ブログ:ココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

福岡県連版四百号を迎える 日中友好の大事な宝

Img_20100110_02

Img_20100110_03 日中友好新聞「福岡県連版」は、会員・支部と県連をつなぐニュースとして、本部新聞(年間32回発行)に併せて発行を目指しがんばってきました。
 10年前の県連版2000年1月15日号(通算113号)は「日中交流の楽しい経験を」と、新年にあたって、藤井哲(当時)会長があいさつをしています。中国との交流が断絶して以降34年ぶりに、前年10月に協会との間に、交流が正常化した直後のことです。2カ月後の12月には、北川栄市元副理事長(現顧問)と松山盛利事務局長が、県連代表として、早速、北京を訪れ、北京師範大学幹部などと交流を行い、大歓迎を受けて、300人もの集会で、「協会は創立以来一貫して日中不再戦の立場で両国民の友好のために活動を続けてきた」と「歴史と伝統」の証である県連の旗を掲げながら挨拶し、大きな拍手を浴びました。
 「中国を訪れる日本人は多いが、侵略戦争をキチット謝罪して友好を進めようと語った日本人はいなかった」と感想が寄せられ、また、挨拶と交流の状況が中国国内のテレビで報道されたと、県連版は掲載しています。
 この中国との正常化から約10年県連版は287回(月平均2・5回)継続して発行されてきました。
 県連創立当時(1951年頃)から、幾多の困難の中でも、故小林重光、故岡本征治、吉武健児元事務局長らの奮闘によつて、「県連版」の灯は消えることなくつづいていました。 この先輩たちの血のにじむような努力の基盤の上に、現在の県連版はあります。

コンクール 連続入賞

Img_20100110_04 また、協会の全国機関紙コンクールでは、最優秀賞などに連続して、表彰を受けています。更に、組織面でもこの10年、県連は大きく発展し、この8年間増勢を続けてきました。そして、日中友好・平和が世界にこだまする今日、県連は「県内すみずみまで、日中友好を」を目指して、4年間で「2千名」の県連を築くためにがんばっています。
 「県連版」は、「支部ニュース」とともに、日中友好の輪を県民の中に広げる上でも、「会員と県連をつなぐ絆」としても大事な役割をもつています。「県連版が待ち遠しい」「もっと支部のニュースや会員の声を載せてほしい」「広く県民の中に新聞を」などと期待と関心が強く寄せられています。
 みなさん、県連版・支部ニュースは日中友好協会の大事な大事な宝です。
 今後とも、みなさんのご協力と忌憚のないご意見や通信・投稿を寄せてくださることを心からお願いします。

2010年 1月 11日 福岡県連合会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

笑いあり 餃子あり 酒あり 楽しく活動をつづける 田川支部

笑いあり 餃子あり 酒あり
楽しく活動をつづける  田川支部

Img_20100110_01 第2回目の餃子会

 日中友好餃子会が11月14日、市民会館調理室で開催されました。
 講師に中国帰国者の鬼丸さんご夫妻にお願いし、楽しい餃子会になりました。
 次回に向けて、ご意見ご希望をお寄せ下さい。

太極拳25周年70名

 11月28日、田川支部太極拳教室開講25周年の記念交流会が開催されました。
 今回70余名が一堂同に会して各教室の成果発表が出来ました。
 本部太極拳委員会会長からもメッセージがありました。

炭鉱節の大きな輪

 太極拳25周年記念交流会終了後、直方「いこいの村」で忘年会が開催されました。
 お風呂に入ってさっぱりした人・表演服から大急ぎで着替える人・余興のため和服に着替える人。
 忘年会が始まる前から大賑わいです。
 例年、太極拳の受講生が大半で少々さびしかった忘年会も、今年は一番ヶ瀬支部長はじめ、田川支部会員の柿田市議会議員・篠原さん・岡田さんなど参加もあり、最後の炭鉱節の踊りも一段と大きな輪になりました。

中国語講座準備中

 田川でも「中国語講座」を開設して欲しいとの声が聞かれてましたが、なかなか講師が見つからず今日までのびのびになっていました。
 今回、鬼丸さんへお願いしたところ、快く引き受けていただけました。
 現在、開講に向けて準備中です。  

2010年 1月 10日 田川支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆっくり登ろう会 会報No.37 第37回例会 難所ケ滝~仏頂山(868m) 登山

2010.1.1.

ゆっくり登ろう会 会報No.37

第37回例会 難所ケ滝~仏頂山(868m) 登山

Img_20090104_10 あけましておめでとうございます。
 今年もゆっくり、安全に、少し冒険もして、楽しく登りましょう。
 今まで何度か「難所ケ滝」に挑戦しましたが、氷爆に出会えませんでした。
 そこで今回は日程を2月中とし、寒気が3日も続き、氷爆に出会えそうになれば緊急に連絡し、その日に参加可能な方々で登山したいと思います。
 従って日にちが確定していませんが、登山希望者は申し込んで下さい。
 後日申込者のみ緊急連絡します。

Img_20090104_11

 

           記

1.日時  2月中 お知らせ
    (後日申込者に緊急連絡します)
   

2.集合 現地「昭和の森」駐車場

曜日 天神日銀前(19) 障子岳 集合時間
日、祝 8:36 9:26 9:45
8:57 9:53 10:10
平日 9:08 10:10 10:30

 (いずれも極楽寺(34)行き、片道590円) Img_20090104_12

3.費用 会員外のみ500円

4.申込期限 1月31日(日)  (1/16~1/24柳不在です)

5.申込先 柳 久美雄
   電話・FAX(0942-72-3517)又はメールで

6.当日の緊急連絡先  090-2500-6140

2010年 1月 5日 ゆっくり登ろう会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

自然を楽しむ会たより NO.109 第115回例会 「太宰府天満宮初詣と2010年総会」の案内 (2010/1/31)

自然を楽しむ会たより

   NO109  2008.12.16  福岡市中央区渡辺通り2-8-23
                    日中友好協会福岡支部(自然を楽しむ会)
             (事務局)電話・FAX     (092)761-0604        (092)761-0604

第115回例会「太宰府天満宮初詣と2010年総会」の案内

 太宰府天満宮初詣と境内散策は初めてです。天満宮は年間約650万人の参拝客でにぎわっています。境内にはクスノキの巨木と梅の古木が多く、その他の有名な木も多くあります。国や県指定の天然記念物となっているクスノキが52本もありますが、近年原因不明で枯死や衰弱が続いていました。最近の診断でその原因が分かり、その後の治療により回復してきています。この取り組みと経過を現地で説明します。また珍しいヒロハチシャノキなどを紹介します。その後バスで総会会場へ向かいます。

1.月  日 2010年1月31日(日)   *雨天決行

2.場  所 散策場所  太宰府天満宮
         総会場所  「ホテルグランティア大宰府」(天然温泉「みかさの湯」)
             太宰府市連歌屋3-8-1(℡092-925-5801)

3.集合場所 西鉄大宰府駅前

4.集合時間 午前9時50分
    西鉄電車 福岡(天神)発 太宰府行き 普通 9:02 太宰府着 9:44
  小郡行き 急行  9:16 太宰府着 9:44
   (西鉄二日市で大宰府行き普通に乗り換え)

5.スケジュール
   10:00~11:00 天満宮初詣~境内散策(天開稲荷)~大宰府駅前
   11:00~11:30 送迎バスで総会会場へ
   11:30~12:50 総会
   12:50~13:00 休憩(準備)
   13:00~15:00 新年会
        15:35 送迎バスで西鉄大宰府駅へ
  その他に毎時25分ホテル発大宰府駅前行きのシャトルバスあり。
       (15:25  16:25  17:25  18:25)

6.参 加 費   会員 4000円   会員外 5000円

7.携 行 品  名札・履き慣れた靴・筆記用具(アンケート記入のため)
         タオル(入浴希望の方 入浴料は個人負担となります。650円)

8.申し込み
    問い合わせ先 日中友好協会福岡支部(中西)TEL092-761-0604

第114回例会「天拝湖散策と大佐野コース」の報告

 11月15日(日)曇天。参加者25名。西鉄二日市駅バスターミナル午前10時20分発のバスに乗車、天拝湖入口で下車。近くの広場に集合して岡野会長挨拶、コース説明の後初参加者3名 花田・福地・宮内さんが紹介された。その後準備体操で身体を慣らし4班編成で出発した。この日は冷気が厳しく赤や青の色とりどりの華やかな防寒ヤッケの隊列で、会長の植物の説明を聞きながら緩やかな車道をゆっくり登って行った。ニシキギとハゼノキの真っ赤な紅葉が目を楽しませてくれる。

 八重咲きのサザンカ(園芸種獅子頭)の並木の所でサザンカとツバキの見分け方の説明を聞く。少し歩くと紫色のコスミレの群れに出会った。道の両側の草は刈り取られていたがヒメジオン(花の中心が黄色で周りの花弁が白)のみは多く見られた。貯水の見えるダムの端で会員の時任氏からダムについて詳しい説明を聞いて納得。このダムは近くの石と土を用いて造ったダムで筑後川の水を引いている調整ダムとのこと。ダムの上を約200m歩くと水面の浮きの上に大きな川鵜が10羽ほど休んでいた。さらに進んで行き、スポーツ公園の芝生の斜面で12時過ぎ昼食にした。この時この近くにお住まいの会員の小牧さんが可愛いお孫さんを二人連れて見えたので大歓迎。食後、集合写真を撮影した。

 午後1時頃から大佐野方面へ抜ける兎ガ原林道を散策。砂利道だったが傾斜が緩やかで歩きやすかった。ヤマコウバシ(和製チューインガム・クスノキ科)・コジイや巨大なオオバノハチジョウシダの生えている森を通り抜け、大佐野のドラグストア前で解散した。

  途中で見られた植物
     樹木 ニシキギ  ハゼノキ  サザンカ  ツバキ  ゴンズイ
         シロダモ  クサギ  ヤブムラサキ  イズセンリョウ
         ビロウドイチゴ  コジイ  ヤマコウバシ
     草木 コスミレ  ヒメジオン  アメリカセンダングサ
         アキノノゲシ  セイタカアワダチソウ  ハダカホウズキ
         オオバノハチジョウシダ

 
☆ 事務局からのお知らせ 

  同封の郵便振替用紙で2010年会費(1~12月分)の納入をお願い
  いたします。
   年会費 3.000円 ご家族2人の場合は4.800円
   なお事務処理の都合上1月中にご入金をお願いいたします。

   今年も暖冬気味の天候が続いていますが、皆様いかがお過ごしで
  しょうか。2009年の例会を無事に終了いたしましたが、皆様にとっ
  て心に残る楽しい会になったでしょうか。来年も美しい自然に触れ、
  心温まる交流ができるよう、スタッフ一同がんばります。どうぞよろ
  しくお願いいたします。

   会員の皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

Img_20090104_01 Img_20090104_02
      ヤマコウバシ               イズセンリョウ

Img_20090104_03_2 Img_20090104_04
      アキノノゲシ             アメリカンセンダングサ

Img_20090104_05

2010年 1月 5日 自然を楽しむ会 | | コメント (0) | トラックバック (0)





« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »