ブログ:ココログ

« 北京留学日誌(14) 2013年度夏期中国短期留学 | トップページ | オカリナを楽しみ、講演を聞くつどい  79名の参加で成功   日中友好協会糸島支部 »

北京風雷京劇団の本拠地を訪問  松岩団長、俳優さんたちに再会

Img_20130827_10

松岩団長、俳優さんたちに再会
福岡日中文化センター

北京風雷京劇団の本拠地を訪問  松岩団長、俳優さんたちに再会  今年の夏も福岡日中文化センターの中国語受講生の人々が中国・北京の大学で中国語を楽しく学んでいます。
 8月19日は11名の人が、北京風雷京劇団の本拠地「湖広会館」を訪問し、松岩団長と「京劇団」の俳優さんたちに再会しました。
 松岩団長から再日への思いなどを話してもらいました。
 「私たちは、3年前から再訪日に向けて準備をはじめました。今年実現できるので非常に期待しています。団員は、私以外は皆20台の若手ばかりで、日々の稽古でどんどん充実しています。丁度、今日の演目は、日本公演 『孫悟空三打白骨精』です。日本の皆さん期待してください」
 舞台前の化粧に、慌ただしい時でしたが、松岩さんは丁寧に答えてくれました。
北京風雷京劇団の本拠地を訪問  松岩団長、俳優さんたちに再会  「西遊記」の舞台は、うす気味悪い「白骨精」たちの企みと、独り戦う孫悟空、三蔵法師に追放される孫悟空、最後は、孫悟空の華麗な立ち回りになりますが、「猪八戒」のおどけた立ち回りなどをはさんで、息もつかせません。
 舞台の後、私たちみんなが松岩さんに呼ばれて、舞台上で記念写真を撮り、「福岡見!(福岡で会いましょう)」と、お別れしました。

2013年 8月 28日 留学, 京劇 |

留学」カテゴリの記事

京劇」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98465/58078625

この記事へのトラックバック一覧です: 北京風雷京劇団の本拠地を訪問  松岩団長、俳優さんたちに再会:

コメント

コメントを書く








« 北京留学日誌(14) 2013年度夏期中国短期留学 | トップページ | オカリナを楽しみ、講演を聞くつどい  79名の参加で成功   日中友好協会糸島支部 »