ブログ:ココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

劉さんの二胡に酔いしれる。   九州二胡演奏祭は、5月6日アクロス福岡シンフォニーホールで開催されます

劉さんの二胡に酔いしれる。   九州二胡演奏祭は、5月6日アクロス福岡シンフォニーホールで開催されます
劉さんの二胡に酔いしれる。   九州二胡演奏祭は、5月6日アクロス福岡シンフォニーホールで開催されます

 「劉さんの二胡を身近に聞きたい!」との強い願いに応えようと、3月26日、劉福君ミニ・コンサート」を開きました。
 参加者は、熱烈なファンのみなさんや、はじめて聞く人など40名の人が参加しました。
 30分間、「桜」「月の夜」「北京有个太陽」「競馬」など劉さんの二胡演奏に酔いしれ、「胸にジーンと来ました」と涙ぐむ人も。

 日中友好協会福岡支部の中野智子理事長は「今日の感動をシンフオニーホールを一杯にする力にして下さい。みなさんだけではなく、左手に1枚、右手に1枚、3枚セッとのチケットを預かって周りの方にぜひ、勧めてください」と来場者に心からの協力を呼びかけました。

    

九州二胡演奏祭
   アクロス福岡シンフォニーホール
    5月6日(火・祝日) 開場 13:00 / 開演 13:30
  

詳しくは、左の画像か、こちらをクリック

九州演奏祭Facebook はこちら。Oyayu

日中友好協会福岡Twitter (@ncfukuoka)もフォロー

2014年 3月 30日 イベント, 二胡 | | コメント (0) | トラックバック (0)

日中文化講座 「建国65周年の中国をどう見るか? ~3月の「全人代・政協」両会の議論を素材として~」  講師:井手啓二(長崎大学名誉教授)  4月4日(金)

井手啓二(長崎大学名誉教授・日中友好協会参与)

4月の日中文化講座
建国65周年の中国をどう見るか?
~3月の「全人代・政協」両会の議論を素材として~

 

 4月の文化講座は、井手啓二先生
に、中国社会の現状についてお話い
ただきます。
 井手先生は、日中友好新聞の
「中国レーダー」「季刊中国」の常任
執筆者でもあります。
 「改革の開始から35年。現在中国
には解決していかなければならない
問題・課題が山積している。中国社
会の過去・現在を論じてみたい」
 最新の講演です。

講 師: 井手啓二
   (長崎大学名誉教授・
          日中友好協会参与)
日 時:4月4日(金)
   18:30~20:30

会 場 : ココロンセンター
      リバレインオフィスビル10階
      福岡市博多区下川端3-1

受講料 : 700円(学生300円)

    連絡先  福岡日中文化センター
          092-751-9754

2014年 3月 21日 講演, 日中文化講座 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャッキー・チェンさん「両国間の文化交流は両国の繁栄につながる」

ジャッキー・チェンさん

「両国間の文化交流は両国の
        繁栄につながる」

      毎日新聞 3月13日報道

Img_20140315_20_2

 中国のアクション俳優で、国政助言機関・中国人民政治協商会議(政協)の委員を務めるジャッキー・チェンさんが13日、滞在先の北京で記者のインタビュー応じた記事を毎日新聞は次の通り報道しました。
「冷え込んだ日中関係について、ジャッキーさんは『両国は隣国であり、友好的なつきあいをすべきだ。対立を深めることは双方にとって非常に労が多く有害無益だ』と憂慮する一方で『両国間の文化交流は一貫して頻繁に続けられており、こうした努力が両国の繁栄につながるはずだ』と強調した」

   

 二胡演奏祭をとおして、両国民が相互理解を深めあい、両国の平和と繁栄のために、少しでも貢献したいものですね。

 九州二胡演奏祭を詳しくはこちら

2014年 3月 16日 交流 | | コメント (0) | トラックバック (0)

自然を楽しむ会たより  第139回例会「久山町猪野地区散策」の案内  3月30日(日)

 title=


 自然を楽しむ会たより

 NO.139   2014.3.11
    福岡市中央区渡辺通り2-8-23
       日中友好協会福岡支部(自然を楽しむ会)
        (事務局)電話・FAX (092)761-0604


第139回例会 「久山町猪野地区散策」 の案内

 福岡市近郊でありながら豊かな自然が残っている久山町の猪野地区を散策します。
 猪野には九州のお伊勢様として親しまれてきた伊野天照皇大神宮があります。当日はそのお宮周辺で猪野桜祭りが開催されています。あたりは桜、さくら、桜がいっぱいです。30日、満開だと嬉しいのですが、そうでなくても周りの山々の芽吹きの鮮やかな緑が見られると思います。美しい春を満喫しましょう。

1. 月  日   2014年3月30日(日)     *雨天決行
2. 場  所   糟屋郡久山町猪野地区
3. 集合場所   糟屋郡久山町猪野 西鉄バス猪野停留所前
4. 集合時間   午前11時30分

 うららかな春の季節、自然がいっぱいの久山町猪野地区を一緒に歩きませんか。参加希望者は日中友好協会にご連絡ください。

   2014年度総会
 1月26日(日) 参加者31名。
 午前10時、西鉄大宰府駅前集合。天満宮参拝後「筑紫野天拝の郷」で2014年度総会を行いました。
 今年は3月の久山町猪野地区散策のほか5月に平尾台、6月能古島、9月宗像ふれあいの森総合公園、11月豊後竹田・用作公園・原尻の滝、来年1月福岡市植物園(総会)での例会を計画しています。

 多くの皆様のご参加、ご入会を歓迎いたします。

 

2014年 3月 16日 自然を楽しむ会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆっくり登ろう会 第88回例会 高祖山(416m)登山 と 神楽見学 4月26日(土)

2014.3.9 ゆっくり登ろう会 会報No.88

第88回例会 高祖山 416m 登山 と 神楽見学

ゆっくり登ろう会 第88回例会 高祖山(416m)登山 と 神楽見学 4月26日(土)

          記
1.日 時  4月26日(土)
2.集 合  地下鉄姪浜駅南出口 10:00
3.費 用  1,000円程度
4.申込期限 4月13日(日)
5.申込先  栁まで メール、電話、FAX
      電話・FAX 092-892-6089
      携帯   090-2500-6140




ゆっくり登ろう会 第88回例会 高祖山(416m)登山 と 神楽見学 4月26日(土)
 高祖山(たかすやま)は8世紀中ごろに吉備真備が築城した怡土城址です。
 麓には高祖神社があり、毎年4月26日と10月25日(夜)に神楽が舞われます。
 神楽は高祖城主原田種親が五百数十年前、京都守護職を務めた時習得した、京の能神楽を郷土に伝えたものです。
 左図「かねつき展望台コース」を、矢印の方向に約1時間30分で回り、午後1時より神楽を見学します。
 午後5時くらいまで舞われますが、3時ごろに帰りたいと思います。
 店が立ち、猪汁・焼きそば等がありますので、弁当は不要です。

スケジュール
 姪浜駅 10:00
 高祖神社 11:00
 登山 (かねつき
展望台コース)
 高祖神社 12:30
 昼食 屋台利用
 神楽見学 13:00
~15:00
 姪浜駅 16:00

舞の中で鯛を釣る場面があります。「会」として寸志を中に入れ、釣って頂こうと思います。

 

2014年 3月 15日 ゆっくり登ろう会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

「帰国者2世の会」発足  協会福岡県連、支援を力強く約束   「九州地区中国帰国者の会」第12回総

「帰国者2世の会」 発足
協会福岡県連、支援を力強く約束

 

 2月23日、福岡市で「九州地区中国帰国者の会」第12回総会が開かれました。

 午前中は水餃子づくりと食事で交流を深め、午後は会議を開催しました。
 大分県や熊本県などからも幅広い参加があり、参加者80余名のうち帰国者2世がその約半数を占めて若返ったことも特徴の一つです。

 木村琴江会長のあいさつの後、椛島敏雅弁護士が昨年国会で成立した「中国帰国者配偶者支援法」の内容について説明を行いました。
 この法律によって帰国者が亡くなつた後も配偶者に新支援法が適用されることになりました。
 椛島弁護士は「この成果は先の国家賠償請求訴訟が終了しても原告団を解かずに戦い続けた成果」だと評価しました。

 続いて中原昌孝弁護士が九州弁護士会連合会人権擁護委員会が行った「中国帰国者2世の生活実態調査」の中間報告をしました。
 2世も高齢化し十分な老齢年金を受給できずに生活保護受給者が少なくないこと、その場合生活に様々な制限が加えられることなど、一世の人達が訴訟を起こす前に遭遇した問題と同じ深刻な状況があることが報告されました。
 その報告後 木村友和会長を含む7名の役員を投票で選出し、参加者の信任を得て「帰国者2世の会」が結成されました。

 また、午前中、支援者からなる九州地区中国帰国者を支援する会の役員会が開かれ今後の支援の在り方が検討されました。

 帰国者の総会に出席した協会福岡県連の松山盛利副会長は「協会福岡県連は今年で創立60周年を迎えます。この歴史と組織力を活かし今後とも帰国者支援のためにみなさんと共に活動していきます」と力強く語りました。    (な)

2014年 3月 9日 中国帰国者 | | コメント (0) | トラックバック (0)

「尖閣問題の話合いによる解決を求める県民へのアピール」  

「尖閣問題の話合いによる解決を求める県民へのアピール」
13氏が連名で発表 記者会見

 福岡県連は2月10日、県庁記者室において記者会見を行い石村善治福大名誉教授、馬奈木昭雄弁護士、木村琴江帰国者の会会長の同席のもと、県内の著名な13氏が呼びかけた「尖閣問題の話合いによる解決を求める県民へのアピール」を発表しました。

 この署名は「一衣帯水」の福岡の地にとっては、もっとも切実な問題です。福岡県内では7市町村が中国各都市との姉妹都市が結ばれ民間交流が行われています。全国では338ヶ所に広がっています。

 一番ヶ瀬宗幸県連会長は「尖閣問題は複雑な問題ですが、県民へのアピールをテコに話合いによる解決を求める世論を広げていきたい。」と情熱をこめて語りました。

 石村善治福岡大学名誉教授は、「この博多港から出兵していった歴史を思い起こします。銃を取って侵略していった加害の歴史を忘れることができません。昨今の動きは再び戦争への道へ進んでいるように感じる」とアピールの重要性を強調しました。

 馬奈木昭雄弁護士は「憲法前文にあるように、政府の行為で戦争が起こされる。それを止めるのは国民です。日中両国民が理解し合えれば戦争を止めることができる。今、わたしたち国民が声をあげていきたい。」と述べました。

 木村琴江帰国者の会会長は「中国も日本も私たちの祖国です。戦争は私たち国民を苦しめます。両国民は仲良くしてほしい」と体験を語りました。

 松尾武蔵理事長は「全国では賛同者が7590人となりました。県内の自治体で田川市、大宰府市、筑紫野市、大野城市の各市長が賛同していただいています。さらに県民の中に3600人の賛同者に広げていく方針です」と決意を語りました。

 福岡県内13氏の紹介
安東毅(九州大学名誉教授) 石村善治(福岡大学名誉教授) 稲村晴夫(弁護士) 一番ヶ瀬宗幸(日中友好協会福岡県連合会会長) 小沢和秋(元衆議院議員) 木村琴江(九州地区帰国者の会会長) 新谷肇一(有明高専名誉教授) 武田正勝(医師) 蔦川正義(佐賀大学名誉教授) 馬奈木昭雄(弁護士) 三輪俊和(健和看護学院学院長) 村上陽三(九州大学名誉教授) 山田真一郎(医師)

 

2014年 3月 9日 交流, 福岡県連合会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

随想 「日中友好の絆 留学生」  宗廣有蔵 (日中友好協会糸島支部)

随想  日中友好の絆 留学生   宗廣有蔵
 日中友好の大事な架け橋になれる中国人留学生が全国的、全県的に増え、九大でも1900人に急増したと言われています。
 ここ10年来、始めは20~30名の内輪の飲み会程度の春節祝賀会も、数年前から九大留学生との繋がりが次第に広まり、30人から50人が常時参加するまでになりました。その繋がりを重視するのは、日中の政治的関係がどんなに緊迫しても、日本国民は友好を求めており、特に日中友好協会が日中友好のためどれほど心を砕き、尽力しているかを知ってもらうためです。
 やや遠い昔話になりますが、敗戦8年目(1953年)から4年間、北京で学んでいる時でした。中国革命を指導した毛沢東、周恩来、劉少奇などそうそうたるメンバーの指導下で大活躍していた当時の若手幹部や活動家がよくやって来て、哲学や中国革命の経験などを話し、私たちとおおらかな歓談もしました。その中に流暢な日本語で語ってくれる人が何人かいました。皆日本の大学に留学し中国革命に馳せ参じた人達でした。なかに九大に留学していたという人が何人かいました。文化大革命で毛沢東派に屈した人もいましたが、多くが戦後の日中友好の絆を繋ぎ発展させてくれました。
 彼らが中国で私達に接し、注いでくれた友好の精神が、私の今を支える力強い土台になっています。いま中国人留学生は私が北京で学んでいた時とほぼ似た境遇にあります。多くが将来中国で然るべき地位につき、有能な影響力を発揮する時が必ず来ると思います。その時、真の日中友好の懸け橋になってくれたらと胸が熱くなります。そう思って5年先、10年先のことも視野に入れて春節祝賀会を楽しんできました。その留学生の回りには仲の良い日本人の友人が沢山いるのです。接し方には創造性と熱意が必要ですが、知恵を出し合い経験を交流していけば前途は開けます。そんな苦労を楽しみに変え得る仲間を増やし、揃えていかねばと思います。
  
 (日中友好協会糸島支部)

 

2014年 3月 9日 留学, 交流, 糸島支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

今の中国をどうみるか  市民とともに考えるつどい  3月30日(日) 飯塚市立岩公民館  

今の中国をどうみるか
   市民とともに考えるつどい

とき  3月30日(日) 14時から16時
ところ 飯塚市立岩公民館  (飯塚市市役所前)

◇講演  岩佐 英樹
        (元高校歴史教諭・日中友好協会県連合書き副会長)

◇市民の質問や意見

◇参加費   資料 300円

主催  日中友好協会飯塚市部準備会

2014年 3月 9日 講演, イベント, 飯塚支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

”今から中国語をはじめたい”人のための  無料体験  中国語入門講座  

福岡日中文化センター
”今から中国語をはじめたい”人のための
  無料体験  中国語入門講座  

  3月20日(木) 10:30~12:30
  3月22日(土) 13:30~15:30
  3月27日(木) 10:30~12:30
  3月29日(土) 13:30~15:30

◇講師 吉武 健児 (元福岡大学非常勤講師)
福地 桂子 (元長崎総合科学大学助教授)
◇受講料 無料 (教材費別 100円程度)
◇受付 定員(20名)次第締め切り

Img_20140308_03s Img_20140308_04s

2014年 3月 9日 イベント, 福岡日中文化センター | | コメント (0) | トラックバック (0)

江南の春・水郷をめぐる旅 ~杭州・紹興・河姆渡・西塘~   日中友好・アジアの平和を  悠久の中国  自然・歴史・文化に触れ合う

 

日中友好・アジアの平和を 悠久の中国 自然・歴史・文化に触れ合う
    好評! 代10回日中企画の旅
杭州・紹興・河姆渡・西塘
 江南の春・水郷をめぐる旅
    5月17日(土) から21日(水) 4泊5日

 旅行代金(1名分):98,000円  (1室2名・空港税・燃油料は別途)
  *日中友好協会・文化センター会員は:3,000円割引
  *一人部屋追加料金: 18,000円(4泊)

 ◆募集定員:30人 (最小催行人数:15人)

 ◆申込み締め切り:4月12日(土)

 ◆「申込書」にご記入の上、パスポートのコピーと併せて    
     持参、郵送又はファックスで事務局にお申し込みください
 ◎旅行傷害保険:必要な方には斡旋いたします。

 ◎旅行詳細案内チラシ・申込書:事務局にあります

◎ お申込み・お問合せ ◎

▲企画: 日中友好協会福岡支部
         福岡日中文化センター

        〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-8-23 樋口ビル3階

      TEL/FAX:092-761-0604 E-Mail:nc.fukuoka@gol.com

▲旅行主催:日新航空サービス(株)福岡営業支店
   観光庁長官登録旅行業第463号・JATA正会員
   総合旅行業務取扱管理者  野田律子
   福岡市博多区博多駅前2-20-1 大博多ビル9階
      ℡:092-452-6720 FAX:092-452-6721

 

5/17(土) 福岡
浦東
杭州
上海着後、空港近くで昼食
専用車で杭州へ(3.5Hr)
六和塔(入場)」銭塘江を一望
杭州名物「龍井茶」の茶畑見学

5/18(日)

杭州 朝食後、杭州観光へ
西湖(2011年世界遺産に登録)の観光
遊覧船・カートに乗って西湖十景を見学 
雷峰塔」に登り、西湖の景色を楽しむ
岳王廟」「霊隠寺(入場)」観光

5/19(月)

杭州
紹興
朝食後、紹興へ移動
王羲之「蘭亭序」の「蘭亭」を観光
紹興市内の観光
魯迅故居」・魯迅の私塾「三味書屋」観光
紹興酒の本場「紹興酒醸造工場」見学
・小説「孔乙己」の舞台「咸亨酒店」で昼食

5/20(火)

紹興
余姚
西塘
上海
朝食後、余姚へ
・稲作文化発祥の地「河姆渡遺跡」見学
・「杭州湾大橋」(タワー展望台)を渡る
「MI3」のロケ地で有名な「西塘」観光
・屋根付き街路「煙雨長廊」 
・肩が擦れ合う狭い路地「石皮弄」を見学
・小船に乗って「運河下り」を体験。~上海へ

5/21(水)

浦東
福岡
朝食後、空港へ
中国東方航空にて日本帰国

2014年 3月 9日 イベント, 交流 | | コメント (0) | トラックバック (0)

劉福君ミニコンサート  2014年3月26日 福岡日中文化センター  5月6日を前に

5月6日の公演を前に ホームコンサートをお楽しみください
劉福君ミニコンサート  2014年3月26日 福岡日中文化センター

  九州二胡演奏祭 (5月6日) の詳細はこちら

  九州二胡演奏祭 facebook ページ はこちら

-----
 5月6日の公演を前に  ホームコンサートをお楽しみください
   劉福君ミニコンサート
 ◎日時 3月26日(水)18時30分
 ◎場所 福岡日中文化センター
 ◎参加費 無料
 ◎申込み 定数40名。希望者は事務局まで
         電話 092-761-0604

2014年 3月 6日 二胡 | | コメント (0) | トラックバック (0)





« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »