ブログ:ココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

「母なる中国に感謝」 人生に友好の歴史あり① 宗弘有蔵さん・宗弘マツさん

「母なる中国に感謝」 人生に友好の歴史あり① 宗弘有蔵さん・宗弘マツさん

宗広有蔵さん・88歳 宗広マツさん・81歳(糸島支部)

「母なる中国に感謝」 人生に友好の歴史あり① 宗弘有蔵さん・宗弘マツさん

 「よく生きて帰れた、絶望もあったが人生の基礎ができた」と語る宗広さんご夫婦。希望を持って渡った旧満州で敗戦を迎え、何度も死線をさまよいましたが、中国の大地と人々に助けられ人生の指針を得て帰国。以来、半世紀もの間日中友好運動を支えて来られました。シリーズ一回目は、絶望の淵から這い上がり友好運動に熱意を込める宗広さん夫婦の人生と人柄を紹介します。

南満州鉄道に就職
翌年現地召集
 有蔵さん(十七歳)

 有蔵さんは八幡製鉄所と南満州鉄道に合格。終戦一年前の一九四四年一月、「給料が高かった」南満鉄に入社。翌年八月一日、現地招集でチチハルの技術部隊に配属。訓練期間中の九日「ソ連軍参戦」で敗戦。捕虜となり、ソ連国境の黒河の収容所に入れられます。

 一九四六年、五百キロ離れた北安に徒歩で移動。七百人いた部隊は死亡者が続出、到着したのは三百人程でした。有蔵さんも発疹チフスにかかり、病人収容所に入れられます。薬も手当てする人もなく、七百人程いた病人の中で、生き残ったのは有蔵さん含め七人。「生きる運だけが頼りだった」と当時の悲惨な状況を語ります。

生き地獄と化した開拓団
十一歳の逃避行
 マツさん

 五歳で家族と満州に渡ったマツさん。敗戦の日、逃げる時家族とはぐれますが隣村の開拓団で母と姉妹に再会。安心したのもつかの間、地獄の逃避行が始まります。

 頼りになる「兵隊さん」は鬼の軍隊、「絶対服従」は開拓団員にも強制されました。「泣く子は殺せ」の命令が下り四歳の妹も犠牲に、たどり着いた収容所は栄養失調・伝染病で死体の山でした。

 母もなくなり中国人の家に引き取られます。二年後、十三歳の時解放軍の看護婦になった姉が探しに来てくれ、解放軍の保母として働くことになります。

鶴岡炭鉱で社会主義を学習

 待ち望んだ帰国列車が内戦の混乱で進めず鶴岡炭鉱に運ばれた有蔵さん達。帰国の望みを絶たれた中で五年間機械設計の仕事をします。そこで社会主義を学ぶ仲間と出会います。一週間に一度の学習会では社会の仕組みや人民が主人公であることを学び、「目からうろこが落ちる」日々でした。

 一九四九年十月一日、中華人民共和国が建国。人民の国ができ、そのために働けることに感動しました。二千人いた同僚から有蔵さん含め数十人が選抜され、北京の人民大学で学ぶことになります。奥さんのマツさんは人民大学の保母さんでした。知り合った二人は仲間に祝福され結婚します。

帰国後、友好運動に全力
糸島支部を創立

 一九五八年に帰国した宗広さん夫婦。早速、友好運動に参加、中国との国交正常化直後の一九九九年9月、糸島協議会(その後支部)を創立します。

 「中国への信頼はゆるぎない。『日中友好』の一点で楽しく、おおらかに、しなやかな運動が大事」と語る二人です。

 

2015年 5月 31日 交流, 糸島支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ご案内 『三井三池炭鉱宮浦坑中国人殉難者』 第三回慰霊祭  7月12日(日)

ご案内
 『三井三池炭鉱宮浦坑中国人殉難者』

第三回慰霊祭

 ◎時・七月十二日(日)午後二時
 ◎所・大牟田市宮浦石炭記念公園内
      「殉難者慰霊碑」前


 ご参加の方は日中友好協会福岡県連合会にご連絡ください


  
昨年の慰霊祭の スナップ写真

 

三井三池炭鉱宮浦坑中国人殉難者 慰霊祭 三井三池炭鉱宮浦坑中国人殉難者 慰霊祭

三井三池炭鉱宮浦坑中国人殉難者 慰霊祭 三井三池炭鉱宮浦坑中国人殉難者 慰霊祭

2015年 5月 29日 中国人強制連行・強制労働事件, 交流 | | コメント (0) | トラックバック (0)

「戦後70年」手記① 中国の大地に1人 生き残った私  八幡支部・原田育子

「戦後70年」手記①

中国の大地に1人
 生き残った私

     原田育子 八幡支部

  私は1933年6月19日山口県下関市で生まれました。
 ちょうど70年前の1945年の春に、家族で満州の吉林省黒頂山開拓山にいきました。
 父は兵隊にとられ、兄は海軍学校で日本に残り、母と私たち兄妹五人になり母は開拓団のみなさんと一生懸命に畑仕事をしていました。
 私はそこに着いて学校もない家の中で兄妹たちのお守りをしていました。
   

  突然、帰国命令

 その年の8月8日でした。突然、開拓団の団長から日本に帰る命令を受け、母が私たちを抱いて泣きました。
 母から「すぐ日本に帰る」と言われ、その日の夜中12時に出発しました。
 9日の朝、鎮西という小さな駅に着きました。
 ひと晩待っても汽車は来ませんでした。

 団長が「ここは小さな駅だから何日待ってもだめでしょう。わたしたち兆南という大きな町に行きます」と言われ、また歩きだしました。
 しかし、私たちは、2日間何にも食べてないので歩く力がありません。
 しょうがないから黙って畑の中に入ってトウモロコシをとって生で食べたり、雨ばかり降っていましたので、のどが渇いたら雨水を飲んだり、疲れたら畑の中で休んだり、やっとあと30キロで兆南に着くところでした。
  

  首を切られて気を失う

 8月13日の朝でした。
 団長が「もうすぐ町に着くからみんなちょっと休もう」と言ったとき、鉄砲の音がしました。
 うしろを見たらロシア軍が来たのです。
 私たちみんなあわてて畑の中に隠れました。
 でも老人たちは走ることができずロシア軍に殺されました。

 私たちは、畑の中で30分くらいたちました。
 外は静かになりました。
 ちょっとのぞいてみたら、ロシア軍は私たちを追ってこないで町の方へ行きました。
 それで私たちはまた一緒に集まりました。
 団長が「私たちはもう日本に帰ることできないでしょう、まわりはみんな私たちの敵です。」と言われました。
 母は私たちをしっかり抱きしめて大きな声で泣きました。
 ほかの団体のお母さんたちも自分の子どもたちを抱きしめてみんな泣いていました。

 そのとき鉄砲の音がしました。
 みんな頭をあげてみたら、1人の少年兵が鉄砲でみんなをつぎつぎと撃っていました。
 しかし私たちの番になったとき鉄砲の弾がなくなり、団長が刀を抜いてきたのです。
 母と弟妹は私の目の前で切られ、母はすぐに亡くなりました。
 私は1番最後で首を切られて気を失いました。

 それから何時間たったかわかりませんが目がさめてまわりを見たらまだ2歳になっていない幼い弟が、母が死んでいるのもしらないで母の胸の上でおちちを飲んでいました。
 6歳の妹は母の近くで泣いていました。私はまた気を失いました。

 2度目に目がさめてまわりを見たら弟は母の胸の上で死んでいました。
 母のまわりにも2人の弟と妹は死んでいました。
 6歳の妹はもういませんでした。
 私は喉が渇きました。
 でも動くことができません。
  

  中国人の家に

 ちょうどそのとき、私の目の前に中国の人が2人立っていました。
 私が頭をあげて「水」と言いました。
 1人の人が、はっぱに雨水を入れてもってきて私に飲ませてくれました。
 2人は兄弟でした。
 それから2人が板を借りてきて、私をかかえて家まで着きました。
 家の中は大家族でみんなやさしい人たちでした。
 薬もないのでお酒と塩で私の傷を洗ったり、みんなが手伝って治してもらいました。
    

  2度と戦争がないように

 戦争は本当に恐ろしいです。
 私はあのときに受けた強いショック、混乱の中の子どもたちの泣き声が今でも耳の中で響きます。
 みなさん、2度と戦争が起こらないようにいつまでも平和を祈りましょう。

   

2015年 5月 29日 中国帰国者 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆっくり登ろう会 第102回例会 宮地山・在自山 登山 6月6日(土)

2015.5.10. ゆっくり登ろう会 会報No.102

ゆっくり登ろう会 第102回例会 宮地山・在自山 登山 6月6日(土)

ゆっくり登ろう会 第102回例会 宮地山・在自山 登山 6月6日(土)

      記
1.日時 6月6日(土)
2.集合 JR福間駅 9:20
    (JR博多8:47⇒福間9:12)
3.費用 500円程度
   (JR、バス代は各自負担)
4.申込期限 5月24日(日)
5.申込先 栁まで電話、FAX、メールで
   電話 092-892-6089
   携帯 090-2500-6140

 福津市の宮地嶽神社の背後にある山です。宮地嶽神社では6月初旬に菖蒲祭りがあり100種10万株の菖蒲を見ることができます。またこの期間様々な工芸品や食べ物が展示・販売され、ご当地グルメも開催されますのでゆっくり時間を取りたいと思います。

 また奥の院(奥の宮不動神社)では皆さんの健康祈願も行いたいと思います。

 二つの山は低山で展望も良く、楽しい登山になるでしょう。

スケジュール
(片道JR460円、バス170円)
集合JR福間駅9:20⇒
(バス)福間駅9:33⇒
宮地嶽神社前9:39⇒
登山10:00⇒菖蒲園⇒
健康祈願⇒宮地山12:30⇒
昼食1時間⇒出発13:30⇒
在自山14:30⇒
宮司団地前16:20⇒
(バス)16:44⇒
福間駅着16:50⇒
JR福間駅発17:20⇒
博多駅17:43


100回記念登山

左下 稲星山,下 白口岳(くじゅう山)
稲星山
白口岳(くじゅう山)
訃報
会員の吉積さんが4月21日にお亡くなりになりました。
一緒に登った山々を思いだしています。安らかにお眠り下さい。


2015年 5月 13日 ゆっくり登ろう会 | | コメント (0) | トラックバック (0)





« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »