ブログ:ココログ

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

40年ぶり北九州大学班を再建 (2008/10/17)

40年ぶり北九州大学班を再建

Img_20081122_02

 40年ぶりに「北九州大学班」が再建され、その祝賀会が10月17日に開かれました。
 小倉支部の顧問で京劇北九州公演実行委員長の三輪俊和さんをはじめ、戸畑支部長の須崎健一さんや北九大OBの荒川徹北九州市議も参加し、北九大班からの5人とあわせて18人で再建を祝いました。
 祝賀会では、原博道支部長が「40年ぶりの北九大班の再建は画期的なことであり、文化大革命の後の混乱のなかで日中新聞を粘り強く配布していたのも北九大の女子学生だった」と感慨深く語りました。
 参加者から、「協会として全国的にも貴重な現役学生による大学班の結成だ」「四川大地震の救援募金にいち早く取り組んだのが北九大の班員と留学生たちであり、その活動が市内の救援募金行動にも波及していった」「京劇公演を北九大班の結成を契機として若い力をかりて大成功させたい」「北九大OBとしてこんなに若いみなさんが日中の会員となり班が結成されたことを誇りに思う」などが語られ、みんなで心から喜び称えました。
 自己紹介では、戦時中に中国に渡り八路軍の看護婦になった話や、学生時代のすごし方がその後の人生の大きな財産となったなどの話にみんな耳を傾け、会員の手づくりの料理に学生会員は「ひさしぶりの家庭料理はとても美味しいです」と喜んでいました。
 北九大班の植西あすみさんは「かわいい後輩たちが会員になってくれて嬉しいです。今後も頑張ります」と新たな決意を語り、新会員からは「中国のことなど、いろんなことを知りたいです」「京劇公演を楽しみにしています」などの抱負や期待がだされました。     (君)

2008年 11月 22日 | | コメント (0) | トラックバック (0)

1千名会員を全国大会までに (2009/11/16)

22名、会員が一気に増えました
       1千名会員を全国大会までに

Img_20081122_01

 日中友好協会福岡県連合会は11月16日、20名の役員が参加して、今年度、第4回目の理事会を開催しました。
 当日は、北京風雷京劇団の福岡と北九州の両公演を大成功させた喜びで、討議も盛り上がりました。  この公演に示された情熱と日中友好運動が極めて困難な時期に、田川支部が国交回復署名運動で全国の10分の1を集めた気概を今後の運動で生かし、2千名県連(来年6月全国大会までに1千名)達成と若い人々に運動を引き継ぐことができるように、大奮闘することを誓い合いました。
 また、第47回県連大会の日程の決定と組織拡大の具体的方針ついて討議を深めました。
 なお、公演当日と取り組みの中で北九州で17名、福岡で5名。合計22名の会員が一気に増え、また、帰国者のサークルで入会運動が取り組まれていること、業者団体が加入に向けて役員会で手続きがとられていることが報告されました。(K)

2008年 11月 22日 福岡県連合会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

この感動・情熱を 更に大きく県民の中に 北京風雷京劇団公演

Img_20081120_01
Img_20081120_02
Img_20081120_03 Img_20081120_04
Img_20081120_05 Img_20081120_06
新日鉄八幡歌う会のみなさんもうたごえで風雷京劇団を大歓迎

2008年 11月 22日 京劇 | | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡と北九州で2180名が鑑賞 心を揺さぶった北京風雷京劇団公演 (2008/11/1、3)

Img_20081108_10
Img_20081108_11
Img_20081108_12

 40数年ぶりに、日中友好協会が全国統一大型企画としてとりくんだ、北京風雷京劇団公演は福岡県内では、北九州市と福岡市の2会場で、11月1、3の両日開催。あわせて二千百八十名が入場。
 広い会場は大拍手とともに「ハオ、ハオ」が飛び交うなど熱い雰囲気に包まれました。   
 10月31日の小倉での受け入れから、11月5日の宮崎への見送りまで、6日間、公演の合間に会員との交流、鑑真和上ゆかりの戒壇院などの見学、買い物、と楽しく充実した日々でした。
 「京劇がこんなに楽しいとは知らなかった」「奥深い中国の文化に感動した」「中国の人々と直接話すことができて嬉しかった」など、寄せられたアンケートは百四十通。協会活動に感激し当日だけで入会者は5名。 福岡公演では中国の武樹民総領事、吉田宏福岡市長ご夫妻も鑑賞されました。   
 ご協力いただいた、すべてのみなさんに心からお礼を申し上げます。
 詳細は後日掲載します。

Img_20081108_13
Img_20081108_14
Img_20081108_15
Img_20081108_16

2008年 11月 9日 京劇 | | コメント (0) | トラックバック (0)

第7回日中文化講座 「伊都国から邪馬台国へ」 (2008/12/5)

Img_20081108_05
講 師:柳田康雄氏
日時:12月5日(金)
18:30~20:30

Img_20081108_04 ◎テーマ:
  「伊都国から邪馬台国へ」

 「イト国」は、弥生文化発祥と同時に渡来人などにより日本の中枢部を形成する。以後内外の交流拠点として栄え、紀元前1世紀には王墓が出現した。1世紀以後には「倭奴国」として「漢委奴国王」の金印を授受し、2世紀には「倭国王」として後漢に遣使している。魏志倭人伝によると代々王が居るのは伊都国だけであり、2世紀末に遷都してヤマトを都とする所以を分かりやすく説明します。

◎講師プロフィール
*國學院大學文学部教授
*久留米大学経済学部非常勤講師
*福岡県文化財保護課長、九州歴史資料館副館長などを歴任
*『伊都国を掘る』大和書房など多数の論文

◎会 場  福岡日中文化センター
◎受講料  1回 1000円
        3回 2500円

2008年 11月 9日 日中文化講座 | | コメント (0) | トラックバック (0)

発展する太極拳 90余名が参加 (2008/10/15,16)

Img_20081108_01
Img_20081108_02
Img_20081108_03

 10月25日~26日、糸島郡二丈町の福吉小学校体育館で行われました。小倉、田川、福岡、糸島、柳川各支部と姪浜、佐賀からも参加があり総勢90名余にもなりました。

 本部より恒岡、尾中、三浦,小川各先生に指導いただき、26日は24式、88式、48式に分かれてとりくみました。25日は24式の攻防の動きを見て太極拳は武術だと再確認しました。

 宿舎前は玄界灘を見ながらの早朝練習は心が洗われるようでした。交流会では北川さんの二胡、加藤さんの三味線の演奏と唄もあり盛りあがりました。 (加)

2008年 11月 9日 太極拳 | | コメント (0) | トラックバック (0)





« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »