ブログ:ココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

漫画展 「中国からの引き揚げ~少年達の記憶」  in 糸島 2012/3/27~4/1

漫画展
「中国からの引き揚げ
      ~少年達の記憶」

■出品
   赤塚不二夫 上田トシコ
   北見けんいち 高井研一郎
   ちばてつや 林静一
   バロン吉元 古谷三敏
   森田拳次 山内ジョージ
   山口太一 横山孝雄

■とき  3月27日(火)~4月1日(日)
■ところ 糸島市 伊都郷土美術館
             (伊都文化会館横)

     詳しくはこちら

 

2012年 1月 22日 イベント, 中国帰国者, 糸島支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

「原発問題」3ヶ月連続講座

 「原発問題」3ヶ月連続講座

   日中友好協会福岡支部・日本コリア協会福岡・日本ベトナム友好協会福岡支部・福岡ウズベキスタン友好協会などが共催する『アジアの平和を考える市民講座』は、「原発問題」をテーマにした3ヶ月連続講座を開きました。
 その第1回として、1月7日、「原発とアジアの国々」と題して、中国・韓国・ベトナム3カ国の原発の現状についての講座がありました。
 その皮切りに、協会福岡支部事務局長の大井信明さんが登場、「中国における原子力発電の状況」について、「1949年に比べると中国の総発電量は、千倍近くになり、2009年にはアメリカを抜いて世界一になった(一人当たりでは対米比1/7)。電源別では、日米に比して石炭・水力が大きく、原子力は極めて小さい。地域的には発電量と消費量にアンバランスがあり、電力が不足する沿海部に原発を建設する計画を持っている。原発発電量は現在11位だが、計画量を含めると世界6位になる」と、王鵬先生の協力も得て作成した豊富な資料をもとに話しました。

 今後の講演予定は次のとおりです。 

  2月4日
     熊野直樹九州大教授 「日本の原発と核問題」
  3月3日
     石川捷治久留米大教授「原発事故1年、なにが変わったか」

2012年 1月 20日 福岡支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

「県労連旗開き」に100人超える参加者

「県労連旗開き」に100人超える参加者

 「雇用と仕事の確保・賃上げ・社会保障の拡充で内需中心の経済、震災復興を」と福岡県労働組合総連合の旗開きが1月12日、都ホテルで百人を超える人々が労働組合、各団体から、参加して開かれ、協会県連から松山盛利副会長、星野信事務局長が参加しました。
 梅野肇議長は「震災復興が課題。国民への負担ではなく、大企業がため込んでいる260兆円もの内部留保を復興に生かす世論作りが求められている」と開会あいさつ。

 石村善治福大名誉教授の乾杯の音頭に続いて友好団体の一員として日中友好協会が紹介されました。
 星野事務局長は「日米同盟のもと、尖閣列島周辺に緊張状態が続いていますが、軍事ではなく、日中両国民の草の根の交流で友好を深め、東シナ海を平和の海に」と連帯のあいさつを述べました。

2012年 1月 20日 福岡県連合会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

県中小企業経営者協会「名刺交換会」に出席

県中小企業経営者協会「名刺交換会」に出席

 1月5日、西鉄グランドホテルで行われた福岡県中小企業経営者協会主催の「名刺交換会」に招待され、武田正勝会長と星野信事務局長が出席しました。300人を超す集まりで中小企業の経営者の話を聞く機会となりました。
 38年の歴史をもつ中経協は「個性を生かし、つながる力を発揮しよう」「地球的視野で考え、地域社会で行動しよう」と宣言して活動している経営者団体で、その意気込みを感じました。


2012年 1月 20日 福岡県連合会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

日中文化講座  「テレビの世界からアプローチする中国 」 講 師 :吉松崇司さん(テレビ番組キャスター)  2012年2月3日(金)

Img_20111217_01

文化センター講座で中国語を学んだ
経験もある吉松さんの

Img_20111217_02

「テレビの世界からアプローチする中国 」

 日時 : 2月3日(金)18:30~20:30
 講師 : 吉松崇司さん(テレビ番組キャスター)
 会場 : 福岡日中文化センター
 受講料 : 700円 (学生300円)
 申込み : 35名になり次第締切り

 講師の吉松崇司さんは、以前地元テレビ局のアナウンサーとして、福岡ホークスの中継放送でも活躍しました。
 その当時、ホークス所属の中国人(台湾)選手の取材を円滑にしたいと、福岡日中文化センターで中国語を学びました。
 その中国語力に磨きをかけて、現在中国のテレビ業界で、杭州・南京・大連・長沙・台湾・北京・上海・厦門・成都などを舞台に、番組司会者、製作プロデューサーとして活躍中です。
 今回は、「中国テレビの潮流」「テレビ界の特徴」「番組制作の舞台裏」などを題材に、
 *中国テレビ業界、番組制作での日本との相違点
 *司会者の表現の違い
 *中国テレビの現在の流行(はやり)・ブームなどなど、
興味溢れる話題について話していただきます。

 

2012年 1月 17日 日中文化講座 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆっくり登ろう会 第62回例会 城山369m~金山317m縦走  2月19日(日)

2012.01.08.

ゆっくり登ろう会 会報No.62

 第62回例会 城山 369m~金山317m 縦走

 宗像市と岡垣町の境にそって城山(ジョウヤマ)、金山、孔大寺山(コダイシヤマ)、湯川山が並んでいます。 「四塚連山」と言います。最高峰は孔大寺山の499mです。
 縦走すると正味6時間を要し、山、峠、山、峠の連続で結構きついコースです。
 今回は城山と金山を縦走します。見晴らしはあまり良くありませんが、自然林の中の登山です。
 海に近く雪はほとんど降りませんが、冬山ですから、手袋2枚、アイゼン、防寒具など対策をお願いします。

        記
1.日 時 2月19日 (日)
2.集 合 JR教育大前駅 10時
  (快速は停まりません。
  博多駅9:05、630円)
3.費 用 無し
  帰りの地蔵峠~赤間駅間は
 タクシーを利用しますが、
 それぞれ支払って下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
4.申込期限 2月5日(日)
5.申込先 栁までメール、電話
   FAX 092-892-6089
   携帯 090-2500-6140
スケジュール
 教育大前駅 10:00
 登山口   10:20
 城山(回遊コース)11:35
 石峠    12:00
 金山    12:45
 昼食    45分
 下山    13:30 
 地蔵峠   14:30
 タクシーで赤間駅へ
 赤間駅   15:46
  (荒尾行快速)
 博多駅   16:21

2012年 1月 14日 ゆっくり登ろう会 | | コメント (0) | トラックバック (0)





« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »