ブログ:ココログ

« 福岡ベトナム総領事館開設 歓迎会に武田日中友好協会県連会長ら参加 (2009/6/4) | トップページ | 20数年ぶり念願の大牟田支部再建総会 「中国人殉難者慰霊塔」前で (2009/6/7) »

北九州大、久留米大など青年学生たちが餃子で交流 帰国者の小田原さん、原さんが調理指導 43名参加 (2009/5/24)

Img_20090608_21
Img_20090608_22
Img_20090608_22

 北九州大学班は、5月24日、小倉南区で「餃子会」を開き、学生・留学生、平和友好祭に参加して合流した青年に加え、久留米大学班からも2名が駆けつけ、小倉支部会員、中国語講座受講者などを含め総勢43名で大変な賑わいとなりました。
 調理指導してくれた帰国者の小田原さんと原田さんをかこんで、具を刻み粉をねる作業からはじまり、皆で皮をのばして包んでいくと個性的な餃子が出来あがり、会場はワイワイ、ガヤガヤ、の興奮状態となりました。
 大量の餃子が並んだところで会食。各テーブルからいっせいに「おいしい~」「うめ~」などの声があがりました。
 会食の合間に、原小倉支部長から「全国に先駆けて学生班として北九大班が生まれたことは画期的なこと」「50年代の平和友好祭には当時の北九大班は大型バスで参加した」などの話があり、学生たちは目をまるくして驚いていました。
 北九大班のメンバーが参加者へのお礼と自己紹介をした後、久留米大学班から「沙飛写真展の手伝いを通して班を結成しました」と報告されると、「ほーッ」と感心の声があがりました。
 自己紹介では、京劇公演の実行委員長をした三輪さんが夫婦で来られ「こんなに美味しい餃子が食べられて、本当に来て良かった」と語り、青年・学生たちは「はじめての人と会食できて楽しい」「中国のことが好きなのでいろいろ学んで交流したい」「友好祭で中国の留学生と話せて良かったです」などと語っていました。
 支部役員がびっくりするほど、皿に盛られた水餃子は次々と参加者の胃袋へとおさまり、この日の最高記録は35個でした。
 大量に作ったはずの水餃子がみごとに完食され、今後も北九大班と久留米大学班の交流をはじめ参加者の再会を願って名残惜しく宴は終わりました。

今後も楽しい企画を   野口貴史 北九大班
 今回、餃子会を企画して本場の水餃子を作り、そして実際に味わうことができて良い経験になったと思います。また、たくさんの人たちと交流することができて楽しい一日となりました。
 今後も楽しい企画を班の皆と一緒に計画していきたいと思います。

2009年 6月 9日 イベント, 中国帰国者, 沙飛写真展, 京劇, 筑後地区協議会 |

イベント」カテゴリの記事

中国帰国者」カテゴリの記事

沙飛写真展」カテゴリの記事

京劇」カテゴリの記事

筑後地区協議会」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98465/45282691

この記事へのトラックバック一覧です: 北九州大、久留米大など青年学生たちが餃子で交流 帰国者の小田原さん、原さんが調理指導 43名参加 (2009/5/24):

コメント

コメントを書く








« 福岡ベトナム総領事館開設 歓迎会に武田日中友好協会県連会長ら参加 (2009/6/4) | トップページ | 20数年ぶり念願の大牟田支部再建総会 「中国人殉難者慰霊塔」前で (2009/6/7) »