ブログ:ココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

餃子を山のように作って振まう 九州地区中国帰国者第7回総会 (2009/3/20)

Img_20090320_02
九州地区中国帰国者第7回総会
        弁護団、支援する会も参加

Img_20090320_01 九州地区中国帰国者第7回総会が3月20日、各地から約70名が参加して福岡市内で開かれました。
 当日は会に先立ち、裁判で世話になった、弁護団、支援者へのお礼をこめて、帰国者の人が餃子を山のように作って参加者に振まいました。両親といつしよに来た子どもたちも多く、「おいしい、おいしい」とにこにこして食べていました。
 集会では、帰国者の会の木村琴江会長、弁護団の椛島敏雅事務局長、支援する会の松山盛利協会福岡県連合会事務局長が挨拶をしました。
 松山氏は、帰国者の人が中国で受けた悲惨な経験について、「戦争に反対し、日中国交回復ために全力を尽くし、そして、文革の被害者である日中友好協会はみなさんの理解者です」とのべ「帰ってきて良かったといえるような日本をつくるために、日中友好協会とともに今後もがんばりましょう」と語りました。
 支援給付の説明会では、田中謙二弁護士が、帰国者がわかるように、易しい言葉で丁寧に話しました。質問も多くありましが、みなさん、よく理解されたようでニコニコして聞いていました。
 総会では、木村会長の永年の苦労に対して、川添緋砂子さんが「木村さんは、救われた命は世のために尽くさなければならないと、病床にある夫をかかえて、闘ってきた。木村さんは帰国者の誇りであり、宝です」と木村さんの労をねぎらいました。

2009年 3月 29日 中国帰国者 | | コメント (0) | トラックバック (0)

悲劇の中国・八路軍従軍写真家 沙飛がとらえた 日中戦争写真展 (2009/4/2~4/5)

悲劇の中国・八路軍従軍写真家 Img_20090319_01

Img_20090311_22
日本軍陣地におくりかえすことになり、
道中の無事を祈って栫さんの頭をなでる
聶将軍(1940年8月)。

 悲惨な抗日戦争中、沙飛のレンズをとおして撮られた、日本と中国の将来を見つめたヒューマニズムあふれる写真100点を展示します。八路軍の手によって、日本軍に届けられた栫(かこい)美穂子さんのエピーソードは、温家宝首相が日本国会で紹介され、話題になりました。魯迅の写真も注目です。

 沙飛写真展の本格的展示は福岡県内では初めてです。
Img_20090311_23

中国写真界の草分け・
多くの写真家を育てた
沙飛

日 時 2009年4月2日(木)~5日(日)
        9:30~19:00 (最終日は15:00まで)

会 場 久留米市・えーるピア久留米 (2階)
       諏訪野町 西鉄久留米駅から徒歩10分
入場料 無料
主  催 沙飛写真展実行委員会
    日中友好協会筑後地区協議会
            電話080-5245-7035

 (久留米筑後支部 大川三潴支部 柳川支部 大牟田準備支部)

後 援 久留米市教育委員会  大川教育委員会
       柳川市教育委員会  大牟田市教育委員会
       毎日新聞社        読売新聞西部本社

Img_20090311_24

2009年 3月 19日 イベント, 沙飛写真展, 筑後地区協議会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

中国事情講演会に100名が参加 (2009/2/21)

中国事情講演会に100名が参加
日中友好協会八幡支部

 大西広京都大学教授を招いて、2月21日講演会を開きました。
 「偏見なく中国と付き合うことの重要性」(経済、民族問題、ナショナルリズム、金もうけ主義の問題と関わって)と題しての講演には100名の会員、市民が熱心に耳を傾けました。

Img_20090301_03
Img_20090301_04

Img_20090301_05

○中国の状況に対する見方、考え方として具体的なお話が聞けて良かったです。
○激動中国をみて感じていた疑問の半分は今日の話で解決できました。
○チベット問題が経済問題であるというのがわかりました。マスコミ(メディア)に迷わされていました。
○大変おもしろく聞きました。折角のよい企画ですが少くとも倍の時間が欲しいと思います。特に高齢者には理解するのに時間がかかります。
○大変興味深い話でした。中国は隣国でもあり、もっともっと仲良くして行かなければならない。日本とアメリカとの関係はいびつなものであり、アメリカの世界戦略に取り込まれているだけだと思います。アジアの国々と仲良くしていくためにも、まず中国と真の意味で仲良くしていくために勉強していきたいと思っています。
○今日の中国問題の講演はタイムリーだった。民族問題についての専門家の見解は日中間の「情勢」と友好運動について示唆に富むものだった。

2009年 3月 1日 講演, 八幡支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

どっと12万人が福岡初の春節祭に (2009/2/7,8)

Img_20090301_01
Img_20090301_02

 2月7、8の両日、福岡市警固公園で、旧暦による中国の正月「春節祭」が開かれ、12万人の市民が中華屋台街や舞台を楽しみました。
 福岡で開かれる初めてこの祭には日中友好協会や福岡日中文化センターの会員もたくさんの人が訪れました。

2009年 3月 1日 イベント, 福岡日中文化センター | | コメント (0) | トラックバック (0)





« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »