ブログ:ココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

「三井三池炭鉱宮浦坑中国人殉難者慰霊祭」 日中平和のため決意を新たに 『戦争する国』はイヤ

「三井三池炭鉱宮浦坑中国人殉難者慰霊祭」
日中平和のため決意を新たに  『戦争する国』はイヤ

「三井三池炭鉱宮浦坑中国人殉難者慰霊祭」

    61人が平和を誓う

 日中友好協会大牟田支部、熊本支部、福岡県連合会主催「三井三池炭鉱宮浦坑中国人殉難者第2回慰霊祭」が7月13日、大牟田市宮浦坑石炭記念公園にある慰霊碑前で61人が参列して献花参拝を行いました。

  あたたかく奏でる二胡演奏

日中平和のため決意を新たに  『戦争する国』はイヤ

 慰霊祭は、やさしくあたたかく美しく奏でる二胡の演奏で始まりました。首藤小由美さん、井上かなさん、上村順子さんによる「島の風」(劉福君作曲)など3曲が、殉難者の冥福を祈り、平和への願いを込めて演奏されました。
 河野一弘大牟田支部事務局次長の司会で進行し、主催者を代表して堀榮吉同支部副支部長が挨拶。「この三池炭鉱には2481人が強制連行され、635人の尊い命が奪われました。宮浦坑では44人が犠牲となりました。この悲劇を後世に伝え、過去の過ちを繰り返さない為に、昨年8月に慰霊碑を建立しました。除幕式に参加された中国の崔書進原告団長が昨年11月に亡くなりました。中国では、今年、2月から4月にかけて原告6団体933人の方々が旧三菱・旧三井企業に対して中国の裁判所に訴訟を起こし正式に受理されています。原告団の遺志を受け継いで企業と国の責任を果たさせ、裁判闘争を勝利させたいと決意をしています。また、熊本県荒尾市の四山坑・萬田坑の中国人殉難者591人の慰霊碑建立もこれからの課題です」。

「三井三池炭鉱宮浦坑中国人殉難者慰霊祭」

    福岡総領事など6人が挨拶

 駐福岡総領事館李天然総領事(代理張馳中国領事、古賀道雄大牟田市長、中西倫仁日本共産党県政対策委員長、岩佐英樹福岡県連副会長、加藤修熊本支部長、稲村晴夫弁護士が平和を誓ってあいさつしました。

    集団的自衛権閣議決定に抗議

 「集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議する」決議しました NHKテレビ、朝日、熊本日日、有明新法が報道しました。


2014年 7月 26日 中国人強制連行・強制労働事件, 交流, 大牟田支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

「帰国者の願い、日中友好は私も同じ」 唐家璇中日友好協会会長、川添緋砂子事務局長に福岡で語る。 

「帰国者の願い、日中友好は私も同じ」

唐家璇中日友好協会会長、川添緋砂子事務局長に福岡で語る。 

Img_20140726_03

 6月7日、福岡市内のホテルにおいて、中国の唐家璇中日友好協会会長を迎えて、中国福岡総領事館と「福岡県日中友好協会」の主催で日中友好の集会が開かれました。
 当日は、九州中国帰国者の会の代表も招待されました。
 川添緋砂子事務局長(日中友好協会福岡支部理事)は、唐家璇会長と懇談し、次のように語りかけました。
「唐先生、こんばんは、私は戦争の犠牲で中国残留孤児になりました。中国は残留孤児に対して命の恩人です。その恩は、一生忘れません。残留孤児の希望は日中両国永遠友好、永不再戦です。残留孤児の体の中に流れている血は、日中両国の人の血です。みんな日本と中国友好が一番大事と思っています。」
 微笑みをたたえながら聞いていた唐家璇会長は、「あなたたちの希望は、私と同じです。一緒に頑張りましょう」と帰国者の皆さんを激励しました。

2014年 7月 26日 中国帰国者, 中国残留孤児, 交流 | | コメント (0) | トラックバック (0)

日中文化講座  「緊迫する日中関係を どう打開するか」 ~ 中国の状況と国際関係から読み解く~  講師:末浪靖司 (日本ジャーナリスト会議会員) 8月22日

2014年 7月 10日 講演, 日中文化講座 | | コメント (0) | トラックバック (0)

“今から中国語をはじめたい人”のための 中国語入門・快速講座   8月6日から全6回 福岡日中文化センターの中国語特別講座

2014年 7月 10日 イベント | | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆっくり登ろう会  第92回例会 木曽駒ケ岳(2,956m)登山  8月4日(月)~7日(木)

2014.6.29 ゆっくり登ろう会 会報No.92

第92回例会 木曽駒ケ岳 2,956m 登山

ゆっくり登ろう会  第92回例会 木曽駒ケ岳(2,956m)登山  8月4日(月)~7日(木)

        記

1.日時 8月4日(月)~7日(木)
2.集合 福岡空港第一ターミナル
 1階 FDAカウンター前
 8:20
3.費用 130,000円
4.追加申込 期限7月13日(日)
         数名 ご相談下さい
5.申込先 栁まで092-892-6089
6.その他
 ①木曽駒ケ岳は3,000m級の高山です。
   フル装備、厚手の上着を持参下さい。
   (アイゼンは不要)
 ②疲労は高山病になります。残りの期間
   トレーニングをお願いします。
 ③花の名前 シナノキンバイ、コバイケイ
   ソウ、チングルマ、ハクサンイチゲ、
   クロユリ、コイワカガミ、ツガザクラなど

ゆっくり登ろう会  第92回例会 木曽駒ケ岳(2,956m)登山  8月4日(月)~7日(木)

 木曽駒ケ岳は中央アルプスの最高峰で、山頂まで2時間(標準時間)で登ることができます。
 しかし高い山なので、高山病や天候に注意が必要です。
 ホテル千畳敷は標高2,640mの所にあり、夏でも最高気温は20度(最低8度)です。
 お花畑が広がり、高山植物の花々を見ることができます。
 

 

スケジュール

<4日(月)>
集合8:20⇒飛行機FDA202福岡10:20⇒松本11:50⇒昼食空港レストラン「城下町」12:20⇒マイクロバス13:30⇒菅の台バスセンター14:30⇒乗合バス14:45⇒しらび平15:15⇒ロープウェイ15:30⇒千畳敷15:37⇒ホテル

<5日(火)~6日(水)>
木曽駒ケ岳登山、千畳敷カールお花畑散策、極楽平ハイキング、日の出

<7日(木)>
ロープウェイ千畳敷10:00⇒しらび平 10:07⇒乗合バス10:20⇒菅の台バスセンター10:52⇒昼食⇒マイクロバス 12:30⇒松本空港13:30⇒飛行機FDA203松本16:30⇒福岡18:10

2014年 7月 10日 ゆっくり登ろう会 | | コメント (0) | トラックバック (0)





« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »