ブログ:ココログ

« 中国は力強く復興の道を (2008/7/18) | トップページ | 平和のための戦争展ふくおか (2008/7/29~8/3) »

京劇宣伝キャラバン、猛暑をふっとばす (2008/7/23-25)

京劇宣伝キャラバン、猛暑をふっとばす
松岩団長ら福岡、北九州へ

Img_20070728_11 7月23日から25日の3日間、北京風雷京劇団の松岩団長と女優のカクエイさんを迎えて、福岡市と北九州市で、暑さをふっとばす熱烈歓迎会と交流の夕べを開きました。

Img_20070728_12  23日は夕方、宮崎からバスでの長旅の疲れもいとわず、福岡市中央区の会場に着いたお二人は、さっそく化粧の準備に入りました。
 会場では80数名の参加者を前に、村上陽三実行委員長が歓迎の言葉をのべ、11月公演を成功させるための挨拶をした後、劇団公演のダイジェスト版のDVD映写があり、孫悟空の軽妙な演技に笑いが起こりました。

 また、舞台上で行われた化粧の実演では、俳優お二人が化粧していくなか、表情が変化していく様子、隈取りの複雑さを食い入るように見つめていました。
 扮装で頭につけるキジの羽根をつけた被りものをつけるときには、頭が痛くなるほど締め付けるという話しもカクエイさんからお聞きしました。
Img_20070728_13  化粧が終わり、二人の演じる、孫悟空(美猴王)の一場面に観客は沸きました。軽快な音楽にのって、軽やかな動きで、あざやかな舞台衣装がくるくると回り、観客を魅了しました。
 10分ほどの演技もあっという間に終わり、会場は割れんばかりの拍手、拍手でした。

Img_20070728_14  24日は、朝早く、ホテルを出発。協会福岡県連合会の武田正勝会長が院長である福岡市西区の武田病院を訪問し45人の患者や職員の皆さんの前で演技を披露しました。昼は、特別食をご馳走になるなど大歓迎を受け、お二人とも大満足。

 その後、東区の「老人施設『いきいき八田』」を訪問。ここでも85人の皆さんを前に実演しました。
 「私は中国に居たとき、近くで京劇の練習があっていました。必ず11月の公演は観に行きます」と語りかける方や控え室まで来て、親しく話しかけてくるお年寄りの方も居ましたが、時間が迫っているため、急ぎ博多駅へ。

Img_20070728_15  北九州市では、原博道県連副会長、須崎健一実行委員会事務局長の案内で、市長の表敬訪問。市長出張のため 橋本嘉一副市長があたたかく迎えてくれました。
 橋本氏は「文化を通して両国民の理解を深めることは大変大事なことです、11月公演の成功を祈っています」と激励、「是非、公演会場の芸術劇場も見てください」と大ホールの下見もさせてもらいました。

Img_20070728_16  小倉区でのプレ公演は迎由理男北九州大学教授が「必ず公演は成功させましょう」と力強い挨拶。参加者は市内全区だけでなく、近辺市町村からも約80名。
 遠く離れた?田川支部からは中村仁美事務局長をはじめ6名が最後の交流会まで参加し松岩団長らと懇親を深めました。

Img_20070728_17  25日は戸畑区の「ケアハウスらいふ戸畑」でプレ企画。
 猛暑の中、地域のみなさんも含めて 90名を超える人々が押しかけ、実演を楽しみました。

Img_20070728_18 Img_20070728_20

2008年 7月 30日 イベント |

イベント」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98465/42002715

この記事へのトラックバック一覧です: 京劇宣伝キャラバン、猛暑をふっとばす (2008/7/23-25):

コメント

コメントを書く








« 中国は力強く復興の道を (2008/7/18) | トップページ | 平和のための戦争展ふくおか (2008/7/29~8/3) »