ブログ:ココログ

カテゴリー > 玄界灘支部

「沖縄の文化講演会」開く  玄界灘支部

「沖縄の文化講演会」開く 玄界灘支部

 10月9日、“沖縄の文化~東シナ海は文化の十字路”と題して、西表宏先生(香蘭女子短期大学教授)の講演会を開きました。

 ウチナーグチ(沖縄方言)の特徴から、ヤマト・中国文化との関係、はてはオスプレイから安保条約まで実に幅広い話になりました。
 質疑応答では尖閣諸島の問題について、活発に意見が出され、おおいに盛り上がりました。

 当日、寄せられた感想文の一部を紹介します。

○沖縄のことについてマスコミで報道されている情報しか知らなかったが、その根源となる内容を知ることができ、有意義であった。
○尖閣諸島の話はありがたい話であった。
○方言の話は興味深く、拝聴しました。沖縄の歴史(古代史)をもっと聞きたかった
○方言は命の音色、心に響きました。幅広く、楽しく有意義なお話しを有難うございました。
○沖縄について無知であることをはずかしく思いましました。オスプレイ配備は全くデタラメなことで話になりません。政府の厚顔さ・・。
○尖閣諸島の問題は、外交による解決と、且つ日本側の冷静な理論強化が必要です。
 

 

2012年 10月 27日 講演, 玄界灘支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

あすの東アジア共同体を考える歴史講座

あすの東アジア共同体を考える歴史講座

Img_genkai_2012_0あすの東アジア共同体を考える歴史講座

あすの東アジア共同体を考える歴史講座

日中友好協会玄界支部灘
事務局 電話 080-7002-5411


9
9月11日
(火)
「日本古代史の隠された真実」
~中国正史の証言の重みと確かさ~
荒金 卓也
(日本古代史研究家
、鑑真研究家、
元中学校国語教諭)

10
10月9日
(火)
「沖縄の文化」
~中・日・朝を紡いだ独自の海洋文化~
西表 宏
(香蘭女短大教授、
国文学者、福岡沖縄
県人会会長)

11
11月13日
(火)
「南シナ海、波高し」
~米中世界戦略とアセアンの役割~
王 鵬
(大連市出身、
比較社会文化博士
、国際関係・国際経
済学者)

12
12月11日
(火)
「中国生活6年“私の中国報告”」
~漳州・ハルビン ・泰州・上海での体験~
石津 宏介
(在中国・日本語教
師、元高校国語教
諭)

13
1月8日
(火)
「史跡で見る玄界灘と大陸」
~中国・朝鮮と宗像・粕屋の文化往来~
福津市文化財係
担当

(福津市教育委員
会)

14
2月12日
(火)
「戦時下、三菱勝田大谷坑(宇美町)
に於ける中国人強制労働事件とは」
~高校生が発掘した地域の歴史~
岩佐 英樹
(日中・玄界灘支部
事務局長、元高校
地理・歴史教諭)

15
3月12日
(火)
「中国の『軍拡』を読み解く」
~中国は軍事強化と日米軍事同盟~
王 鵬
(大連市出身、
比較社会文化博士
、国際関係・国際経
済学者)

2012年 9月 1日 イベント, 玄界灘支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

満開の桜のもと35人が集う  玄界灘支部

Img_20120418_01
 4月7日、宮地岳神社の広場の満開の桜の下で、第3回の恒例のお花見、春1日を過ごしました。3才から86才の文字通り、老若男女35人が集いました。昨年を15人上回る盛況。この1年間の支部行事などに参加された方が、お友達を連れて多数参加されました。
 みなさん、お腹いっぱい食べて、いっぱい飲んで満足したでしょうか。これからも楽しい、会員のさまざまな要望に応じた日中友好運動を発展させていきましょう。(英)

 

2012年 4月 18日 玄界灘支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

「ランタンフェスティバル」18名参加  玄界灘支部

「ランタンフェスティバル」18名参加

日中友好協会
   玄界灘支部

1月30、31日の2日間、玄界灘支部の18人が新春の長崎へ。春節に合わせて開かれる「ランタンフェスティバル」を体感しながら、中国に関わる史跡をもじっくり見学するという企画でした。案内は協会長崎支部の萩谷さん、神﨑さん。冷気の中に灯るランタン。祭りを盛り上げる人びと、中華街から始まった「ランタン祭」が今や市民全体のフェスティバルになっています。
「長崎歴史文化博物館」興福寺、崇福寺、唐人屋敷跡、オランダ坂、日本二六聖人記念碑を見学。龍園で夕食、夜はフェスティバルを楽しみました。  長崎ちゃんぽんや出島ワーフの食事は美味しかったです。

2012年 2月 22日 玄界灘支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

市民とともに 中国語教室もある施設が存続へ 玄界灘支部

市民とともに
中国語教室もある施設が存続へ
 玄界灘支部

Img_20100314_02  昨年、10月1日、玄界灘支部も登録し、中国語講座などで利用しているボランティアハウス・ふくまの「中央公民館への統合、現施設の閉鎖案」が発表されました。
 ボランティア活動に励む市民(71登録団体、約千八百名)の頭越しの提案でした。利用者の圧倒的に多くが現施設の存続を望んでいる。けど、あきらめムードも漂う中、今年になって、「存続を求める会」が結成されました。玄界灘支部はその一員として名を連ね、積極的にがんばりました。
 1月27日、福津市との話し合いが行われ、参加者は「交通機関がない」「ボランティア活動を生き甲斐にしている高齢者を事実上排除してしまう」「市街地の活性化に逆行、それに市が自らが手を貸すことにはならないか」など活動上、大変な支障をかかえることを訴えました。
 2月5日、会では「署名運動」と「市議会への請願書提出」などの活動を決定、直ちに行動に移りました。こうした動きが大きな影響を与え、2月9日、福津市執行部は市議会全員協議会に「ボランティアハウス・ふくまの統合は、本年度見送る」と提案し、若干の反対意見がありましたが了解されました。
 市民のまっとうな要求が実って、「声を上げて好かった。今後、更にボランティアハウス・ふくまを発展させたい」と市民や登録団体や商店街の方々は大変喜んでいます。

2010年 3月 15日 玄界灘支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

「菰口文庫」近々誕生 玄界灘支部

「菰口文庫」近々誕生 玄界灘支部

 元福岡日中文化センター所長代行・元福教大学長の故菰口冶氏の妻の邦枝さん(協会員)から玄界灘支部に、この程多数の中国関連の図書が寄贈されました。
 支部では近々「菰口文庫」として事務所に誕生させることになりました。

2009年 7月 28日 玄界灘支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ベールに包まれた? 玄界灘支部事務所を訪問

ベールに包まれた?
 玄界灘支部事務所を訪問

Img_20090117_01

Img_20090117_02 1月14日、小雪の舞い散る寒い日、玄界灘支部が誕生して初めて、県連事務局は事務所を訪れました。

 いつも話だけを聞かされ、写真一枚も県連事務局に届けられない「ベールに包まれた?」事務所でしたが、想像を超える立派なところでした。
 突然の訪問にもかかわらず、野中正吉さんが、「きょうは、私が事務所当番なんですよ」とにこやかに迎えてくださいました。
 事務所は田んぼや畑が広がるのんびりとした風景の中にありました。玄関には、「日中友好協会玄界灘支部」という木でつくった立派な看板。昔の日本家屋で縁側もあり、掃除の行き届いたふたつの畳と板張りの部屋には温かいコタツがおいてあり、床の間には、協会の旗が、立てかけられていました。
 支部のみなさんが肩寄せあって会議したり、映画会をしたり、交流する様子が、目に浮かびます。庭は、草とりも掃き掃除もきちんとされ、玄界灘支部の人々の気持ちを あらわしているようでした。

 車が4台駐車できるそうで、何人増えても対応できるなあと思いました。是非みんなで今年は、押しかけましょう。(県連・O)

 玄界灘支部のサイトは、こちらをクリック

2009年 1月 18日 玄界灘支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

玄界灘支部ニュース 2008/9/25

   玄界灘支部ニュース
     080925

<例会日時の変更>

■ 中国 近現代史講座

  第2回以後は
    第4金曜日午後7時15分に変更

 会場は健康プラザ(ふくとぴあ)

 第2回10月24日(金) 三度の皇帝・愛新覚羅溥<後半>
                 尖閣諸島領有権問題と東シナ海ガス田
 第3回11月28日(金) 孫文と宋家の三姉妹(靄齢 慶齢 美齢)
 第4回12月26日(金) 新文化運動と五四運動
                 ~中国史の質的転換点

 囲碁教室

  子どもが参加できることを考えて
  毎月第4金曜午前10時~12時に変更

 会場は玄界灘支部事務所
         宮司4-12-17(表札松尾稔の家)


   風雷京劇団公演11月3日まで一ヶ月余

 10月4日 午前10時~12時
   第10回中国映画を語る会
  『京劇 を学ぶ 第三弾』
 
  京劇も文革時に変化した。悲しい出来事。
  京劇の歴史的変遷を語らう値打ちはあります。

 会場は玄界灘支部事務所
   事前に一緒に勉強したいです。

2008年 9月 23日 玄界灘支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

壮大なロマンを抱き、「玄界丸」出航 玄界灘支部も誕生 (2008/6/7)

壮大なロマンを抱き、「玄界丸」出航
玄界灘支部も誕生
Img_20080706_21

 6月7日、結成総会は、二胡の調べから始まった。日本の歌でも中国風に聞こえた。その後は西村尚志弁護士による「戦後補償裁判に関わって」の事情が語られた。裁判を身近に感じさせる内容だった。来賓挨拶は宗像に唯一ある弁護士事務所「奔流」からと、原博道県連副会長。日中友好に携わってきた過去の苦労の上に、今とこれからの友好を深め得る可能性の提示が、新しい支部結成を励ました。
 総会は、飛び入りの中国人留学生らも含む、来賓、会員、準会員ら25名が出席。情勢、方針、役員などを次々に決めた。会費に関する切実な要望も出た。最後は「結成総会宣言」。2時間余の総会の後、記念撮影をし、会場を元に戻した。 
 そして場所を我が支部の事務所に移し、ささやかだが濃い祝宴を開いた。

 玄界灘支部 「ニーハオ玄海」のWebサイトは、こちらをクリック

2008年 7月 8日 玄界灘支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)