ブログ:ココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

北京風雷京劇団 訪日公演 2013  福岡公演は11月24日です。

=≫ 特設ページを作りました、こちらをクリック

日中平和友好条約35周年記念

北京風雷京劇団訪日公演
     2013 

2013年11月24日(日)
開場:12:30
開演:13:00~14:45

福岡市民会館
   福岡市中央区天神5-1

指定A席: 4,500円
指定A席: 3,500円
自由C席: 2,500円
大学・高校生: 1,000円
(会員 ABC席とも500円引)
Overseas Students
留学生: 500円

お問い合わせ:
 北京風雷京劇団福岡公演実行委員会
 (日中友好協会福岡県連内
    TEL092-761-0604)

後援:
中華人民共和国駐福岡総領事館 ・ 福岡県 ・ 福岡県教育委員会 ・ 福岡市 ・ 福岡市教育委員会 ・ (公財)福岡市文化芸術振興財団 ・ (社)九州経済連合会 ・ (社)福岡中小企業経営者協会 ・ 朝日新聞社 ・ 読売新聞社 ・ 日本経済新聞西部支社 ・ 西日本新聞社 ・ NHK福岡放送局 ・ RKB毎日放送 ・ テレビ西日本 ・ FBS福岡放送 ・ TVQ九州放送

 

 「2008年日本公演ブログ」には、京劇についての見方、楽しみ方や、北京風雷京劇団について、そして2008年公演の様子を掲載しています。
初めての方は一度見てください。
   2008年北京風雷京劇団日本公演のブログ http://ncf.way-nifty.com/kg/

 【演目紹介】
1. 秋江 20分

 尼僧の陳妙常と書生の潘必正は、お互い深く愛し合っていたが、尼僧院の院主でもある叔母は2人の仲を知ると大いに怒り、潘を臨安に旅立たせる。
 これを知った妙常、直ぐさま潘を追いかけて川まで来るが、すでに彼は船に乗って都に向かったあとだった。
 彼女はそこで、川の老船頭に頼んで彼の船を追いかけてもらう。 老船頭は、彼女をあれこれとからかい、じらすが、最後は見事なかじさばきで追いつく。

みどころ
 劇団きっての演技派2人が演じる。微笑ましい掛合いが楽しいんです。若く可愛らしい尼僧をからかう老船頭。
 「もう!おじいちゃんったらイジワルなんだから!」と突っ込みたくなります。ゆったり流れる河を急ぐ小舟が、目に見えてくるような味わいのあるお芝居です。

2.盗仙草 15分

 白蛇伝の一節。許仙は、金山寺の法海和尚にそそのかされて、雄黄酒を白素貞に飲ませる。
 人間には無害だが、妖怪には致命的な薬効のある薬酒である。白素貞は、自分の正体を疑われたくない一心で、雄黄酒を飲む。そのため白蛇の正体が現われて、許仙は驚愕のあまり死んでしまう。
 白素貞は許仙を蘇生させるため、仙山に入り、霊芝を摘もうとするが、仙山を守る鶴や鹿の精と戦いになる。
 白素貞は死闘ののち、霊芝を手に入れる。

みどころ
 強さと美しさだけではない。白素貞の許仙への想いが切ないです。愛する夫のた為に戦う女性は強い!
 二刀使いの立ち回りは必見です。そして鶴と鹿の精のアクションがカッコいい!凛々しい~!惚れてしまいます~。

3.孫悟空vs百骨妖怪! 40分




 中国古典『西遊記』の一節。
 三蔵法師、孫悟空、猪八戒、沙悟浄の一行は天竺に向かう旅の途中、宛子山のさしかかった。
 山中には、変身の術で人をだまし、その肉を食べることで千年も生きてきた白骨精という妖怪がいた。

 「三蔵の肉を食べれば、不老長寿が得られる!」と村娘、お婆さん、お爺さんに化けて、言葉巧みに三度も三蔵たちに近づくが、その度に孫悟空に見破られ、打ち負かされてしまう。

 しかし、三蔵は「罪もない人間をあやめるとは何事だ!」と悟空をきつく叱り、「人間に化けた妖怪です!」と訴える悟空の言葉に耳をかさず、とうとう三蔵は悟空を破門にしてしまった。

 悟空が去ると白骨精は姿を現し、たちまち三蔵たちを捕らえてしまう。
 「さあ金蛙母さんと一緒に三蔵の肉をいただこう」
 危うし三蔵!

 我らがヒーロー孫悟空!
 三蔵たちを無事救うことができるのか?
 孫悟空 VS 白骨精の激しい戦いが始まった!


 

みどころ
 風雷京劇団団長でもある松岩氏演じる孫悟空はやっぱ最高!! こんなに魅力的な孫悟空、他にはないです。
 猪八戒もチャーミング♪
 そして敵役の白骨精の妖艶さ!
 激しい立ち回りにハラハラドキドキ、圧巻です!!







2013年 7月 30日 イベント, 京劇 | | コメント (0) | トラックバック (0)

日中文化講座  『第二次世界大戦期の「満」独関係 ~満洲大豆から阿片へ~』 講師:熊野直樹さん (九州大学大学院法学研究院教授) 

Img_20130728_02s

日中文化講座
講話: 第二次世界大戦期の「満」独関係 ~満洲大豆から阿片へ~
とき: 9月6日(金) 18;30
ところ: 福岡日中文化センター
講師: 熊野直樹さん (九州大学大学院法学研究院 教授)
会費: 700円
申し込み: 福岡日中文化センター 092-751-9754


2013年 7月 29日 講演, 日中文化講座 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆっくり登ろう会 第80回例会 渡神山(1,150m)登山 のおしらせ

2013.7.14.ゆっくり登ろう会 会報No.80

第80回例会 渡神山1,150m登山

 昨年大雪のため、道路が通行止めになり、登ることができなかった山です。
 6月例会で登った「釈迦岳、御前岳」と併せて、津江三山と呼ばれています。
 円錐形の山容は美しく、山頂からは由布、九重、阿蘇の山々を展望することができます。
 昨年の集中豪雨で、登山ルートが壊れているところがありますが、登山口は標高900mで、比較的やさしいコースです。

        記
1.日時 8月18日(日) 
2.集合 福岡市天神 日銀前8:00
3.費用 5,000円程度
4.申込期限 8月4日(日)
5.申込先 栁までメール、電話、FAX
     電話・FAX 092-892-6089 
     携帯   090-2500-6140

スケジュール
 日銀前    8:00

 都市高速⇒九州道⇒大分道⇒
 日田IC⇒国道212号⇒県道9号⇒
 椿ケ鼻ハイランドパーク

 登山口   10:30
 山頂    13:00
 昼食     45分
 下山    13:45
 登山口   16:00
 日銀前   18:30

霧島 「高千穂の峰 1,574m」募集中
9月14日(土)~15日(日) 日銀前 8:00時集合
 
 

2013年 7月 21日 ゆっくり登ろう会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

“今から中国語をはじめたい人”のための 中国語入門・快速講座 2013


福岡日中文化センターの中国語特別講座
“今から中国語をはじめたい人” のための
中国語入門・快速講座

◇講 師:吉武 健児(元福岡大学非常勤講師)
◇受 付:定員10名なり次第締め切り

発音の初歩から文法の基礎までを快速で学びます。

開講日・時間
8月7日(水) 13:30~15:30
8月10日(水) 13:30~15:30
8月17日(水) 13:30~15:30
8月21日(水) 13:30~15:30
8月24日(水) 13:30~15:30
8月28日(水) 13:30~15:30
8月31日(水) 13:30~15:30

入会金 : なし
受講料 : 13,000円 (前納制)

 

2013年 7月 14日 福岡日中文化センター | | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆっくり登ろう会 第79回例会 油山登山 のおしらせ

2013.7.1.ゆっくり登ろう会 会報No.79

第79回例会 油山 597m 登山

油山にはたくさんの登山ルートがあります。今回は「山笠の滝」を経由して登ります。
 夏場の登山ですから水分を多めに持ってきて下さい。
 後半は階段が多いですが、ゆっくり登りますので比較的やさしいコースでしょう。

 

        記

1.日時 7月28日(日)
2.集合 地下鉄七隈線
    福大前駅1番出口 9:30
    (車で来られる方は管理事務所
             10:00集合)
3.会費 500円程度
4.申込期限 7月14日(日)
5.申込先 栁まで メール
  電話・FAX092-892-6089
  携帯 090-2500-6140

6.スケジュール
福大前駅 9:30 ⇒ 市民の森管理事務所 10:00 ⇒ 山頂 11:45 ⇒ 昼食45分 ⇒ 下山 12:30 ⇒ 市民の森管理事務所 14:00 ⇒ 福大前駅 14:30

 

特別例会のお知らせ
 「井原山とキツネノカミソリ」
8月5日(月) 8時姪浜駅集合
締切日 7月28日(日)
 自家用車利用 詳細は参加者のみお知らせします。

第81回例会
「高千穂の峰1,574m」登山の募集

 1.日時 9月14日(土)~15日(日)
 2.集合 福岡市天神 日銀前 8:00
 3.会費 21,000円程度
 4.申込期限 7月31日(水)
 5.宿泊 霧島市霧島田口2458霧島神宮温泉  あかまつ荘 電話0995-57-1101


6.その他
 ①マイクロバスで行きます。
 ②15日の天気が悪い時は14日に登ります。
 ③登山口の高千穂河原の標高は970m、標高差600m、宝満山くらいのレベルです。
 山頂には天孫降臨の神話で名高い「天の逆鉾」がそびえ立っています。
詳細は後日会報でお知らせします。



2013年 7月 6日 ゆっくり登ろう会 | | コメント (0) | トラックバック (0)





« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »