ブログ:ココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

自然を楽しむ会のご案内

 

自然を楽しむ会のご案内
Double_under_line

Img_20110320_01s
クリックすると拡大します

2011年 博多百年蔵にて

  「自然を楽しむ会」では福岡近郊の野山を四季折々の植物を観賞しながら散策しています。 会員相互の親睦を大切に、ウォーキングをしながら、樹木医でもある岡野会長の植物の話を聞くのが楽しみです。 毎回25~35名の参加で例会を行なっています。
 興味のある方は先ず一度ゲス トで参加して見ませんか。 一日一緒に行 動してみて和やかな会の雰囲気が気に入られたら是非ご入会ください。 会員一同新 しい友を歓迎いたします。

 

   2011年の活動計画
Double_under_line
例会
NO
月日 場所 所在地 使用交通機関
121 2月13日
(日)
博多町めぐりと
総会
福岡市博多区
総会・博多百年蔵
 
122 5月8日
(日)
河内貯水池と
藤園散策
北九州市八幡東区 貸切バス
123 7月31日
(日)
夜須高原と
秋月散策
筑前町と甘木市 貸切バス
124 8月28日
(日)
篠栗九大の森
(蒲田池)散策
篠栗町 路線バス
125 10月1日
(土)
~2日(日)
天草めぐり
(1泊)
天草市 貸切バス
126 11月13日
(日)
水城の堰と
四王寺山麓散策
路線バス
西鉄電車
127 1月29日
(日)
香椎宮散策と
総会
福岡市東区
総会・大岳荘
 

     印刷用ファイル

2011年 3月 20日 自然を楽しむ会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡県に6090人の中国人が拉致・連行されて来ていた  第二回目 「北九州市~宮若市」現地調査

Img_20110315_03   第二回目
     「北九州市~宮若市」現地調査

 戦時中、福岡県内16の事業所に、拉致・連行されてきた中国人6090人の強制連行・強制労働の実態を明らかにしていこうと「跡地探訪」を昨年の「三井三池炭坑関連施設」の現地調査に続いて第二回目を2月27日、「北九州市~宮若市」において、福岡県下10の地域から45名が参加して行いました。

 当日は、中国から強制連行されてきた労働者を最初に日本で陸揚げした地、門司港に行きました。 現地では門司準備支部の大重さんと久野さんが説明しました。 現場には海岸線に沿って線路が残っており、貨車に乗せて各地に送ったことや中国との「侵略の窓口」となったこの地に「記念碑」を立てることの意義と今後の日中の友好が一層発展させることの重要性について話がありました。

 北九州市議の大石さんは、元市議で協会県連副会長であった原博道さんの遺志を受け継いで、門司のこの地に記念碑を建てるために皆さんと運動をしていきたいと挨拶しました。

 八幡港での港湾荷役の跡地では港のすぐ横に事務所を構えている労働者から「連れてこられた労働者の小さな小屋があってその中に中国人がいた」などの話を聴くことができました。

 貝島鉱業大辻炭坑の跡地では、同坑ゆかりの紫雲寺を尋ね、炭坑で亡くなった人々を葬っているお墓(ここには中国から強制連行されてきた人も葬られているのではという話しもある)で手を合わせ、亡くなった中国人の遺骨を当時の住職が門司港まで送って行ったという話も聴くことができました。 貝島鉱業宮之浦炭坑跡地では大きな露天掘りの跡地を見学し、宮若市にある石炭記念館では石炭を炊いての懐かしい臭いと煙に迎えられ、館内の案内をしていただきました。

 当日の探訪は、全体としては、意義ある現地見学バスツアーでしたが、「中国人強制連行、強制労働」の現地の跡かたちがあまりなく、事前に資料を良く準備して望むことが大事だと思いました。 

2011年 3月 15日 中国人強制連行・強制労働事件 | | コメント (0) | トラックバック (0)

興奮して聞きました  「第3回中国社会の勉強会」 北九州市協議会

       興奮して聞きました
       「第3回中国社会の勉強会」 北九州市協議会

  迎由理男 教授(北九州大学)を講師に行なっている第3回目の勉強会は、2月22日に小倉北区において、「都市と農村―民族大移動」 をテーマに開催。28人が熱心に受講しました。

 迎教授は、中国における農業の現状と国内外での存在、農民の所得の推移と社会階層から見た位置、格差の広がりと戸籍制度などを豊富な資料と統計を使って説明し、庶民生活のユニークなエピソードも交えて講演しました。

 質問では、「戸籍制度は緩和する方向にあるのではないか」「人民公社から改革開放に変わってどうして生産性が上がったのか」「農民が政府に不満を持たないのは政策を知らないからではないか」などが出されました。

 アンケートには、「かねてより興味・関心が高かった内容で勉強になった」「はじめて参加しました。ジニ係数、クズネッツ曲線など難しかったですが、なんとか理解できました」「素晴しい授業を興奮して聞きました。歴史事実と資料で生き生きと語られ、基本認識とイメージが湧きました。今後も受講します」などの感想がよせられました。(N)

2011年 3月 15日 講演, 日中学習会, 北九州協議会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

中国について学ぼう マスコミが伝えない現代中国の実像  大西広さん 講演会

Img_20110311_01

 僕ら劇団道化は、今年も北京で公演します。
 今年で3回目。僕らの公演も北京で恒例となってきました。
そして、僕らもだんだんとギャップを感じるようになりました。
 中国にではありません。日本のマスコミにです。
ブラウン管を通して入ってくる中国と、僕らが感じている中国が違います。
 そんな時、大西広先生に出会いました。
とってもおもしろくて、目からウロコでした。
 ぜひ、先生のお話をお聴き下さい。
劇団道化のお誘いから

 講 師: 大西 広

Img_20110311_02  京都大学大学院経済学研究科教授
 日中友好協会全国常任理事


◇ 日時:4月5日(火)
      18時30分~20時30分

 場所: 福岡市人権啓発センター
          リバレインオフィス10階
          博多区・下川端町3番1号

 参加費 500円

 主催:日中友好協会福岡県連合会・福岡支部
        TEL:092-761-0604


◇ 日時:4月6日(水) 10時~12時

 場所: 劇団道化アトリエ 太宰府市朱雀6ー3ー18

 主催: NPO法人劇団道化  TEL:092-922-9738

 後援: 日中友好協会福岡県連合会・筑紫支部

       劇団道化のページはこちら

2011年 3月 11日 講演 | | コメント (0) | トラックバック (0)

”今から中国語をはじめたい”人の 「無料」 中国語一日入門講座 

Img_muryou_2011_a

中国語一日入門講座
日時: 3月26日(土)、4月9日(土) 13:30~15:30
講師:  吉武 健児
受講料: 無料 (教材費100円程度)
受付:  定員(20名)次第締め切り
お問い合わせ: 福岡日中文化センター
                092-751-9754

2011年度講座は、4月10日開講です、こちらをクリック

2011年 3月 4日 福岡日中文化センター | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年度 講座・サークル 受講者募集中!  福岡日中文化センター

2011年度 講座・サークル 受講者募集中!

 右の画像か、こちらをクリック。

 福岡日中文化センターの、2011年度の
 講座・サークルの案内を掲載しました。

 新受講生を募集しています。

 詳しくは、こちらをクリック。

 中国語講座は、こちらをクリック。

2011年 3月 3日 福岡日中文化センター | | コメント (0) | トラックバック (0)





« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »