ブログ:ココログ

« 人生に友好の歴史あり⑬  命と平和守り 50年 ~県連会長10年 運動の先頭に~ 武田 正勝さん (福岡・80歳) | トップページ | 映画の魅力を語り合おう会  第7回テーマ映画 「きれいなおかあさん」  6月24日(金) »

人生に友好の歴史あり⑭  弁護士活動・友好運動 共に半世紀 ~困難期に会長16年~ 林健一郎さん (福岡・80歳)

人生に友好の歴史あり⑭  弁護士活動・友好運動 共に半世紀 ~困難期に会長16年~ 林健一郎さん (福岡・80歳)

人生に友好の歴史あり⑭  弁護士活動・友好運動 共に半世紀 ~困難期に会長16年~ 林健一郎さん (福岡・80歳))


 何事も困難な時に引き受けるのは勇気が必要。 戦後スタートした日中国交回復運動。 今日まで66年間の道のりは平たんではありませんでした。
 60年代「文革」の勃発とそれを支持しなかった友好協会への攻撃や妨害が続き、中国側から関係断絶を宣言されました。
 72年、国交は回復しても事態は継続。 中国側が「文革」の誤りを認め「協会」への反省を表明した99年までは冬の時代。
 その間82年から98年までの16年間、福岡県連会長を務めた林健一郎さん。
 困難な時期、先頭に立って皆を励まし牽引した人生を紹介します。
Img_20160616_04

伯父の勧めで弁護士に
日中友好協会に加入
 林健一郎さんは1935(昭和10)年、福岡市の旧荒戸町で出生。
 九州大学経済学部を卒業しましたが仕事がなく裁判官をしていた伯父の勧めで弁護士をめざします。
 弁護士登録は30歳、福岡第一法律事務所に所属し沖縄返還同盟福岡支部長としても尽力。 72年に沖縄の祖国復帰が実現します。

福岡市長選に立候補
九州総評弁護団で幹事長
 80年、45歳の時、市長選に立候補。 市政革新を願う幅広い知識人や団体・個人・政党を結集した「福岡市政をよくする市民の会」を結成しての選挙運動でした。

 その後福岡第一法律事務所から独立し「林法律事務所」を開設。
 当時は高度経済成長と共に国労解体など、職場に合理化の嵐が吹き荒れた時代。 林さんは九州総評弁護団幹事長や国家公務員労働組合・高校や私立学校など、各教職員組合の顧問として労働問題の解決に奔走します。

交流ない時期に会長就任
「聖戦碑」抗議運動を推進
 82年、要請を受け県連第22回定期大会で会長に。 国交は回復していたとはいえ中国側と協会は関係が断絶していた時代です。

 林会長は新年のあいさつで「腰を落ち着けじっくりと…」と会員に呼びかけました。
 この時期日中文化センターも発足、交流がなくても中国の文化に親しみ理解を深めようと、きり絵や書道・静吟、太極拳など多彩な文化活動が広がりました。
 中国帰国者への援助や国会請願署名にもとりくみました。
 福岡市内の旧陸軍墓地(国有地)に「大東亜戦争は聖なる戦い」と侵略戦争を美化する慰霊碑が建立されている問題が発覚。 協会は碑文の書き換えを求め、福岡市に要請。 マスコミや国会でも取り上げられました。

広州のテレビ局が取材
友好・交流 回復の兆しに
 中国側と協会の交流が回復する直前、広州のテレビ局が林さんを取材。 協会が取り組む日中友好運動の内容が中国で放映されました。

 長江の如く滔々と流れる友好運動の歴史には未来があります。
 冬の時代に尽力された林健一郎さんの人生は深く刻まれるでしょう。

 

2016年 6月 16日 人生に友好の歴史あり |

人生に友好の歴史あり」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98465/63788663

この記事へのトラックバック一覧です: 人生に友好の歴史あり⑭  弁護士活動・友好運動 共に半世紀 ~困難期に会長16年~ 林健一郎さん (福岡・80歳):

コメント

コメントを書く








« 人生に友好の歴史あり⑬  命と平和守り 50年 ~県連会長10年 運動の先頭に~ 武田 正勝さん (福岡・80歳) | トップページ | 映画の魅力を語り合おう会  第7回テーマ映画 「きれいなおかあさん」  6月24日(金) »