ブログ:ココログ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

人生に友好の歴史あり⑫  「樹木医」の経験生かしサークル活動 ~自然を愛し 友好運動25年~ 岡野昌明さん (筑紫・81歳)

人生に友好の歴史あり⑫  「樹木医」の経験生かしサークル活動 ~自然を愛し 友好運動25年~ 岡野昌明さん  (筑紫・81歳)

人生に友好の歴史あり⑫  「樹木医」の経験生かしサークル活動 ~自然を愛し 友好運動25年~ 岡野昌明さん  (筑紫・81歳)

「樹木医」の経験生
かしサークル活動


 「お酒を飲まずにもっと勉強しておけばよかった」とは謙遜の弁。 天然痘にかかり病弱だった少年時代は学校も休学続きの岡野昌明さん(81歳・筑紫副支部長)。
 青年時代は福岡県庁の農林事務所職員として山林を歩き回り、植林や伐採・搬出業務をこなしました。
 退職前に猛勉強して全国初の「樹木医試験」に合格。 退職後は「自然を楽しむ会」の会長としてそれまでの知識と経験を活かし、友好運動に情熱を注いで来られた人生を紹介します。

人生に友好の歴史あり⑫  「樹木医」の経験生かしサークル活動 ~自然を愛し 友好運動25年~ 岡野昌明さん  (筑紫・81歳) 

病弱でも自然の中で
遊び廻った少年時代

 岡野昌明さんは鳥取市生まれ、父親は鉄道員、母親は看護婦さんでした。 三人兄弟の長兄です。
 家の周りは森や林など自然がいっぱい。 近所の子どもたちと樫の実やぐみなど季節ごとの木の実を取って遊びまわりました。
 終戦時は11歳、新制中学から高校、鳥取大学農学部林科で学びました。

福岡県林務部職員に
森林管理の技術指導

 福岡県職員の試験を受けるため仲間10人で夜行列車に乗り福岡へ、合格し県林務部職員として八幡農林事務所で働くことになります。
 県有林や民有林の植林や管理、伐採、搬出など森林組合の方々と一緒に働き、技術指導をします。
 1960年代(昭和30年代)、作業用の車はなく現場までバイクで行き、徒歩で山間部を回る毎日でした。
 独学で林業専門技術員や測量士の資格も取得します。
 当時の森林労働者には退職金制度がなかったので、県費助成の退職金制度を実現しました。

「樹木医試験」に合格、
「中国の緑化」も研究

 本庁勤務に替わり、森林組合の経営や病害虫の予防指導、鳥獣保護などに携わります。
 仕事で得た知識を活かし「福岡県の野鳥」などの著書を編集、県政提言として「緑豊かな県林政の発展のために」など論文も執筆。
 沙漠化が進む中国に関心を持ち「中国の緑化運動」にも関わります。

 退職前に一念発起し、第一回の「樹木医試験」に挑戦、合格率10倍の難関を突破して合格。
 退職後は福岡市植物園に勤務、「緑の相談員」を10年間務めました。
 春日市等の「文化財保護専門員」としても各種講座で講演しています。

友好協会は文化の宝庫
視野が広がり楽しい

  退職1年前に現会長の松山盛利さんの勧めで協会に入会。
 以前、福岡支部で活動していた「ありの会」を引き継ぎ、「自然を楽しむ会」を創立、現在45人。
 筑紫支部の副支部長も引き受けました。

 「体力が許せば中国で沙漠緑化の研究を役立てたい。自分の知識が友好運動に活用できるのはうれしいこと。
 まだまだ勉強」と語る岡野さんです。

2016年 5月 29日 人生に友好の歴史あり | | コメント (0) | トラックバック (0)

無料で体験できる “今から中国語をはじめたい” 人のための 中国語 入門講座 6月12日(日)、16日(木)、19日(日)

Img_20160528_21
Img_20160528_22

2016年 5月 29日 福岡日中文化センター | | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆっくり登ろう会 第115回例会 蛤岳(862m)登山  7月24日(日)

2016.05.22

ゆっくり登ろう会 会報No.115

第115回例会 蛤岳862m 登山

ゆっくり登ろう会 第115回例会 蛤岳(862m)登山  7月24日(日)

 蛤岳は佐賀県東脊振村にあり、山名は山頂の巨岩がハマグリの形に似ているところから来ています。
 山頂付近に史跡「蛤水道」があります。江戸初期福岡市に流れる水を佐賀県にも流すために築造した人工水路です。
 今回は優しいコースです。交通の便が悪いのでマイカーを利用します。

         記
1. 日時 7月24日(日)
2. 集合 地下鉄姪浜駅南出口 8:30
3. 費用 1,000円程度
4. 申込期限 7月10日(日)
5. 申込先 栁まで電話、FAX,メールで
      電話 092-892-6089
      携帯 090-2500-6140

ゆっくり登ろう会 第115回例会 蛤岳(862m)登山  7月24日(日)
浅間山
“麓から山頂まで所要
80分の急峻な山でした“
ゆっくり登ろう会 第115回例会 蛤岳(862m)登山  7月24日(日)

 

スケジュール
 姪浜駅   8:30
 登山口(坂本峠)
      10:00
 山頂   12:15
 昼食   1時間
 下山   13:15
 登山口  15:00
 姪浜駅  16:30

2016年 5月 28日 ゆっくり登ろう会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆっくり登ろう会 第114回例会 三俣山・三俣山南峰 登山  6月5日(日)

2016.05.01

ゆっくり登ろう会 会報No.114

 

第114回例会 三俣山1,745m 三俣山南峰1,743m 登山

ゆっくり登ろう会 第114回例会 三俣山・三俣山南峰 登山  6月5日(日)

 くじゅうの1,700mを超える10峰のうち三俣山2峰を登ります。 ルートは左図大曲がりから、すがもり越、西峰、本峰(三俣山)、南峰、西峰と回ります。 ミヤマキリシマ、イワカガミ、コケモモなどの花を見ることができるでしょう。 西峰、南峰の展望は素晴らしいものがあります。

         記
1. 日時 6月5日(日)
2. 集合 福岡市天神 日銀前 8:00
3. 費用 5,000円程度
4. 申込期限 5月22日(日)
5. 申込先 栁まで電話、FAX,メールで
      電話 092-892-6089
      携帯 090-2500-6140

スケジュール
 天神日銀前 8:00⇒
 都市高速⇒九州道⇒
 大分道⇒九重IC⇒
 四季彩ロード⇒ 長者原⇒
 大曲がり(登山口)10:30 ⇒
 山頂12:45⇒昼食30分⇒
 下山13:15 ⇒
 南峰13:30⇒
 登山口16:00⇒
 日銀前18:00 

ゆっくり登ろう会 第114回例会 三俣山・三俣山南峰 登山  6月5日(日)

 

拡大役員会開催

5月15日 19:00予定
  (登山終了18:30)
場所 天神 平和楼
① 今後のマイクロバスの運用
② 来年度登山1次検討
登山されない方も可能な方はご参加下さい。参加される方は栁までご連絡下さい。

2016年 5月 15日 ゆっくり登ろう会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

人生に友好の歴史あり⑪  太極拳極め 本部指導員に   中村 仁美さん(田川・67歳)

人生に友好の歴史あり⑪  支部活動支え20年  太極拳極め 本部指導員に   中村 仁美さん(田川・67歳)

 「太極拳は何歳からでも始められます。体幹の筋肉が鍛えられ、始めた時の体力年齢を維持できます。性格がでると言われ私も気が長くなりました。風格のある、優雅できれいな太極拳が目標です」
 香春岳山麓の自宅で静かに語る中村仁美さん。
 田川で生まれ友好協会入会とほぼ同時期から始めた太極拳歴は30年以上。
 労組書記として麻生セメントの労働者と苦楽を共にし、事務局長として60数年の田川支部の活動を発展させてきた人生を紹介します。

日中友好・太極拳が人生の礎 

麻生セメント労組書記に
一番ヶ瀬委員長と出会い

 田川市丸山町で出生。 お父さんは八幡製鉄所の労働者でしたが、知り合いの和尚さんから僧侶としての教示を受けます。
 戦後、田川の古いお寺を引き継ぐため宗像から越してきました。

 高校卒業後、20歳の時に麻生セメントの労組書記に。
 間もなく一番ヶ瀬さん(現県連顧問)が組合の委員長になり、この時の運命的な出会いが、その後の田川支部の発展を支えることになります。

 当時、高度経済成長と共にセメント業界にも合理化の波が押し寄せ、会社側は三次にわたる人員整理を強行。 900人いた組合員が300人ほどになりました。

仲間が励まし 難病乗り越え
太極拳を継続

 36歳から太極拳を始めます。 きっかけは初参加の県連大会で太極拳の演武を見たこと。
 金子さん(柳川)を講師に招き田川で無料講習会を月1回・1年間開きました。

 10人でスタートした太極拳サークルは25周年記念講習会が行われた2009年には100人にまで発展。
 12年前、難病にかかったり、股関節の人工関節置換手術を受けたりと苦しいことが続きました。

 「太極拳はもうできないと諦めていましたが仲間が励ましてくれ、再び始めました」と語る中村さん。
 北京体育大学にも留学し研鑽を重ねます。
 2年前、全国の本部指導員になりました。

二胡コンサート・
「殉難者の碑」建立に情熱

 1999年、吉林省の民族楽団コンサートを取り組みますが、開催直前、来日できないことに。
 既に900枚近くチケットを販売していましたが購入者には翌年、劉福君さんのコンサートを開催することで了解していただきました。
 お詫びコンサートは大盛況。 以降、2年毎に開催することになります。
 収益金は「中国殉難者碑」の建設資金や北京の残留孤児老人ホーム建設の義援金に活用。
 二胡サークルも誕生しました。

「中国問題学習会」開き
活動のすそ野広げたい

 「太極拳や二胡のサークル活動で裾野が広がっています。 中国問題の学習会にも取り組み、もっと友好運動を広げたい」と語る言葉と人生には、しなやかな女性に秘められた強さが感じられます。 

2016年 5月 1日 人生に友好の歴史あり | | コメント (0) | トラックバック (0)





« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »