ブログ:ココログ

« 飯塚支部結成総会  記念企画「二胡コンサート」  4月26日(土) | トップページ | ゆっくり登ろう会  第89回例会 黒岳(1,587m) 登山  5月24日(土)~25日(日) »

二胡と生きる劉福君さん 「音楽は人と心のハーモニー」 

二胡と生きる劉福君さん

「音楽は人と心のハーモニー」 

Img_20140408_01s

29歳で初来日公演

 劉福君さんが初めて日本を訪れたのは1992年29歳の時、吉林民族楽団の首席奏者として日中友好公演で九州や四国を巡回。
 ステージと客席が一体となり音楽を通じて人と心のハーモニーができることに感動しました。
 「日本のみなさんは感受性に優れている。もっと自分の音楽を聴いてほしい」と翌年、熊本大学教育学部音楽科に留学、永住。
 95年に起きた阪神淡路大震災の「チャリティーコンサート」を熊本で開催、70万円を日赤に寄付しました。

チャリティコンサートがきっかけに

 98年、中国全土を襲った大水害の時、初めて日中友好協会福岡県連の松山盛利事務局長(当時)を訪ねました。
 劉さんを中心としたメンバーの「チャリティーコンサート」を企画、公演は大成功。
 復興支援に吉林省白城市の学校へ机や椅子などを送りました。

 この出会いがきっかけで日中友好運動に関わることに。
 「苦労しても充実感があった。こんな幸せはない」と語り合う二人。
 「音楽は国境や民族を超えて人間の喜怒哀楽、心と心のハーモニーが通じ合う」「将来は中国と肩を並べる二胡奏者を育てたい」と熱い希望を語る劉さん。

 来月6日、アクロス福岡での「九州二胡演奏祭」が待ち望まれます。

2014年 4月 8日 二胡 |

二胡」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98465/59435294

この記事へのトラックバック一覧です: 二胡と生きる劉福君さん 「音楽は人と心のハーモニー」 :

コメント

コメントを書く








« 飯塚支部結成総会  記念企画「二胡コンサート」  4月26日(土) | トップページ | ゆっくり登ろう会  第89回例会 黒岳(1,587m) 登山  5月24日(土)~25日(日) »