ブログ:ココログ

« 新しい支援策について、意見交換会 (2007/5/31) | トップページ | 2000名の県連を目指して討議 第4回理事会開く (2007/6/16) »

悲しみに暮れたあの日に再び帰りたくない ~憲法問題学習会のごあんない~

Img20070629_01
 5月14日、政府・与党は国民投票法を強引に成立させ、2010年には「憲法改正」を発議しようとしています。
 安部首相は、戦後60年間一人の戦死者も出さず、一人も殺していない、世界でも貴重な日本の「平和憲法」を、軍隊を支持して、アメリカ軍と一緒に「世界中どこでも戦争ができる憲法」に作り変えようとしています。
 次には、必然的に「徴兵制」も登場してくるでしょう。
 私たちは「赤紙」で戦場に連行される若者の姿、戦死の知らせに悲観に暮れる遺族の姿を再び見たくありません。
 中国・アジアの国々と今後も平和に暮らしたい。そんな思いで、下記の「憲法問題学習会」を開催します。
 みなさまがたのご参加をお待ちしています。

日中友好協会福岡支部
日時 : 6月29日(金)18時30分~
場所 : 福岡日中文化センター
入場料 : 無料
講師
後藤 富和 (弁護士・日中友好協会福岡支部副支部長)

「憲法のことを勇気を持って話せるように」

岩佐 英樹 (日中友好協会福岡支部事務局長
福岡日中文化センター「中国近現代史」講師)

「アジアの平和と日本国憲法」

[お問い合わせ] 日本中国友好協会福岡支部
福岡市中央区渡辺通2-8-23
電話・FAX : 092-761-0604

2007年 6月 7日 福岡支部 |

福岡支部」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98465/15341507

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しみに暮れたあの日に再び帰りたくない ~憲法問題学習会のごあんない~:

コメント

コメントを書く








« 新しい支援策について、意見交換会 (2007/5/31) | トップページ | 2000名の県連を目指して討議 第4回理事会開く (2007/6/16) »