ブログ:ココログ

« 北川栄市さんら二胡出演 大宰府天満宮 七夕の宴 (2010/7/7) | トップページ | 日中文化講座 「漢方的に老化とは?」  (2010/9/3) »

日中友好の中から生まれた『静吟会」 故後藤文雄氏の著書「詩吟入門」を復刊

日中友好の中から生まれた『静吟会」
    故後藤文雄氏の著書「詩吟入門」を復刊

Img_20100717_02

 協会福岡支部の文化活動の中から「日中友好と平和」を願って、36年前、生まれた静吟会の「第40回全国発表会」が6月13日、岐阜県で開かれ、福岡静吟会から8名が参加し全国の仲間と交流を深めました。

 また 当日の役員会では、発行元である出版会社の解散により、在庫もなくなつたために、会の手で復刊された故後藤文雄氏の著書であり、会のテキストでもある、「詩吟入門」を広く普及していくことにしました。
 「詩吟入門」は初心者でも詩吟が学べるように考案された「九線譜」という「吟譜」と、日中両国の名詩を文学性豊かに解説した名文でつづられ、「後世に引き継がれる価値ある文化遺産」として、静吟愛好者、漢詩や中国文学に関心ある方から高く評価されています。
 また、今回の復刊本は高齢者も読めるように活字も大きくなっています。

  詩吟入門  後藤文雄・著

  800円・(A5版 346頁)郵送料別。

  問い合わせは、全国静吟会・・電話092・751・9754

2010年 7月 18日 福岡日中文化センター |

福岡日中文化センター」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98465/48903166

この記事へのトラックバック一覧です: 日中友好の中から生まれた『静吟会」 故後藤文雄氏の著書「詩吟入門」を復刊:

コメント

コメントを書く








« 北川栄市さんら二胡出演 大宰府天満宮 七夕の宴 (2010/7/7) | トップページ | 日中文化講座 「漢方的に老化とは?」  (2010/9/3) »