ブログ:ココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

「原子力発電の問題点と原発ゼロへの展望」 =三好永作・九大名誉教授の講演= 

「原子力発電の問題点と原発ゼロへの展望」
                =三好永作・九大名誉教授の講演=

Img_20120605_11

 5月19日(土)午後6時から、福岡日中文化センターで、26名の参加者を迎えて、三好永作・九大名誉教授の講演会を開催しました。
 三好教授は、各地での講演会で「原発の危険性」を指摘し、「原発事故緊急対策マニュアル」を出版。5月13日に開催された日本科学者会議福岡支部大会の「原子力電の再稼働は認められない」という大会決議の起草にも尽力されています。

「原発」生産物の9分の8は「厄介者」
 講演は、①福島第一原発で何が起きたのか? 広島原爆の百七十個分の放射性物質を放出。
②原発は何を生産するのか?熱エネルギー・プルトニウム(核兵器材料)・核分裂生成物(死の灰)の内、有効に使えるのは熱エネルギーの3分の1だけで、あとの9分の8は「厄介者」だと、パワーポイントを使って、「原発の危険性」を分かりやすく話してくれました。

異常に脆くなりやすい「玄海原発」1号機 
 また、玄海原発については、他原発に比しても異常に高い「脆性遷移温度」の危険性について話しました。
 最後に自然エネルギーの有効利用の可能性・「原発ゼロ」への展望を語りました。

Img_20120605_12

 ひきつづいて、支部事務局長の大井信明さんが、「中国における原子力発電の現状」について、急増する電力需要と、石炭火力に偏る現状から、福島事故以降も「原発」建設の方向を変えていない中国の発電事情を報告しました。しかし、中国は水力発電・風力発電量は、現在世界一となっているそうです。

Img_20120605_13

あなたも「一万人原告」のひとりになってください
 支部の「無料法律相談」の担当弁護士団の一員でもある近藤恭典弁護士から「原発なくそう!九州玄海訴訟原告団は、現在4千人に達し、1万人を目指して活動を展開しています。あなたもぜひその一人になってください」と、特別の訴えがありました。

 

2012年 6月 5日 講演 | | コメント (0) | トラックバック (0)

中国事情講演会 講師:大西広 慶応大学教授  6月30日久留米市、7月1日福岡市

Img_20120605_01

Img_20120605_03 Img_20120605_02
大西広 先生
        慶応大学教授
        (前京都大学教授)
        日中友好協会全国常任理事

 

 久留米会場
○ 時   6月30日(土)18時30分 
○ 所  久留米市役所 3階 303号室
○演題 「今の中国をどう見るか」

 福岡市東区会場
○ 時   7月1日(日)14時 
○ 所  福岡市東区 香椎公民館 
○ 演題「現代中国の実像」 中国はいま何を考えているか?

2012年 6月 5日 講演 | | コメント (0) | トラックバック (0)

「帰国者の配偶者」は泣いています  生活支援を求める請願署名の取り組み決定  「中国帰国者の会」総会

「帰国者の配偶者」は泣いています
生活支援を求める請願署名の取り組み決定  「中国帰国者の会」総会

 5月6日、福岡市で、「九州地区中国帰国者の会 第10回総会」が開かれ75人の参加で、「新・新支援法」実現へ向けて熱気あふれる会議となりました。
 「帰国者の会」の川添事務局長が司会を務め、木村会長が「『新支援法』から4年がたって生活は安定してきたが、配偶者や2世・3世に支援法が適用されない問題を解決するために帰国者の会を発展させましょう。新支援法改正に賛同する帰国者、2世・3世の署名は422人に達しています。老人ホームの夢も実現しましょう」と呼びかけました。
 椛島弁護士は「配偶者に絞った要求で政府と交渉します。7月9日の厚生労働大臣との面談を前に世論を広げるために一緒にがんばりましょう」と激励されました。

 星野県連事務局長は、日中友好協会として全国的に「中国残留孤児の配偶者の生活支援を求める請願署名」を団体に広げ、街頭で支援を訴えていく決意を述べ、協会への入会を呼びかけました。
 川添帰国者の会事務局長は「協会は再び戦争しないために運動している。私たち帰国者は戦争の犠牲者です。再び犠牲とならないために協会の輪を広げましょう」と訴えました。

 原中県会議員は「福岡県議会で新支援法改正を求める要請決議ができるよう頑張ります」と連帯のあいさつ。大きな拍手がありました。
 井下弁護士から、九州弁護団が人権擁護委員会で2世・3世の聞き取り調査を行っており、新支援法の問題点を浮き彫りにしていく」とりくみが報告されました。

 帰国者は生活実態を出し合い、議論百出の後、問題点の解決をめざして結束を強めようと誓い合いました。
 総会に先立って帰国者のみなさんが手作りした餃子を支援する会のみなさんと共に食べながら交流を深めることができました。


2012年 6月 5日 中国帰国者 | | コメント (0) | トラックバック (0)

「帰国者を支援する会」も総会

Img_20120525_01
 5月6日、福岡市で、「九州地区中国帰国者を支援する会」総会が2年ぶりに行われました。

 名和田会長から「新支援法制定以降の帰国者の生活実態と今後の支援のあり方をめぐって」リアルな報告がありました。
 昨年、NHKで放送された柴田ご夫妻の「二人の旅路」の反響もあり、帰国者への関心が広がっていることも紹介。
 新支援法が配偶者や2世・3世へ適用されないので、高齢化で「帰国者」が逝去された場合、残された配偶者の生活は困難であることが浮き彫りになりました。
 配偶者への適用を求める「新支援法」改正へ向けた運動を支援していこうと確認しました。


2012年 6月 5日 中国帰国者 | | コメント (0) | トラックバック (0)





« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »