ブログ:ココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

7回目の中国人殉難者慰霊祭開く  総領事、大牟田、荒尾両市市長代理など53名が出席。日中友好を誓う

7回目の中国人殉難者慰霊祭開く
総領事、大牟田、荒尾両市市長代理など
53名が出席。日中友好を誓う

7回目の中国人殉難者慰霊祭開く  総領事、大牟田、荒尾両市市長代理など53名が出席。日中友好を誓う

 

 10月14日、熊本県立公園・小岱山の中腹にある「三井三池炭鉱中国人殉難者慰霊塔」前で第7回慰霊祭が行われました。

 慰霊祭は協会大牟田支部事務局長の矢田正剛さんの司会で進められ、最初に中国駐福岡総領事館の劉光耀領事が李天然総領事のメッセージを代読し、「中国と日本は、『一衣帯水の隣国』であり、2千年に及ぶ交流の歴史があり平和と友好の広がりは中日両国民の願いです。」と述べました。
 次に、荒尾市・前畑淳治市長代理として保健福祉部長の鶴弘幸さんと大牟田市・古賀道雄市長代理として企画総務部総合政策課課長の湯村宏祐さんがそれぞれ市長のメッセージを代読しました。
 その中では、両市の行政として中国との交流事業にもふれながら今こそ友好親善を広げるために努力しましょうと訴えました。
 この後、県連の松尾武蔵理事長、同熊本県支部長の加藤修さんが挨拶しました。
 大牟田支部副支部長の首藤心子さんが協会の都城支部、佐賀支部、大分支部、鹿児島県歴史教育者協議会からのメッセージを披露しました。

 最後に、「慰霊塔を守る会」会長の兵藤重郎さんがお礼のあいさつを行いました。
 兵藤さんは、慰霊塔建立の願主・深浦隆二さんが亡くなって今年が13回忌であることにふれながら「深浦さんは大変気骨のある方でした。私の父は、深浦さんと幼友達で一緒にがんばってきました。本日は、大勢のみなさんに来ていただいて大変ありがたく思います。この慰霊塔が日中友好の力となるようにがんばります。」と感謝の言葉を述べました。

 献花・参拝の最初に玉名市の永田伸一さんが碑文「悲しみは国境を越えて」を朗読しました。
 次に、参加者全員が菊の花一輪を霊前に捧げ苛酷な状況の中で無念の死を遂げた中国人労働者に思いをはせながら慰霊しました。
 閉会あいさつを大牟田支部副支部長の堀榮吉さんが行い、堀さんはごく最近、中国北京で強制連行被害者原告団と懇談したことにもふれながら、「今後、慰霊祭を継続させ日中友好と被害者救済の活動を強めましょう。」と訴えました。

 この日は、ベニヤ板4枚に県連が行った16事業所探訪の写真を展示し、新聞社からの取材もあり大きく報道されました。
 また、この取り組みの中で「北京の中国人被害者との交流旅行」も行いました。

 

 
 

2012年 10月 27日 中国人強制連行・強制労働事件, 交流, 大牟田支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

「中国建国時の息吹が感じられた」 「新中国草創期の名画」上映会

「中国建国時の息吹が感じられた」
 「新中国草創期の名画」上映会

 福岡映画サークル協議会と共催の「中国映画会」は、日中国交回復40周年の記念企画として、新中国草創期の名画6作品を9月15日から10月6日の間、9回の連続上映会を行いました。

 
 「友好運動に逆風が吹いている今こそ、新中国建設時の息吹を感じて欲しい」と、多くの人に呼びかけを広げてきました。
 石子順さんの講演、岩佐英樹さんの歴史学習会(阿片戦争)を事前に取り組みました。
 入場者(310名)は、決して、多くはありませんでしたが、46通のアンケートが寄せられ、映画の感想だけでなく、日中友好や中国に対しての意見や思いが記されていました。

新中国草創期の名画」上映会 の映画一覧の案内は、こちらのページ

2012年 10月 27日 イベント | | コメント (0) | トラックバック (0)

「領土問題は話し合で解決を」  [中国中央テレビ]で発言  星野信県連事務局長  「東北三省平和の旅」旅行団   

「領土問題は話し合で解決を」

Img_20121027_02

 [中国中央テレビ]で発言

 星野信県連事務局長

 「東北三省平和の旅」旅行団

 9月14日から20日まで、八幡支部と県連共催の「東北三省平和の旅」が行われました。
 折しも日本の「魚釣島国有化」に抗議する中国全土での世論が、一部暴徒化する険悪な状況の中での旅行でしたが、全員無事に予定通り帰国しました。

 この旅の途中、ハルピンでも瀋陽でも中国TV局の取材を受け、星野さん・三隈さんがそれぞれインタビューに答え、その模様が中国全土に繰り返し放映されました。

 星野さんは日中友好協会全国常任理事として紹介され「領土問題の紛争は武力では解決できない。外交的な話し合いによってのみ解決しうる。これは、われわれが20世紀の歴史から学び取った教訓です」と、諄々と中国人民に直接語りかけるような星野さんの話が印象的でした。

 
  

2012年 10月 27日 交流, 福岡県連合会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

「沖縄の文化講演会」開く  玄界灘支部

「沖縄の文化講演会」開く 玄界灘支部

 10月9日、“沖縄の文化~東シナ海は文化の十字路”と題して、西表宏先生(香蘭女子短期大学教授)の講演会を開きました。

 ウチナーグチ(沖縄方言)の特徴から、ヤマト・中国文化との関係、はてはオスプレイから安保条約まで実に幅広い話になりました。
 質疑応答では尖閣諸島の問題について、活発に意見が出され、おおいに盛り上がりました。

 当日、寄せられた感想文の一部を紹介します。

○沖縄のことについてマスコミで報道されている情報しか知らなかったが、その根源となる内容を知ることができ、有意義であった。
○尖閣諸島の話はありがたい話であった。
○方言の話は興味深く、拝聴しました。沖縄の歴史(古代史)をもっと聞きたかった
○方言は命の音色、心に響きました。幅広く、楽しく有意義なお話しを有難うございました。
○沖縄について無知であることをはずかしく思いましました。オスプレイ配備は全くデタラメなことで話になりません。政府の厚顔さ・・。
○尖閣諸島の問題は、外交による解決と、且つ日本側の冷静な理論強化が必要です。
 

 

2012年 10月 27日 講演, 玄界灘支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

源氏物語・月光の舞・手品・にわか・俳句大会   「月見の宴」 筑紫支部

「月見の宴」 筑紫支部

源氏物語・月光の舞・手品・
にわか・俳句大会

源氏物語・月光の舞・手品・にわか・俳句大会 「月見の宴」 マジックの木原さん

 「遠の都での月見の宴」は、観世音寺や戒壇院の甍が見える観世音寺公民館で、9月30日午後6時から開かれました。

 木原庸子先生(源氏物語研究者)の「源氏物語と月見の宴」の講演で始まりました。
 「源氏物語は光源氏と言うプレイボーイの話と思われている人も多いでしょうが、作者の紫式部はユネスコでシェークスピア・ゲーテ・トルストイとともに四大偉人に選ばれているほどの文学的価値が源氏物語にはあるのです。」の話が興味をそそります。
 若き日の光源氏の須磨の秋における孤独な話や、明石の姫との邂逅などの話に会場は咳払いもありません。

 引き続き、福田佳男夫妻の太極拳「扇の舞」、大井しづ子さんの「月光の舞」、木原民也さんのマジック、大神久幸さんの「博多にわか」、岡野昌明さんのフラダンスが披露され、最後は、恒例の俳句大会を楽しみ、文化の香り高い月見の宴となりました。

 俳句大会では19の句の応募があり、大神久幸さんの「今の夜を うれう気持ちか 隠れ月」が第一位に選ばれました。2位は福田佳男さん。3位は松尾武蔵さん。

 

2012年 10月 27日 イベント, 太極拳, 筑紫支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

二人の女性中国領事と交流  北九州協議会

霍穎(かくえい)副総領事
  かくえい
  霍穎・副総領事

    二人の女性領事と交流
              北九州協議会

 9月22日、日中友好協会北九州協議会主催の中国領事館副総領事の講演と懇親会が小倉で開かれました。

 副総領事は若い女性で席に着くなり、すぐに名刺を持って日本語で「霍穎(かくえい)」と自己紹介しながら各テーブルを回る姿に、会場は忽ちなごやかになりました。
 
 随員も女性領事の紀竑さんでお二人のスーツ姿は魅力的でした。

 霍穎さんが、一時間近く講演され、さすがに外交官で、今年三月に赴任されたとのことですが、九州、福岡、北九州のこと地理や産業などにも詳しく、豊富な知識が窺え、これぞ才媛と感心しました。
 質疑で焦点の尖閣問題では、解決の道は、平和的な話し合いだとの原則的な回答でした。
 その他、中国女性の地位、一人っ子政策、都市と農村の格差、戸籍問題、少数民族問題、など多彩な質問で時間が足りない位でした。

 お二人は、次の日程のため、残念ながら、懇親会には、出られませんでした。大変有意義でした。(大)

 
 

2012年 10月 7日 交流, 北九州協議会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆっくり登ろう会 第71回例会 南平台 登山  11月3日(土)実施

2012.10.02.

ゆっくり登ろう会 会報No.71

第71回例会 南平台 1,216m 登山

ゆっくり登ろう会 第71回例会 南平台 登山  11月3日(土)実施
1.日 時 11月3日(土)
2.集 合 福岡市天神 日銀前 8時
3.費 用 5,000円程度
4.申込期限 10月21日(日)
5.申込先 栁までメール、電話、FAX
     電話・FAX 092-892-6089
     携帯 090-2500-6140

開聞岳

 南平台とは山の名前です。左図 Pから鶴見岳登山道(赤点線)を登ります。
 途中から分かれて、踊石を通り 南平台に至ります。
 山頂からの360度の展望が素晴らしく、間近に鶴見岳、由布岳、志高湖などを見ることができます。
 また秋には鶴見岳から鞍ケ戸岳の山麓の紅葉がとても美しいです。

 

 

 

 

 

 

 

スケジュール

日銀前    8:00
福岡都市高速
九州道、大分道
由布院IC
登山口(P) 10:30
山頂     12:30
昼食     1時間
下山     13:30
登山口   15:15
日銀前   17:15

2012年 10月 3日 ゆっくり登ろう会 | | コメント (0) | トラックバック (0)





« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »