ブログ:ココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

ゆっくり登ろう会 第51回例会 六ヶ岳 338m 登山

2011.2.17.

ゆっくり登ろう会 会報No.51  

第51回例会 六ヶ岳 338m 登山

 別名「鞍手富士」とも言われる。
 山頂からの眺めは360度どこ
までも見渡せ素晴らしい。
 6つのピークが集まった山で、
一番高い朝日岳に登る。
 左図赤い点線の通り竜德から登
り、剣神社に下る。やさしいコース
です。

スケジュール
   日銀前8:30 ⇒ 登山口11:00
⇒ 山頂12:30 ⇒ 昼食1時間
⇒ 下山13:30 ⇒ 剣神社15:00
⇒ 日銀前17:30
 
Img_20110226_11s Img_20110226_12s
Img_20110226_13s Img_20110226_14s
Img_20110226_15s Img_20110226_16s
Img_20110226_17s
それぞれの画像をクリックすると拡大します。

”バリの思いで”
  パラセーリング、バリダンス、リゾートホテル、
  お祭り、水上の寺院、棚田


        記

1.日時 3月27日(日)

2.集合 福岡市天神
          日銀前8時30分

3.費用 4,000円程度

4.申込期 3月13日(日)

5.申込先 栁までメールまたは
     電話・FAX 092-892-6089

6.当日の緊急連絡
      090-2500-6140

2011年 2月 27日 ゆっくり登ろう会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

中国語講座 2011年度受講生募集中

 詳細や、日程はこちらをクリック

Couce_2011a 画像をクリックすると、拡大します。

 

 詳細や、日程はこちらをクリック

2011年 2月 17日 福岡日中文化センター | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年度 中国語講座 受講者募集中!  福岡日中文化センター

2011年度 中国語講座 受講者募集中!

 右の画像か、こちらをクリック。

 福岡日中文化センターの、2011年度の中国語講座の新日程を掲載しました。

 新受講生を募集しています。

 福岡日中文化センターの中国語講座は、50年以上の実績あり。
 初心者から、会話、旅行、ビジネスまで、各種の講座があります。

 詳しくは、こちらをクリック。

2011年 2月 16日 福岡日中文化センター | | コメント (0) | トラックバック (0)

北京楽団公演 中華総工会文工団公演に熱い感動

Img20110101_01_2

Img20110101_02
Img20110101_03

 日中両国間が極めて緊張している情勢の中で、11月18日から福岡市を始め、九州5会場で開かれた北京楽団(中華総工会文工団)公演は、選りすぐっつた16名の一流の中国民族楽器奏者、歌手、舞踊家が出演し、市民に大きな感動と日中友好への励ましを与える画期的な「草の根の交流」となりました。

Img20110101_04 Img20110101_05
Img20110101_06 Img20110101_07
Img20110101_08 Img20110101_09

 今回公演のかけはしとなった劉福君さん(二胡奏者)は舞台から「例え聞く人がひとりであつても、日中友好のために、全力を尽くして公演しようと趙玉章団長と誓い合いました」と挨拶。開催を危惧しながら、開館時間早く前から訪れた多くの市民から感動と連帯の大きな拍手が起こりました。

 プログラム公演が終わっても、アンコール、アンコールの拍手と声が鳴り止まず、「一緒に誘った仲間たちも大変感動していました。もつと多くの人に聴いてほしかった」など感動の声が、翌日も電話、フアックスで次々と事務局に寄せられました。

 九州公演を終え、草の根の大きな日中友好の輪を広げた楽団員一行は、25日、協会福岡県連合会の多数の会員と別れを惜しみ、涙しながら、福岡空港から北京に向かって帰国の途につきました。

  

Img20110101_10 「北京楽団公演」のDVD でき上がりました。

 昨年11月18日少年科学文化会館で公演し、
大好評をいただいた「北京楽団(中華総工会
文工団)」ステージのDVDができあがりました。
ご希望の方はご予約お願いします。

販売価格:2,000円

「アモイ・土楼をめぐる旅」:1,500円/2枚組
「東北三省・有効平和の旅」:2,000円/3枚組
も販売いたします。

2011年 2月 11日 イベント, 二胡 | | コメント (0) | トラックバック (0)





« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »