ブログ:ココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

県弁護士会、市丸会長ら三役が就任挨拶で来所 (2010/3/24)

県弁護士会、市丸会長ら三役が就任挨拶で来所

Img_20100327_01  このほど新たに福岡県弁護士会の役員に就任された市丸信敏会長、岡崎信介副会長、小林洋二副会長、井上正義事務局長の4名の弁護士の方が、3月24日、県連事務局を訪問されました。県連からは武田正勝会長、松山盛利事務局長、大井信明次長、星野信常任理事の4氏が応接しました。
Img_20100327_02  県弁護士会は「不安を安心に」をキャツチフレーズに「どんな相談」にも県内各地の「法律相談センター」で応じています。
 県連とは中国人戦争被害者や残留日本人孤児支援、大連律師協会との交流提携祝賀会の出席や日中友好協会法律相談会をとおして弁護士のみなさんとの交流が深まっていきました。

2010年 3月 27日 福岡県連合会 | | コメント (2) | トラックバック (1)

なんと!無料で体験できる! 中国語一日入門講座 (2010/4/10)

Img_20100323_10

”いまから中国語をはじめたい”人のための
なんと!無料で体験できる!
福岡日中文化センターの中国語一日入門講座
4月10日(土)13:30~15:30(2時間)

2010年 3月 23日 福岡日中文化センター | | コメント (0) | トラックバック (0)

日中文化講座 中国の躍進とプレゼンスの拡大 中国の直面する社会・経済問題 (2010/4/9、2010/5/7)

Img_20100323_04

Img_20100323_05
中国の躍進とプレゼンスの拡大
             ~その正負の側面~
日 時:日(金)18:30~20:30

中国の直面する社会・経済問題
                    格差・環境・軍事・民主化問題
日 時:日(金)18:30~20:30

 井手啓二先生に2回シリーズで、中国経済について詳しくお話いただきます。
 中国の福州大学(福建省)で客員教授として 教鞭をとっておられ、現在帰国中。日中友好新聞の「中国レーダー」の執筆者でもあります。
 躍進する中国、様々な社会・経済問題など、現地からの最新のお話です。

講 師 井手啓二 先生
        (長崎大学名誉教授・日中友好協会参与 )
会 場  福岡日中文化センター
受講料  1回(1000円 ) 3回(2500円)

  福岡日中文化センター
 福岡市中央区渡辺通2-8-23樋口ビル三階(渡辺通郵便局隣)
   電話092-751-9754   Fax092-761-0604
 Email:nc.fukuoka.@gol.com  http://ncf.way-nifty.com/

2010年 3月 23日 日中文化講座 | | コメント (0) | トラックバック (0)

自然を楽しむ会たより 第116回例会「湯川山散策・軽登山」の案内 (2010/3/28)

自然を楽しむ会たより

   NO110  2010.3.2  福岡市中央区渡辺通り2-8-23
                    日中友好協会福岡支部(自然を楽しむ会)
             (事務局)電話・FAX     (092)761-0604        (092)761-0604

第116回例会「湯川山散策・軽登山」の案内

 ☆ 散策と登山に分かれましょう。……お好きなほうにどうぞ。

 今回は宗像市と岡垣町の境界にある湯川山(471m)の軽登山です。湯川山は岡垣四つ山として親しまれている連山の一番北側にある山です。海岸に近く海洋性植物のマテバシイやツワブキの多い山で、春の野草と桜の並木が楽しみです。頂上では雄大な三里松原の全景や響灘が展望されます。遊歩道はよく整備されていますが急坂が多いのが難点です。
 そこで、今回は頂上を目指す軽登山組と途中のふれあい公園を歩く散策組とに別れて行動することにしました。登山組は休みながらゆっくり登る予定ですが、ウオーキングが良いと思われる方は、ふれあい公園を散策するグループに参加してください。

1.月  日   2010年3月28日(日)     *雨天中止

2.場  所      宗像市岡垣町 湯川山

3.集合場所   JR海老津駅前・バス停

4.集合時間      午前10時
   ** JR博多駅発 (門司港行) 海老津駅着
           8:33    @720-     9:31
           8:51    @720-     9:56

5.参 加 費   会員 400円   会員外 700円

6.携 行 品    弁当・飲み物・帽子・手袋・タオル・ストック
           トレッキングシューズ(はきなれた靴)・雨具・名札

7.スケジュール
                 西鉄バス           (徒歩)
  JR海老津駅発===[6] 波津行===内浦着----海蔵寺--
        10:07      @280      10:26      11:00

  ---成田山不動寺---①軽登山・湯川山山頂へ(昼食)
                     ②散策・ふれあい公園散策(昼食)

  ふれあい公園---海蔵寺---内浦====JR海老津駅
    ①、②合流             15:18       15:38

** JR海老津駅発(15:56)→ 赤間乗換え → 博多駅着(16:41)

8.問い合わせ先    日中友好協会福岡支部(中西)TEL092-761-0604

 第115回例会「太宰府天満宮初詣と2010年総会」の報告

 1月31日(日)曇。朝10時、会員33人が西鉄太宰府駅前に集合。大勢の参拝客で賑わう参道を歩いて天満宮へ向かった。心字池の赤い欄干の橋を渡って左側の大きな楠(県指定天然記念物11号木)の横で岡野会長より楠の診断と治療経過をレジュメやイラスト図解で説明を聞いた。その後、華やかに着飾った参拝客たちに混じって本殿で参拝。本殿の左側の珍しい橘の前で名前のいわれなどの説明を聞き、本殿裏の梅園へ移動し、おいし茶屋まで歩いたが奥の遊歩道散策は時間不足で中止した。境内西入口にあるヒロハチシャノキ(国指定天然記念物で全国でも珍しい)を見た後、西鉄大宰府駅前から迎えのマイクロバスで総会会場の「ホテルグランティア太宰府」へ向かった。

◎自然を楽しむ会総会
 総会はホテル2階の和室大広間で11時20分に時任氏の司会により開会。
 岡野会長挨拶、議長に中野智子氏を選出。2009年度活動報告を岩本氏、決算報告を中西氏が行い、監査報告は藤竿氏欠席のため岩本氏が代読。次に2010年度活動計画案を岩本氏、予算案を中西氏が提案、質疑応答の後全議案賛成の拍手で承認された。そして2010年度事務局スタッフ案が以下の通り提案され承認された。なお、長い間監査をしていただいた藤竿洋子さんからご都合により辞退の申し出がありました。これまでのご苦労に感謝申し上げます。

  顧問 村上陽三  会長 岡野昌明  事務局長 岩本文雄
  事務局員 時任三郎 中西恭代 田中正子 岩本秀美 渡辺美和子
          森静子
  アシスタント 加藤君子  監査 渡辺絹代

◎賑やかに新年会
 総会終了後、皆さんお待ちかねの新年会が大井さんの乾杯の音頭でスタート。お酒が回るにつれて大井・岡野・小島一座によるフラダンスに始まり、カラオケや創作ダンスなどが次々と飛び出し交流の輪が広がった。歌謡曲あり、コーラスありで賑やかに新年会を楽しみ、予定通り午後3時には終了した。
Img_20100323_01

Img_20100323_02 Img_20100323_03

2010年 3月 23日 自然を楽しむ会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

武総領事を迎え春節祝賀会開く 糸島支部 (2010/2/28)

武総領事を迎え春節祝賀会開く 
早くから広く市民に伝へ新しい仲間も増える 糸島支部

Img_20100314_03

 糸島支部主催の春節祝賀・ぎょうざ会は七年目を迎え、今や糸島地域のイベントの一つになろうとしています。僅か十万余の街にそよぐ春風のように。

 2月28臼、糸島健康福祉センターには、春節を祝い楽しむ、会員、ひまわりの会(中国人妻の会)、留学生の人々が、続々とつめかけ、開始の午前10時過ぎには 赤い提灯、切り紙、壁紙で華やかに飾られた会場を百十名を越える人々が埋めつくしました。
 宗廣マツさんの指導で一斉に餃子作りを開始。大人も子どもも、留学生もワイワイ日本語と中国語で歓談し、お腹一杯食ペました。

 ほっとしたところで、太極拳の加藤君子先生と黒木弘子さんの艶やかで闊達な扇の表演で二部の開幕。
 宗広有蔵支部長の「糸島で平和と友好への流れを大きくしましょう。みなさんも加わって下さい」と挨拶、武田正勝県連会長は「糸島は中国に最も近い所」とユーモアを交え参加者を激励しました。
 大きな拍手で迎えられた武樹民総領事は親しみ深く語りかけ、「今日は春節の最後の日です。一緒に楽しめて嬉しい。ネパールなどアジアの青年も参加していることに感銘をうけた」と述べ「中国総領事館に来てください。上海万博には福岡から近いので来てください。」と繰り返し語られました。
 ひまわりの会の牧歌(ヤンガ)踊りには総領事夫人に続き武田会長も加わり全員の手拍子のなか友好の熱気がみなぎりました。
 中国人留学生とネパールの留学生の唄とトークは踊りつきで会場をわかせました。

 元町長さんは美味しい一箱の蜜柑をお土産にもって友人を誘って参加。水沢健司さんによる飾りつけは、入ロの赤い対聯も加わり、参加者は入ってくるときから祝賀気分になったと好評でした。
 参加者は、「美味しかった」「内容も豊かで楽しかった」「来年はもっと連れてくるけん」と満足のようでした。 (広)

2010年 3月 15日 イベント, 交流, 糸島支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

市民とともに 中国語教室もある施設が存続へ 玄界灘支部

市民とともに
中国語教室もある施設が存続へ
 玄界灘支部

Img_20100314_02  昨年、10月1日、玄界灘支部も登録し、中国語講座などで利用しているボランティアハウス・ふくまの「中央公民館への統合、現施設の閉鎖案」が発表されました。
 ボランティア活動に励む市民(71登録団体、約千八百名)の頭越しの提案でした。利用者の圧倒的に多くが現施設の存続を望んでいる。けど、あきらめムードも漂う中、今年になって、「存続を求める会」が結成されました。玄界灘支部はその一員として名を連ね、積極的にがんばりました。
 1月27日、福津市との話し合いが行われ、参加者は「交通機関がない」「ボランティア活動を生き甲斐にしている高齢者を事実上排除してしまう」「市街地の活性化に逆行、それに市が自らが手を貸すことにはならないか」など活動上、大変な支障をかかえることを訴えました。
 2月5日、会では「署名運動」と「市議会への請願書提出」などの活動を決定、直ちに行動に移りました。こうした動きが大きな影響を与え、2月9日、福津市執行部は市議会全員協議会に「ボランティアハウス・ふくまの統合は、本年度見送る」と提案し、若干の反対意見がありましたが了解されました。
 市民のまっとうな要求が実って、「声を上げて好かった。今後、更にボランティアハウス・ふくまを発展させたい」と市民や登録団体や商店街の方々は大変喜んでいます。

2010年 3月 15日 玄界灘支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡と大連弁護士会が提携交流 (2010/2/27)

福岡と大連弁護士会が提携交流
調印祝賀会に武田県連会長が出席

Img_20100314_01
 2月27日、福岡市内のホテルで県弁護士会と大連市律師協会の交流提携調印式がありました。
 式典には両会の弁護士、吉田宏福岡市長、報道関係幹部、武田正勝協会県連会長など約70人が出席。池永満県弁護士会長は、中国人強制連行・強制労働訴訟や残留日本人孤児訴訟などに携わってきた体験にも触れ、「平等、互恵、内政不干渉の原則に則り、相互交流を通じて、基本的人権の擁護と社会正義の実現に貢献する」と力強く挨拶しました。張耀東大連律師協会長は「中日友好のためにも両国の弁護士の交流は大切。レベルも高まる」と挨拶しました。武田県連会長は吉田市長をはじめ、参加者と交流を深めました。

2010年 3月 15日 中国人強制連行・強制労働事件, 中国残留孤児, 交流 | | コメント (5) | トラックバック (0)

無料法律相談・医療健康相談会 毎月第3金曜日 (2010/3/19)

日中友好協会 法律・医療健康相談会

一人で悩まず、お気軽にご相談を

◎日時 3月19日(金)
     *毎月第3金曜日

    △医療健康 16時
    △法 律   18時

相談時間 30分以内

場所 福岡日中文化センター
        福岡市中央区渡辺通2-8-23
        樋口ビル3階 渡辺通郵便局隣

Soudan_2010_03_k相談料 無料

◎相談内容はすべて弁護士、又は医師が管理
  しますので、個人情報は完全に守られます。

◎申込み 前日までに必ず予約をください。
        (氏名・連絡先・中国語通訳の要否)

◎協力してくださる方   弁護士は交替で担当します
  法律相談
          林健一郎  弁護士 林法律事務所

          椛島敏雅  弁護士 福岡南法律事務所

          福留英資  弁護士 はかた共同法律事務所

          後藤冨和  弁護士 大橋法律事務所

  医療健康相談
          武田正勝  医師 武田病院

◎申し込み先 日中友好協会福岡支部 
             電話092・761・0604

2010年 3月 13日 法律相談, 医療健康相談 | | コメント (0) | トラックバック (0)





« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »