ブログ:ココログ

« 第7回 中国映画を観る会 幸せの絆 (2009/2/1) | トップページ | 中国帰国者交流集会開く (2008/12/8) »

創立五十周年盛大に迎える祝賀会・総会を開催 協会田川支部 (2008/11/23)

苦難を乗り越え
  創立五十周年盛大に迎える
祝賀会・総会を開催 協会田川支部

Img_20081224_01

 11月23日、田川支部は第21回定期総会を開きました。新会員の紹介の後、支部創立50周年の節目の年に当り、「この50年をふり返って」、一番ヶ瀬宗幸支部長が講演しました。
 一番ヶ瀬氏は協会と田川支部50年を重ね合わせながら歴史を語りました。、文化大革命時、苦しい状況にかかわらず、日中国交回復運動や市長杯争奪囲碁大会、中国映画の上映・帰国者との懇談会等を大きくそして地道な活動を続けてきたことを報告しました。永年の願いであった「強制連行殉難者鎮魂の碑」建立に向けて、建立地を、田川市と粘り強く交渉、資金確保のため「吉林省民族楽団公演」「二胡コンサート」などを開催、二〇〇二年に無事建立・除幕式を終わらせることができました。その後、中国人強制連行訴訟原告団と家族が田川を訪れ、交流集会を開くなど「鎮魂の碑」の意義を風化させてはいけないと一番ヶ瀬氏は強く語りました。
 来賓として出席した元田川支部事務局長の松山盛利県連事務局長は、日中友好運動が極めて困難な時代、田川支部が全国の一割の日中国交回復署名を集めた日中友好への気概と情熱を、「侵略戦争は濡れ衣」と声高く叫ばれる今の時代に、再度、大きく全国に示してほしいと語りました。
 討議では一年の活動報告・監査報告、今後の取り組、予算案の提案がされた後、新事務局次長に若きホープ本田京子さんを選出しました。また、田川支部を長い間支えてきた野中満さん、中村仁美さんに表彰状と記念品が贈られました、 定期総会終了後、建交労・福建労、歴代の専従事務局員の来賓と会員・準会員40名余が参加して、「支部創立五十周年を祝う集い」が開催されました。
 支部長挨拶の後、会員の山内早苗さんの祝儀舞で楽しい集いが始まりました。太極拳受講生のの表演もあり、終始和やかな中にも、50年を振り返って苦しかったことや、楽しかったことなど話題が尽きませんでした。
 田川支部では太極拳の輪が順調に広がっていく中、会員の中から「中国語講座を開いてほしい」「中国映画を観たい」という声もあります。会員のニーズに応えていく事が、これからの支部を大きく発展させることになると確認しあいました。(仁)

2008年 12月 25日 太極拳, 田川支部 |

太極拳」カテゴリの記事

田川支部」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98465/43522326

この記事へのトラックバック一覧です: 創立五十周年盛大に迎える祝賀会・総会を開催 協会田川支部 (2008/11/23):

» 4月公演「望郷ノスタルヂア〜李香蘭〜」 トラックバック 半身の月
さくらさくらカンパニーが誇る大人気歴史モノローグシリーズ、 待望の第4弾は悲劇の歌姫として名高い「李香蘭」を取り上げます。 日本人であることを隠し、中国人女優として日本と中国の友好を 温めようとした李香蘭のその波乱万丈な半生を主軸に、 清朝の王女に生まれながら日本軍のスパイとして活動し「男装の麗人」 「東洋のマタ・ハリ」と呼ばれた川島芳子、清朝最後の皇帝にして 満州国の皇帝「ラスト・エンペラー」として知られる愛新覚羅溥儀、 満州映画協会理事長にして満州国最高の実力者と呼ばれた甘粕正彦。 激動の時代... 続きを読む

受信: 2008/12/25 13:59:39

コメント

コメントを書く








« 第7回 中国映画を観る会 幸せの絆 (2009/2/1) | トップページ | 中国帰国者交流集会開く (2008/12/8) »