ブログ:ココログ

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

真実求め半世紀  岩佐英樹さん(玄界灘・74歳)  ~人生に友好の歴史あり⑦~

真実求め半世紀  岩佐英樹さん(玄界灘・74歳)  ~人生に友好の歴史あり⑦~

真実求め半世紀  岩佐英樹さん(玄界灘・74歳)  ~人生に友好の歴史あり⑦~

真実求め半世紀  岩佐英樹さん(玄界灘・74歳)  ~人生に友好の歴史あり⑦~

 「三菱勝田炭鉱大谷坑(糟屋郡宇美町)には終戦一年前、中国から三百五十二人が強制連行されました。終戦も知らされずに危険な坑内労働を強いられ、四分の一の八十七名が死亡しています」。時折、玄界灘に視線をやりながら静かに語る岩佐英樹さん(現県連副会長・玄界灘支部事務局長)。穏やかな表情の中にも歴史の真実を見極める強固な意思と犠牲者へのやさしい心情があふれています。高校教師を務めながら半世紀以上も日中友好運動に関わってこられた人柄を紹介します。

五歳の時、父親が他界
南海大地震の津波を経験

 一九四一(昭和16)年、徳島県椿泊村生まれの岩佐さん。戦後間もない五歳の頃、相次ぐ不幸に見舞われます。小学校教師だった父親が盲腸から腹膜炎を併発し他界。津波に襲われた時は叔母に抱かれて逃げ、九死に一生を得ます。
 十三歳の頃、親類の人々と一緒に当時、以西底引き網漁業の拠点だった福岡市の港町に移住します。

 

家族で福岡へ移住、叔父
の一言で中国に関心抱く

 舞鶴中学に入学、母親は看護婦として済生会病院に勤務、頼りにしている親類は漁師として働く生活が始まりました。
 当時、中国は東シナ海沿岸に「華東ライン」を設けていました。付近を操業していた伯父たちが中国側に拿捕されるという事件が起きます。
 一年後、帰国した伯父は「中国側の対応は親切。建国の喜びにあふれ民族独立や平和の素晴らしさを学んだ」と語り、その一言が岩佐さんの生き方を方向づけます。

 

高校の社会科教師に、
修学旅行で生徒と共に
中国へ

 北九州大学の中国科で学び社会科の高校教師に。一九八八年、宇美商業高校は県下で初めて中国へ修学旅行、中国についての特別授業も行い生徒を引率。社研部の顧問も定年まで担当します。
 一九九三年、NHKが「華人労務者就労顛末報告書」の存在を大スクープ。これは戦後、外務省が全国百三十五の事業所から強制労働の実態を報告させたもので長年政府が秘匿していました。

 

強制連行の史実を調査
ライフワークに

 一九九五年、岩佐さんは社研部員と上京、東京華僑総会を訪ね、三菱勝田大谷坑の「同報告書」を入手します。 一九九八年、大谷坑の犠牲者四十七名の遺族に「アンケート」を送付。一通だけ返事があり、はじめて中国の犠牲者遺族と連絡が取れました。
 「大谷坑では中国人労働者が敗戦を知り一斉蜂起した事実もわかってきました。これらの歴史を正しく伝え、友好運動に貢献したい」と熱く語る岩佐さんです。

2016年 1月 30日 人生に友好の歴史あり | | コメント (0) | トラックバック (0)

『日中不再戦・平和』の願いを全国に』  中国人殉難者慰霊祭 田川支部  

『日中不再戦・平和』の願いを全国に』  中国人殉難者慰霊祭  田川支部  

 11月22日、日中友好協会田川支部は2002年に建立した中国人強制連行殉難者慰霊碑の前で、戦後70年の節目の年にあたり、慰霊祭を行いました。
 当日は、中国総領事館の韓昇良領事、地元の田川市長、町長、県・市会議員、各団体、市民、県内各地の協会関係者など60人を超える人々が参列し、再び戦争をしないことを誓いあいました。

  

669人連行し27人の命が
 大学一田川支部長は、「三井炭鉱鉱業所のこの地に中国人669人を強制連行し27人の尊い命が奪われました。この事実に向き合うことは過去の過ちを再び繰り返すことの無いようにすることです。」と慰霊祭の目的を表明し、参列者に謝意を述べました。
 内閣決定で、強制連行
 一番ヶ瀬宗幸県連顧問は、1942年、東条内閣時、閣議決定で、中国人38935人を強制連行し炭鉱などで強制労働させ、6830人が犠牲となった悲惨な状況を報告しました。また、強制連行者への謝罪と賠償を求めて裁判を行いました。最高裁で敗訴となりながらも「関係者の努力によって救済されることを期待する」という『付言』があることを紹介しました。
 

 日中友好協会に感謝
 中国総領事館の韓昇良領事が李天然総領事のメッセージを代読し、「いまも異国の地に眠る中国人殉難者に冥福を祈ります。戦争責任と賠償について少しずつ進展を見せています。日中友好協会やみなさんのご尽力に感謝します。70年前、軍国主義者によって中国人民と日本国民へ多大な犠牲をもたらしました。この過ちを繰り返さないために日中友好を深めていきましょう。」と心のこもった言葉を述べました。

 歴史を忘れてはなりません
 二場公人田川市長は「この歴史を忘れてはなりません。」、島野勝福智町長は「図書館歴史資料館を開館の計画です。この田川の歴史を見直していこうと話し合っています。」、佐々木允県議は「中国の戦争記念館を視察してきました。

若い世代のみなさんと歴史の問題など話し合っていきたい。」と哀悼の辞を述べました。

 
 厳かな中で献花
 参列者は田川支部の「二胡サークル」のみなさんが演奏する厳かな中で献花し、国境を越えてこの地に眠る御霊に哀悼の誠をささげました。
 閉会挨拶で松山盛利県連会長は「中国の地で強制連行され、酷使され死に至らされた中国の方の悲しみは計り知れません。この悲劇を再び繰り返さないことを誓い、鎮魂碑の『日中不再戦・平和』の願いを全国に広めていく決意です。」と平和への決意と参列者に謝辞を述べました。

2016年 1月 30日 中国人強制連行・強制労働事件, 田川支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

映画の魅力を語り合おう会  第3回 テーマ映画『 芙蓉鎮 ~ふようちん~ 』 2016年1月29日(金)

映画の魅力を語り合おう会  第3回 テーマ映画『 芙蓉鎮 ~ふようちん~ 』 2016年1月29日(金)

映画の魅力を語り合おう会

  第3回 テーマ映画『 芙蓉鎮 ~ふようちん~ 』

 日時: 2016年1月29日(金) 18時30分~
 会場: 福岡日中友好センター
 解説: 武井賢司
 会場費: 300円
 主催: まるごと映画を楽しむ会

2016年 1月 23日 イベント, 福岡日中文化センター | | コメント (0) | トラックバック (0)

映画『 ソ満国境 15歳の夏 』  2016年3月18日(金) 福岡市・早良区 3月25日(金) 北九州市・小倉 4月6日(水) 北九州市・戸畑 5月20日(金) 大牟田市

映画『ソ満国境 15歳の夏』  2016年3月18日(金) 福岡市・早良区 3月25日(金) 北九州市・小倉 4月6日(水) 北九州市・戸畑 5月20日(金) 大牟田市

3月18日(金) ① 14:30 ②19:00
     福岡市・早良市民センター 
3月25日(金) ① 14:30 ②18:30
     北九州市・小倉ムーブ
4月6日(水)① 14:30 
     ウエルとばた
5月20日(金) ① 14:30 ②18:30
     大牟田市文化会館

鑑賞券1000円(当日1500円)小中高生800円(当日券)
 
 問い合わせ  日中友好協会福岡県連合会 092 - 761 - 0604092 - 761 - 0604

  

2016年 1月 23日 イベント, 福岡日中文化センター | | コメント (0) | トラックバック (0)

人生に友好の歴史あり⑥  松枝 剛さん 田川(八十六歳)  平和運動 芽吹かせ 65年  布団一組・米一升持ち 田川へ  

人生に友好の歴史あり⑥  松枝 剛さん 田川(八十六歳)  平和運動 芽吹かせ 65年  布団一組・米一升持ち 田川へ  

人生に友好の歴史あり⑥  松枝 剛さん 田川(八十六歳)  平和運動 芽吹かせ 65年  布団一組・米一升持ち 田川へ  

国語教師との出会いがきっかけ

 「戦後のレッドパージで職を奪われ、佐賀県唐津から妻の叔父を頼って田川に来た時は心細かった。
 持ち物は布団一組と米一升」当時二十歳過ぎの松枝さん夫婦にとって田川での生活はゼロからのスタート。
 ガリ版印刷の技術を生かし、すぐに印刷屋を始めます。「この地で生き抜く」覚悟を決めた松枝さん、友好運動の推進や田川民主商工会の結成など、旧産炭地にまかれた一粒の種が芽吹き、今日大きく発展。
 おだやかで誠実な人柄を紹介します。

 一九二九(昭和四)年、佐賀県生まれの松枝さんは終戦当時、工業高校生。
 国語の岡正芳先生との出会いが社会を見る目を持つきっかけになりました。
 戦争の悲惨さや戦後の荒廃を目の当たりにし、不再戦を誓い社会を変えていく生き方を求めるようになります。

杵島炭鉱の労組書記に
結婚 そしてレッドパージ

 高校卒業後、駅弁屋で働き折尾駅でキャンデー売りをします。
 駅弁屋の二階にあった産別会議(当時の労働組合総連合)事務所の方と知り合いになり、ガリ版切(謄写版での印刷方法)が得意だった松枝さんは紹介で上京。港区の港生協で働きます。

 二十歳のころ帰郷。杵島炭鉱大鶴鉱業所(佐賀県唐津市肥前町)の労働組合で書記として働き、その頃、選炭婦をしていたミチヨさんと知り合い結婚。
 新婚生活もつかの間、アメリカ占領軍の命によるレッドパージによって松枝さんを追い出すため、会社側はミチヨさんを同調者として解雇。

 炭鉱を追われた松枝さん夫婦は、夫人の伯父を頼って田川に。
 持っていたのは布団一組と一升ばかりの米だけでした。

田川で印刷業スタート
献身的に友好平和運動

 謄写版印刷で開始、三年目でやっと商売も軌道に乗り始めました。
 タイプ印刷機からオフセット印刷機、写植機と印刷機も徐々に増えていきました。

 学校関係の文書や文化雑誌の印刷、三井田川鉱業所からの注文など仕事も増え、同業者と「田川印刷工業協同組合」を設立しました。田川民主商工会も創立。
 子供会の会長や診療所の健康友の会会長、公民館館長なども務めました。
 日中友好協会田川支部の創立にも尽力。
 当時からの健在者は、今では一番ヶ瀬さんと松枝さんの二人だけです。

 友好運動に力を注ぎ、一番ヶ瀬さん(現県連会長)や仲間と「日中不再戦の碑」や「強制連行殉難者の碑」を建立。
 特技を生かし、集会などの垂れ幕、式次第など毛筆で書くことは一手に引き受けています。
 また30年間会計監査を担当してきました。

「絵画と書」歴三十六年
学習意欲に衰えなし

 幼少のころから絵が得意だった松枝さんは五十歳から日展会友の江田茂人氏(故人)に師事し、本格的な油絵の勉強を始めます。
 学び始めるころ知人に相談すると「五十過ぎて今さら」と反対されましたが意思は変わりません。
 水彩画は独学で習得。同時に書の勉強も奥さんと一緒に始め、千鳥橋病院の新館に北アルプスを描いた500号の油絵を寄贈。

 半世紀以上の平和運動と社会貢献、芸術活動に情熱を注ぐ生き方は後に続く多くの方に感銘と生きる指針を与えています。

2016年 1月 23日 人生に友好の歴史あり | | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回 日中友好 囲碁大会  2016年2月21日(日)

第4回 日中友好 囲碁大会  2016年2月21日(日)

第4回 日中友好 囲碁大会

とき:2016年2月21日(日)10時30分から(受付10時)
会場:福岡日中文化センター
      福岡市中央区渡辺通2丁目8-23 渡辺通郵便局よこ
○参加費:1200円
      (大学生以下600円) 弁当代含む
○申込みは:2月18日までに下記へ
○段級の申告:自主申告(みんなが楽しく対局するために常識的な
      段級申告を願います)
○賞品・参加賞を準備しています
  

 

2016年 1月 23日 福岡日中文化センター | | コメント (0) | トラックバック (0)

18人の中国残留孤児による「血涙史」  『戦後七十年回憶録』 出版  ~新聞報道に大きな反響

18人の中国残留孤児による「血涙史」  『戦後七十年回憶録』 日本語翻訳付版(B5 188P) を出版 定価1,000円(税別)で発売中!

新聞報道に大きな反響・電話注文が次々に

 戦後70年にあたる昨年9月、中国帰国者九州連合会が、18人の会員の“壮絶な体験記”をまとめ、中国語の“戦後七十年回憶録”を発行しました。

18人の中国残留孤児による「血涙史」  『戦後七十年回憶録』 日本語翻訳付版(B5 188P) を出版 定価1,000円(税別)で発売中!

 これを知った会員からの「ぜひ日本語翻訳版を出してほしい」との要望に応えて、協会県連は、中国語を学んでいる会員の協力を得て、全篇を翻訳しあげ、「中国語原文付きの日本語翻訳版」を昨年末に出版に漕ぎつけて、12月25日報道関係に発表しました。
 発表の翌日から「新聞を見たけれど…」と言う電話での注文が、県外も含めて次つぎにかかって来て、「自分も引き揚げ者だ。帰国者のために何らかの協力をしたい」など、電話での注文だけで既に100冊を超えて、 事務局では反響の大きさに驚くやら、喜ぶやら…。
   

18人の中国残留孤児による「血涙史」  『戦後七十年回憶録』 日本語翻訳付版(B5 188P) を出版 定価1,000円(税別)で発売中!

 

毎日新聞2016年1月7日 地方版
      戦後七十年回憶録   日本語訳出版
      「平和で安心な世の中に」 元中国残留孤児の手記まとめ /福岡

 

Img_20160117_tag
日本語翻訳付版(B5 188P)

1冊1000円+消費税です。
遠方の方の郵送料は82円です。

問い合わせ:日本中国友好協会福岡県連合会
           電話/FAX 092-761-0604
           nc.fukuoka@gol.com

2016年 1月 17日 中国帰国者, 中国残留孤児 | | コメント (0) | トラックバック (0)

「慰霊碑建立に感謝」 中国大使 程永華氏  ~ 県連会長ら四名 中国人殉難者座談会に出席

「慰霊碑建立に感謝」 中国大使 程永華氏

県連会長ら四名 中国人殉難者座談会に出席

 九月十八日、中国大使館主催の「中国人殉難者慰霊碑維持管理者座談会・懇親会」に招待され、田川から一番ヶ瀬宗幸県連会長と中村仁美支部事務局長、大牟田から堀榮吉支部副支部長、県連から星野信事務局長が出席しました。
 全国から二十八ヶ所で慰霊碑を維持管理している代表五十七人が参加、熱心な報告が行われました。

 主催者側は程永華大使、劉少賓・郭燕公使、汪婉大使夫人ら参事官と福岡・長崎・札幌・新潟・大阪・名古屋の各総領事館の代表が列席。
 程永華大使は「中国人の殉難者を哀悼して慰霊碑を建立し、今日まで慰霊祭を続けてこられたみなさんに感謝します。 八十四年前の九月十八日は日本の軍国主義者が『柳条湖事件』をきっかけに中国に対する侵略を始めた日、歴史を振り返り平和を願う重要な日です。 正しい歴史感を銘記していかなければなりません。後世に伝えるために関係資料をまとめていきたい」と意欲を示しました。

 一番ヶ瀬会長が田川の慰霊碑の取り組みを、星野事務局長が大牟田の同取り組みを報告しました。
 懇親会は少ない時間でしたが福岡総領事館張梅副総領事と懇談して交流を深めました。

2016年 1月 13日 中国人強制連行・強制労働事件, 福岡県連合会, 大牟田支部, 田川支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

千二百人の市民が観賞  「福岡きりえ同好会」の作品

千二百人の市民が観賞
「福岡きりえ同好会」の作品

 「福岡きりえ同好会」の会員の皆さんの作品を展示する第34回福岡きりえ展が、9月1日から6日まで、福岡市美術館市民ギャラリーA室で開かれました。

 期間中千二百人を超える参観者が来場し、口々に「素晴らしいわー」「どうして切るのだろう?」と、水準の高さに感嘆していました。

2016年 1月 13日 福岡日中文化センター | | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆっくり登ろう会  第110回例会 仰烏帽子山(1,302m) 登山  2月27日(土)~28日(日)

2016.1.10.ゆっくり登ろう会 会報No.110

第110回例会 仰烏帽子山 1,302m 登山

 のけえぼし山と呼びます。地元では「のけぼし」で親しまれています。

 2月下旬から早春の花「フクジュソウ」の花が咲きます。
 今回は1泊の登山で、集合は12時ですから、弁当を持ってきてください。車中で食べます。
 また、2月の登山で雪が降るかもしれません。冬の装備で、必ずアイゼン(4~6本爪)を持って来て下さい。
 入浴は宿と経営者が同じ温泉センターに入ります。食事にいのしし料理が出るかもしれません。
 日曜日の天気が悪い場合、土曜日に早朝出発し登ります。時間を空けておいてください。

      記
1. 日時 2月27日(土)~28日(日)
2. 集合 福岡市天神 日銀前 12:00
3. 費用 22,000円
4. 申込期限 2月14日(日)
5. 申込先 栁まで電話、FAX,メールで
   電話092-892-6089携帯090-2500-6140
6. 宿泊 民宿山里 熊本県五木村高野665-26
   電話0966-37-2636

スケジュール
<1日目>
日銀前12:00⇒都市高速⇒九州道⇒ 宇城氷川スマートインター⇒国道3号⇒443号⇒県道25号⇒宿16:00
夕食18:00
<2日目>
起床6:00⇒朝食6:30⇒出発7:00⇒ 県道25号⇒元井谷登山口7:30⇒ 山頂10:30⇒昼食30分⇒下山11:00⇒登山口13:30⇒日銀前17:00

2016年 1月 13日 ゆっくり登ろう会 | | コメント (0) | トラックバック (0)





« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »