4回目を迎えた「中国音楽の夕べ」。今回は、胡弓とピアノに中院という初めての民族楽器の組み合わせでしたが、観客の大きな拍手とアンコールの声で、大いに盛り上がりました。「次回を楽しみにしています」「初めて来ましたが、とても感激しました」など大変好評でした。また、今回初めてこられたMさんから「中日友好楼の事はテレビで見てました。日中友好に役立ててください」など募金がよせられるなど、残留孤児に対しての関心の強さを知ることが出来ました。
 早速、益金の一部と寄せられた募金を県連をとおして「中日友好楼」へ送ることにしました。(中)

2005年 12月 24日 二胡, 田川支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

人間らしく暮らしたい (2005/12/8)

人間らしく暮らしたい
中国残留孤児の方々が訴え

 12月8日は日本が太平洋戦争を開始した日です。ちょうど昨年のこの日に福岡地裁に中国残留孤児の人々が「普通の日本人として人間らしくくらしたい」と日本政府を相手取って国家賠償請求訴訟をしました。
 その一周年を記念して福岡市の中心部5ヶ所で統一宣伝行動をおこないました。当日は原告の帰国者、弁護団、支援者、合計88名が参加、チラシ4000枚を配り、署名160筆をしてもらいました。
 寒波到来の師走の町でしたが、残留孤児と同世代の年配の人が足を止め、柿をいただいたり、募金箱は置いていないのに一万円も寄付をいただいたり、通行中のバスの窓を開けて宣伝のマイクを聴こうとされたり様々な反応がありました。
 また、福岡県や福岡市にも中国帰国者の為の医療通訳等を求める要請に行きました。その後、中央市民センターで交流会を開き、当日の宣伝活動の経験交流をおこないました。
 マスコミからも多くの取材を受け新聞報道などもおこなわれました。人の目につく行動をもっとおこない世論を作り上げていく必要性を感じた一日でした。(名)

2005年 12月 24日 中国残留孤児 | | コメント (0) | トラックバック (0)

虐殺の実態をつぶさに知る (2005/11/7-11)

虐殺の実態をつぶさに知る

北九州協議会 第3回「日中友好平和の旅」

kitakyu  日中友好協会北九州協議会の第3回「日中友好平和の旅」は、上海、南京、杭州、蘇州を11月7日より11日まで、4泊5日の旅をおこない、大変実り多い旅となりました。
 初日は、一路上海より南京へバスの旅となり、たそがれた様な太陽が、終日バスとともに南京の夕暮れまでともに走りました。
 翌日、南京の「大虐殺記念館」を訪問しました。記念館では、「抗日戦勝60周年記念」の年で多忙きわめる中、私たち日中友好平和の旅一行14名を特別に迎え相互に交流することができました。
 副館長が自ら案内し、説明をしてくれました。私たち一行は、虐殺の犠牲者の霊に花輪を捧げ、黙祷をしました。その後、貴賓室において訪問団団長及び記念館副館長が、こもごも挨拶を交わし、意見交換をしました。
 また、イギリス人牧師が撮影した当時の実写フィルムを鑑賞し、虐殺の実態をつぶさに知ることができました。
 杭州では、「日本軍上陸地点」のモニュメントが8月に拡充整備され、中央に「1937.11」の碑が建てられ、それに鎖がまかれ、外には赤字で大きく「勿亡国耻」と書かれ、あらためて「中国侵略」の実相がリアルに私たちに迫ってきました。
 また、お父さんの「従軍日記」を頼り杭州の大学で教鞭をとりながら日本軍の辿ったルートを歩いている俊正(参加者の兄)さんとも交流することができました。
 今後かつての日本軍による中国侵略を深く解明し、日中両国の平和と友好交流の為にいっそう努力する決意をかためる平和の旅になりました。

2005年 12月 11日 北九州協議会, 旅行・地域 | | コメント (0) | トラックバック (0)

「中国人戦争被害者の要求を支える会」総会開く (2005/11/25)

新事務局長に岩佐秀樹氏

「中国人戦争被害者の要求を支える会」総会開く

iwasakideki  11月25日、「中国人戦争被害者の要求を支える福岡の会」第5回総会が開催されました。
 過去1年の取り組みの総括をし、次年度の運動方針を討議しました。
 新事務局長には、岩佐秀樹氏(日中友好協会福岡県連合会理事長)が就任しました。
 運動方針では主に次のような点が強調されました。

(1) 裁判の内容や進行具合を知ってもらい、世論を喚起するために裁判傍聴者を大いに増やす。
(2) 会の運動を広げるために「未来にこだわる私は過去にもこだわる」などのパンフや書籍の販売を強化する。
(3) 会費の安定確保
(4) 会員の10%拡大をめざす。

などです。
 当面の活動として、3月29日の福岡地裁の第2陣判決に向けて、「公正な裁判を求めて」裁判所に要請ハガキを集中することと、市民集会(2月18日)を成功させることを確認しました。

2005年 12月 10日 中国人強制連行・強制労働事件, 中国人戦争被害者の要求を支える会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ウォーキングとバーベキュー会を開く (2005/10/29,11/14)

ウォーキングとバーベキュー会を開く
日中友好協会 糸島支部

◎ 10月29日「日中友好 秋のウォーキング」を行いました。参加者は小学生をいれて9名でした。
 朱雀福支部長の案内で元寇防塁を歩き、モンゴルと日本のかかわりなど、ガイドしてもらいました。
 その後、毘沙門山に登り玄界灘の白波の美しさに一同感激の声をあげました。

◎ 11月14日に新婦人二丈班と共催してバーベキュー会。20名が参加しました。
 二丈町の海でとれたカキを食べ、ビールを飲んで楽しい一日でした。なお、全国大会で糸島支部が受賞した優秀賞を紹介し、みんなに受賞を喜んでもらいました。

2005年 12月 10日 糸島支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)





« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »