ブログ:ココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

大牟田市に中国人殉難者の碑建立を申し入れ 協会福岡県連・ 熊本支部 (2009/12/18)

大牟田市に中国人殉難者の
碑建立を申し入れ

協会福岡県連・ 熊本支部

Img_20091226_03  12月18日、福岡、熊本両県の協会代表7名が大牟田市役所を訪れ、旧三井三池炭鉱宮浦坑跡の「宮浦石炭記念公園」の一角に、世界大戦の末期において中国より強制連行された労働者が苛酷な労働条件の中で労働災害や病気などで無念の死を遂げた殉難者の霊を鎮魂・慰霊する「中国人殉難者の碑」の建立について申し入れを行いました。
 市からは中尾昌弘企画総務部部長を始め4氏が応対し、約1時間懇談しました。

 最初に、原博道福岡県連副会長より申し入れ文書を読み上げ市側に手渡しました。
 つづいて全員の自己紹介の後、堀榮吉大牟田支部副支部長から申し入れに至った経過を報告し、市の協力をお願いしました。

 懇談は、市が中国・大同市との姉妹都市提携を生かした積極的な友好交流の取組みや、先日来日した中国の習近平副主席のレセプションに古賀道雄市長が出席頂いたことに協会として謝意を表明しました。
 これに対し、市が先般、第8次訪中団を組織し28名が大同市を訪問したこと、新年の1月には中国から大同市の市長を始めとする訪日団が大牟田市を訪れる予定であること、環境をまもる技術研修など人的交流もかってなく盛んになってきたことなどが話されました。

 また、申し入れについては、「市としては過去の歴史を直視し負の部分も含めて伝えていくことが大切であるという立場です。申し入れの趣旨は理解できます。市長にお伝えします。」と態度表明があり、原副会長から「碑建立は中国側からの要求にもなっており全国的に取り組まれつつあります。日本における中国人強制連行強制労働の重大な現地である大牟田市で是非実現出来るよう御尽力をお願いしたい。」と重ねて要望しました。

 当日は、福岡県から矢田正剛大牟田支部事務局長、熊本県から上妻四郎県支部長を含めて3名と協会と大牟田市の懇談に調整に尽力していただいた高口講治大牟田市会議員も同席しました。

 なお、懇談後、記者会見を行いNHKをはじめテレビ、ラジオ、新聞各社が「申し入れ」の内容や強制連行問題について一斉に報道しました。   (矢)

2009年 12月 27日 中国人強制連行・強制労働事件, 福岡県連合会, 大牟田支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

「無料法律相談会」2月スタート 相談内容は4名の弁護士が完全管理します

会員の声と悩みに心を寄せ
「無料法律相談会」2月スタート
相談内容は4名の弁護士が完全管理します

Img_20091226_02  12月7日、福岡支部が主催する「無料法律相談会」の打ち合わせが行われました。
 後藤冨和支部長が「会員の要望に応えられるような無料法律相談などの活動も必要ではないだろうか」との提案が、2月から毎月第3金曜日18時でスタートすることになりました。

 残留孤児や中国人強制連行事件の問題などで日頃から弁護士のみなさんに多大な支援をいただき、また、何かと相談をしていたこともあって、実現に至ったものです。

 弁護士の林健一郎さん(元協会県連会長)、椛島敏雅さん(中国残留孤児福岡訴訟弁護団事務局長)、福留英資さん(中国人強制連行・強制労働事件福岡訴訟常任弁護団)、後藤冨和さん(同常任弁護団)が交替で相談に応じていただきます。

 相談時間は30分以内、料金は無料。
 相談内容はすべて担当された弁護士の方が責任もって管理され、事務局にも知らされませんので、秘密は完全に守られます。
 事前に予約が必要で、福岡支部以外の方も受け付けます。

「医療・健康相談会」も準備中

  「医療・健康無料相談会」も、病院長の武田正勝県連会長の協力で現在、準備がすすめられています。

2009年 12月 27日 法律相談, 医療健康相談, 中国人強制連行・強制労働事件, 中国帰国者 | | コメント (0) | トラックバック (0)

つながりあう日本と中国 久留米大学で講演会 講師は馬奈木支部長 (2009/12/2)

つながりあう日本と中国

久留米大学で講演会 講師は馬奈木支部長

Img_20091226_01 12月2日、久留米大学で、馬奈木昭雄弁護士の講演会と先生を囲んでの懇談会を開きました。
 主催は、ぱんだ(久留米大学日中交流サークル)で、支部は協賛で応援しました。
 テーマは学生のみなさんが決め、先生にお願いしました。当日は学生・留学生を中心に、30名余が参加し、深い感銘を与えました。

 先生は、中国残留孤児福岡訴訟弁護団長でもあり、「中国残留孤児の悲劇はなぜ生まれたのか」と問いかけ、明治政府の「富国強兵」の目的、朝鮮・中国侵略の歴史を説き、「王道楽土」建設の名の下に送りこまれた満蒙開拓団が、戦後も「現地土着方針」の下で、将来の再興を期して「棄民」されたこと、この方針撤回は何もなされていないことなどを話されました。

 懇談会では、ファシムが台頭する原因が話題となりました。先生は、最後に、市場経済を取り入れた中国が、社会主義体制の中で、貧富の格差をどう克服していくか、壮大な歴史的実験に挑戦していることに注目していると語られました。
 日本でアメリカ流の経営学修士を取って中国に帰ろうと頑張っている留学生たちには、根本的問いかけとなったようです。
 学生の平田さんからは「今も苦しんでいる方がいるということが、戦争の責任から決して背を向けてはならないことの大きな理由だと思います。」と感想文が寄せられました。       (野)

2009年 12月 27日 講演, 中国残留孤児, 久留米筑後支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

帰国者と市民が交流 (2009/11/23)

Img_20091210_2

 11月23日 福岡市で中国料理の作り方を教わりながら帰国者と市民が交流するつどいが開かれました。
 これは、新しい支援策にもとづいて中国帰国者自立促進協議会の事業として実施されたものです。

 当日は、帰国者の会の木村琴江会長が「この日を機会に市民との交流がより一層深まることを期待します」とあいさつ。
 55名の参加者(協会福岡支部からは20名)は5班に分かれ、中国の饅頭と酢物、中華サラダの作り方を習いました。

 鏝頭作りは、酵母菌が入った床に薄力粉を入れよく混ぜしばらく寝かせ発酵させ、それを5種類のお祝いの饅頭を造り、蒸すという作業です。
 中国語・日本語・身振り手振り、笑いが飛びかい、失敗しながら何度も形をつくり替えるという楽しい時間でした。
 中華料理店から本職の人の応援もあり、糖酢海老・紅焼排骨・木須菜の3品が追加され、昼食は饅頭を食べながら中華料理の作り方について話がはずみました。

 午後は、全員の自己紹介から始まり、協会からは、日本の歌と三味線演奏による民謡などを披露しました。
 帰国者からは太極拳、踊り、日本の歌の発表があり予定時間をオーバーするほど交流がはずみました。

2009年 12月 11日 中国帰国者, 交流, 福岡支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

戸畑支部総会を開催しました。 (2009/11/29)

Img_20091210_1

 戸畑支部総会が11月29日、戸畑けんわ病院ケアハウスで開かれました。

 前総会後、①北京風雷劇団公演、②「モンゴル音楽の夕べ」、③中国語教室、④中国映画上映会、⑤餃子つくり会や中国料理の教室、⑥機関紙「にいはお戸畑」の毎月発行、等々の多彩な活動が取り組まれ、その中で会員と準会員が33名から55名に増えたこと、「新入会員歓迎会」が開催されたことが報告され、それらの到達点を踏まえてこれからの方針が提起されました。

 質疑も活発に行われ、中国語教室が二つのクラスで開催されている状況、料理教室が人気であることが報告され、中国の文化や歴史をもっと学びたい、中国のお酒に関心がある、太極拳をやりたい等々の要望も出されました。
 新役員も全員の拍手で承認され、来年の大会までに支部としてさらに活動をひろげるとともに百名の会員にすることを確認しました。

 総会会場にはこの間発行されたカラフルな「にいはお戸畑」が全号掲示され、多くの人が休みの時間に見入っていました。
 終了後の食事と懇談会では「にいはお戸畑」の記事をふまえた楽しいクイズが出され、正解発表や中国おみやげの景品に歓声があがったりして楽しいひとときとなりました。

 なお、総会には松山盛利県連事務局長が出席し、戸畑支部が県連の先進的役割を果たしていることを讃えるとともに、西村義一支部事務局長が「新中国建国に貢献した老戦士」として、中国に招待を受けていることについて紹介し、会場は喜びに満ち溢れました。(み)

2009年 12月 11日 戸畑支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

美しい海に感激 手作り料理に舌鼓 中国青年幹部ホームビジット (2009/11/8)

美しい海に感激
   手作り料理に舌鼓
 
中国青年幹部ホームビジット

日中友好協会福岡支部

Img_20091130_21  福岡支部が一昨年も受け入れに協力した、日本国際協力機構主催の中国青年指導幹部訪日研修団「ホームビジット」行事が、今年も11月8日に実施されました。
 この「ホームビジット」は、近い将来中国の指導者となる青年幹部達が、「日本の市民生活を体験・市民との交流を行う」という目的で、研修カリキュラムの一つとして組み込まれています。
 訪日研修団(総勢90名)の内30名が「環境対策」研修をテーマに来福し、そのうち10名の「ホームビジット」を、日中友好協会に受け入れ依頼があったものです。

Img_20091130_22  ホテルニューオータニで初対面した各組は、家庭へ案内する前の「観光案内」にもそれぞれ工夫を凝らしました。
 後漢の光武帝から贈られた「漢委奴国王印」が出土したと伝えられる志賀島の「金印塚」へ案内した組、空海が中国から帰朝して最初に建てたと言われる宗像の「鎮国寺」へ案内した組、日本でも数少なくなったきれいな砂浜の代名詞「鳴き砂」の名所・福吉海岸の「姉が浜」へ案内した組など、中国の「客人」もきれいな海と景色に大喜び。昔からの福岡と中国の、深い関係に感心していました。
 各家庭では、中国の若者の結婚観、性同一性障害の問題まで質問や得意の漢詩「楓橋夜泊」などを吟じたり、元八路軍兵だった会員の流暢な中国語に驚いたり感激したり、手作りの料理と美味しい酒に舌鼓を打って、話も弾み、各組とも時間ぎりぎりのホテル帰着となりました。

2009年 12月 2日 交流, 福岡支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

草原の風コンサート  「モンゴル音楽の夕べ」に酔う (2009/11/6,7)

Img_20091130_11

Img_20091130_12 11月6、7の両日、小倉北区・ムーブ大ホールと福岡市のふくふくプラザにおいて、草原の風コンサート「モンゴル音楽の夕べ」が日中友好協会の主催で開かれ、短期間の取り組みにかかわらず夫々250名と180名の入場者がありました。
 おなじみのサランマンドホさん、国家一級の「美声の王様」オヨンビルクさん、馬頭琴の名手ハリフさん、評判通りの素晴らしい歌声と演奏に、皆、感動して静かに鑑賞しました。
 「雄大な草原を連想させる様な歌、素朴で奥深い馬頭琴に魅せられました」
 「草原の風、香り、匂いまで感じられる温かいコンサートでした」
 「モンゴル草原に行ってみたくなりました」
 など2会場で百通ちかくのアンケートが寄せられました。    

2009年 12月 2日 イベント | | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆっくり登ろう会 第36回例会 十坊山と2010年度総会 (2010/1/9)

2009.11.29

ゆっくり登ろう会 会報No.36

第36回例会 十坊山(とんぼやま)と2010年度総会

Img_20091130_01

 背振山系の西端、糸島郡二丈町と佐賀県七山村の県境にあります。
 山頂には大岩があり、鎖を伝って登ると、360度の視界が開けます。
 登山の後まむし温泉で2010年度総会をいたします。
 会食しますので弁当は不要です。また温泉に入りますので着替えを持参下さい。
 冬山登山ですので防寒着、アイゼンを持参して下さい。
 総会で決定した年間計画の1月17日を変更していますので、間違いの無いようお願いします。

 

 

 スケジュール

 JR福吉駅9:00
⇒山頂10:55―11:15
⇒白木峠12:00
⇒ 送迎バスでまむし温泉へ
12:20着
総会12:30~13:00
会食・入浴13:00~15:00
送迎バス15:00
⇒福吉駅15:20
福吉駅発、地下鉄空港駅行
15:34

          記

日 程 2010年1月9日(土)
      雨天の場合総会のみ行います

集 合 JR福吉駅9時
    (西唐津行、天神7:55、姪浜8:10、
     福吉8:50、天神~福吉830円)

費 用 3,500円程度 (会員外別途500円)

申込期限 12月27日

申込先 栁 久美雄
     電話・FAX 0942-72-3517
     当日緊急連絡 090-2500-6140

登山のみ、又は総会のみの方はお電話をください。

Img_20091130_02

Img_20091130_03

2009年 12月 2日 ゆっくり登ろう会 | | コメント (0) | トラックバック (0)





« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »