ブログ:ココログ

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

中国残留日本人孤児支援で北九州市と交渉 (2006/1/11)

中国残留日本人孤児支援で市と交渉
     北九州・支援する会
 1月11日、北九州市に医療通訳など、帰国者の生活環境を整えるために、帰国者・支援する会・弁護団20名が要請交渉を行いました。
 市側は「生活保護の対応は高圧的にならぬよう配慮する」などの回答をしました。

2006年 1月 28日 中国帰国者, 中国残留孤児 | | コメント (0) | トラックバック (0)

中国人強制連行支援市民集会成功に向けて (2006/1/20)

中国人強制連行支援市民集会成功に向けて
     「要求を支える会」が世話人会
 1月20日、「中国人戦争被害者の要求を支える福岡の会」は世話人会を開きました。
 3月19日の福岡訴訟第2陣判決を前にして、広く世論に訴えるための市民集会のとりくみを成功させるために、 団体訪問などを取り組むことにしました。
 市民集会は、2月18日、午後1時30分から福岡市民会館で開かれます。

2006年 1月 28日 中国人強制連行・強制労働事件, 中国人戦争被害者の要求を支える会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

中国帰国者日本語弁論大会 (2006/3/5)

中国帰国者はどんな思いを持っているのでしょう
聞いてみませんか

第2回
中国帰国者
日本語弁論大会

◆日時 3月5日(日)午後1時半

◆場所 「あいれふ」 9階大会議室
       福岡市中央区舞鶴2−5−1 (電話 092-712-2662)

◆発表者 中国帰国者  2世3世の人も参加

主 催 福岡県中国帰国者の会
九州地区中国帰国者を支援する会
日中友好協会福岡県連合会
後 援 弁護団・福岡県・福岡市・新聞各社

2006年 1月 23日 イベント, 中国帰国者 | | コメント (0) | トラックバック (0)

前進座「佐倉義民伝」福岡公演を応援してみませんか (2006/2/2)

 

 己の命を賭けて将軍へ直訴に立ち上がった
  総名主・佐倉宗五郎
   創立75周年を迎える前進座が演じる

 「佐倉義民伝」福岡公演

  あなたも応援してみませんか

応援団・実行委員会の最初の集まり

◆日時 2月2日(木) 18時30分
◆場所 ふくふくプラザ
       福岡市中央区荒戸3-3-39
          電話092-731-2929
sakura_001
脚本家・
田島栄さんがお話

sakura_002
田島栄さんのプロフィール

横浜生まれ。中央大学法学部中退。前進座に入り、文芸演出部、大道具作り、演出助手、舞台監督などを勤める。1967年頃より脚本に執筆をはじめる。
《主な作品》
創作 = 『越後義民伝』『風雪のみずうみ』『宝然』
脚色 = 山本周五郎/原作『さぶ』『柳橋物語』『青べか物語』『赤ひげ』
新田次郎/原作『怒る富士』
神坂次郎/原作『今日われ生きてあり』
三浦綾子/原作『母』
など多数

前進座「佐倉義民伝」福岡公演を成功させる準備会
 連絡先 日中友好協会福岡県連合会
    福岡市中央区渡辺通り2−8−23樋口ビル3階
    電話・Fax 092-761-0604
    メール nc.fukuoka@gol.com

2006年 1月 19日 イベント, 前進座, 文化・芸術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

浅井基文さんが語る 中国関係の過去・現在・未来 (2006/2/18)

ev20060218_1ev20060218_2

元外務省中国課長
広島市立大学平和研究所長
浅井基文さんが語る

中国関係の
 過去・現在・未来

「中国人強制連行・強制労働事件」福岡訴訟を勝利させる市民集会

日中友好を築いてゆくために、どのように中国人強制連行など
戦争責任・戦後処理問題を解決したらいいのでしょうか。
中国問題の専門家が語ります。

◎日時 2月18日(土)開場 午後1時30分 開演 午後2時
◎場所 福岡市民会館・小ホール
参加費 無料

主催 中国人強制連行・強制労働事件福岡訴訟弁護団
中国人戦争被害者の要求を支える福岡の会
中国人・強制連行事件福岡裁判を進める会
連絡先 日中友好協会福岡県連合会
電話・Fax 092−761−0604
メール nc.fukuoka@gol.com

2006年 1月 15日 イベント, 中国人強制連行・強制労働事件, 中国人戦争被害者の要求を支える会 | | コメント (0) | トラックバック (0)





« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »