ブログ:ココログ

« 北九州、久留米両大学の協会班が交流 (2009/6/28) | トップページ | 世界文化遺産登録を目指す万田坑跡地に「中国人連行者殉難碑」建立を要請 (2009/6/20) »

中国帰国者の「夕陽紅歌舞隊」初公演 (2009/6/29)

Img_20090708_04t
Img_20090708_03

 福岡県内の中国残留孤児とその家族が、趣味や特技を活かして、「歌舞隊」を4月に結成し、その初公演が、6月29日、協会福岡県連合会の武田正勝会長が経営する病院でありました。
 当日は、入院患者や職員の前で、約30名が歌や踊りを披露し大喝采をあびました。中には、日本の歌に涙して聞く高齢者もいました。
 フルートを演奏し、合唱の指揮者も務めた木村安弘さんは、「私は日中友好協会の会員です。今後、公演を続けていきたい。協力をお願いします」と目を輝かして語っていました。
 挨拶をした武田会長は「みなさんは、戦争のために苦労されました。今後は、歌や踊りを楽しみながら幸せになってください」と帰国者を激励しました。 

2009年 7月 8日 中国帰国者, 中国残留孤児 |

中国帰国者」カテゴリの記事

中国残留孤児」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98465/45577763

この記事へのトラックバック一覧です: 中国帰国者の「夕陽紅歌舞隊」初公演 (2009/6/29):

コメント

コメントを書く








« 北九州、久留米両大学の協会班が交流 (2009/6/28) | トップページ | 世界文化遺産登録を目指す万田坑跡地に「中国人連行者殉難碑」建立を要請 (2009/6/20) »