ブログ:ココログ

« 発展する太極拳 90余名が参加 (2008/10/15,16) | トップページ | 福岡と北九州で2180名が鑑賞 心を揺さぶった北京風雷京劇団公演 (2008/11/1、3) »

第7回日中文化講座 「伊都国から邪馬台国へ」 (2008/12/5)

Img_20081108_05
講 師:柳田康雄氏
日時:12月5日(金)
18:30~20:30

Img_20081108_04 ◎テーマ:
  「伊都国から邪馬台国へ」

 「イト国」は、弥生文化発祥と同時に渡来人などにより日本の中枢部を形成する。以後内外の交流拠点として栄え、紀元前1世紀には王墓が出現した。1世紀以後には「倭奴国」として「漢委奴国王」の金印を授受し、2世紀には「倭国王」として後漢に遣使している。魏志倭人伝によると代々王が居るのは伊都国だけであり、2世紀末に遷都してヤマトを都とする所以を分かりやすく説明します。

◎講師プロフィール
*國學院大學文学部教授
*久留米大学経済学部非常勤講師
*福岡県文化財保護課長、九州歴史資料館副館長などを歴任
*『伊都国を掘る』大和書房など多数の論文

◎会 場  福岡日中文化センター
◎受講料  1回 1000円
        3回 2500円

2008年 11月 9日 日中文化講座 |

日中文化講座」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98465/43054704

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回日中文化講座 「伊都国から邪馬台国へ」 (2008/12/5):

コメント

コメントを書く








« 発展する太極拳 90余名が参加 (2008/10/15,16) | トップページ | 福岡と北九州で2180名が鑑賞 心を揺さぶった北京風雷京劇団公演 (2008/11/1、3) »