ブログ:ココログ

« 市民集会・帰国者弁論大会 成功のために各団体を訪問 (2006/1/30-31) | トップページ | 「日本の侵略戦争で両国民は戦争被害者」 強制連行・労働事件 市民集会 (2006/2/18) »

日中友好の大きなうねり 堂々と戸畑支部再建

日中友好の大きなうねり 北九州にも
堂々と、戸畑支部を再建

 昨年12月以降、会員を大幅に増やし、全国大会現勢を倍加して、戸畑支部は20数年ぶりに再建されました。
 黒崎合同法律事務所では弁護団会議で討議の上、4人の弁護士(内2人は女性)が揃って入会しました。この結果、同事務所では5名の弁護士が全員会員になりました。
 支部の先頭に立って奮闘し、11名の仲間を迎え入れた須崎健一さんは喜びを次のように語っています。

suzakisan_1 反中国の流れが大きくなり、日本が危ないとの思いを強くしている。市民レベルで日中友好について考え、協会を大きくしなければと思う。会う人毎に「あんた中国をどう思う」と尋ねると「行ってみたいとか日本の右傾化が心配だ」と答える。「それなら日中友好協会へ」と勧めると誰一人断らない。入会した人が「私も1〜2名増やしますよ」と言う人もいます。対象者は無限です。入会すると誰でも自分の組織が大きくなることを喜ぶ。県連を大きくし、堂々とした組織になろう。今後、映画のロケ地や戦場跡を尋ねる楽しい中国旅行や映画会、コンサートなどを企画したい。中国語は日中友好の原点であり、講座もやりたい。

2006年 2月 13日 戸畑支部 |

戸畑支部」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98465/8635977

この記事へのトラックバック一覧です: 日中友好の大きなうねり 堂々と戸畑支部再建:

コメント

コメントを書く








« 市民集会・帰国者弁論大会 成功のために各団体を訪問 (2006/1/30-31) | トップページ | 「日本の侵略戦争で両国民は戦争被害者」 強制連行・労働事件 市民集会 (2006/2/18) »