ブログ:ココログ

« ゆっくり登ろう会 第84回例会 三瀬峠~井原山 983m 登山  12月8日(日) | トップページ | あなたも中国通に! 『中国百科検定』 予備講座  12月13日より »

「京劇」公演1000人の聴衆を魅了  感動の人、人、人  民間交流の輪、大きく広がる

Img_20131124_51

Img_20131124_52

 11月24日、福岡市民会館での「北京風雷京劇団」福岡公演は、フィナーレの緞帳が下りてもなお拍手は鳴りやまず、緞帳が上がるやステージの楽員と客席が一体となって、ホールは興奮のるつぼと化しました。
 「三岔口」「秋江」「孫悟空」の3つの演目それぞれに「磨き抜かれた演技力に「ハオ!」の歓声が幾度となく発せられました。

 会場で65通のアンケートやその後、事務局に寄せられた、多数のメール、電話では、称賛、感動、日中友好への期待の声が聞かされました。
 開演前に一番ヶ瀬宗幸会長が挨拶、中国駐福岡総領事館李天然総領事のメッセージを劉光耀領事が代読し謝意を述べました。

 初めて観劇する人が多く、楽屋の見学には200人が列をなすほどでした。

 日中平和友好条約締結35周年記念として企画された「北京風雷京劇団」の日本公演は、名古屋を皮切りに神戸、東京、福岡、都城、(下関公演は28日)といずれの会場も成功裡に終わり、民間交流のエネルギーが増幅されて、友好運動の発展に寄与することでしょう。
 1000人の参加者を確保した実行委員の奮闘は、2000人、3000人へと声をかけてきた結果であり、協会の今後の運動へ大きな影響を与えるばかりでなく、日中友好運動の前進に弾みがつくことでしょう。 

Img_20131124_56

 京劇終了後、まだ余韻が残る中、市民会館内の会議室で県連青年部をはじめ、九大の留学生、憲法を学ぶ青年のグループ「tera cafe」のみなさんなど43人の青年が集いました。
 松尾武蔵理事長が協会の運動を紹介し、京劇の感想を出し合い、檜和田衛青年部長のギター演奏で合唱するなど、交流を深めました。

2013年 12月 4日 イベント, 京劇 |

イベント」カテゴリの記事

京劇」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98465/58693843

この記事へのトラックバック一覧です: 「京劇」公演1000人の聴衆を魅了  感動の人、人、人  民間交流の輪、大きく広がる:

コメント

コメントを書く








« ゆっくり登ろう会 第84回例会 三瀬峠~井原山 983m 登山  12月8日(日) | トップページ | あなたも中国通に! 『中国百科検定』 予備講座  12月13日より »