ブログ:ココログ

« 「県労連旗開き」に100人超える参加者 | トップページ | 漫画展 「中国からの引き揚げ~少年達の記憶」  in 糸島 2012/3/27~4/1 »

「原発問題」3ヶ月連続講座

 「原発問題」3ヶ月連続講座

   日中友好協会福岡支部・日本コリア協会福岡・日本ベトナム友好協会福岡支部・福岡ウズベキスタン友好協会などが共催する『アジアの平和を考える市民講座』は、「原発問題」をテーマにした3ヶ月連続講座を開きました。
 その第1回として、1月7日、「原発とアジアの国々」と題して、中国・韓国・ベトナム3カ国の原発の現状についての講座がありました。
 その皮切りに、協会福岡支部事務局長の大井信明さんが登場、「中国における原子力発電の状況」について、「1949年に比べると中国の総発電量は、千倍近くになり、2009年にはアメリカを抜いて世界一になった(一人当たりでは対米比1/7)。電源別では、日米に比して石炭・水力が大きく、原子力は極めて小さい。地域的には発電量と消費量にアンバランスがあり、電力が不足する沿海部に原発を建設する計画を持っている。原発発電量は現在11位だが、計画量を含めると世界6位になる」と、王鵬先生の協力も得て作成した豊富な資料をもとに話しました。

 今後の講演予定は次のとおりです。 

  2月4日
     熊野直樹九州大教授 「日本の原発と核問題」
  3月3日
     石川捷治久留米大教授「原発事故1年、なにが変わったか」

2012年 1月 20日 福岡支部 |

福岡支部」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98465/53777779

この記事へのトラックバック一覧です: 「原発問題」3ヶ月連続講座:

コメント

コメントを書く








« 「県労連旗開き」に100人超える参加者 | トップページ | 漫画展 「中国からの引き揚げ~少年達の記憶」  in 糸島 2012/3/27~4/1 »