ブログ:ココログ

カテゴリー >  漢詩を楽しむ会

王羲之や空海の書が太宰府に結集 ~『王義之と日本の書』 九州国立博物館で開催~  楽しい鑑賞へ 事前学習会を開催 2月10日(土)

王羲之や空海の書が太宰府に結集 『王義之と日本の書』九州国立博物館で開催 =楽しい鑑賞へ 事前学習会を開催= 

王羲之や空海の書が太宰府に結集 『王義之と日本の書』九州国立博物館で開催 =楽しい鑑賞へ 事前学習会を開催= 

 「書聖」と呼ばれた中国
4世紀の王羲之の書展が
2月10日から4月8日ま
で大宰府の九州国立博
物館で開催されます。
 王羲之の書は「神品」・
最高の文字芸術とされ、
空海をはじめ歴史上有名
な日本人に大きな影響を
与えてきました。筆で書
かれた文字の魅力を楽し
むまたとない機会です。

日時 2月10日(土)
     PM5時半
場所 日中文化センター
講師 有馬精一

   (漢詩を楽しむ会・主宰)
資料代 500円

○王羲之の人柄や書の特徴・
歴史、楽しく鑑賞するポイント
など学びます。

王羲之や空海の書が太宰府に結集 『王義之と日本の書』九州国立博物館で開催 =楽しい鑑賞へ 事前学習会を開催= 

皆んなで鑑賞

終了後は観梅と昼食懇親会

日時 3月1日(木)午前10時

場所 九州国立博物館正面受付集合

○終了後、午後1時頃から近くの茶屋で梅を見ながら昼食懇親会をします。

申込・問い合わせ先    日中友好協会福岡支部 ☎092(761)0604  

2018年 2月 1日 イベント, 福岡日中文化センター, 漢詩を楽しむ会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

漢詩を楽しむ会 4月スタート 参加者募集中

4月スタート 参加者募集中

漢詩を楽しむ会

 第1回 4月20日(月)PM6:30 

 中国で生まれ数千年の歴史にはぐくまれてきた漢詩には、自然の情景だけでなく人生の歓喜や悲哀、情熱、情愛、為政者への批判などが読み込まれています。 古来、中国の人々の精神や文化、生活のみならず、日本人にも大きな影響を与え、漢字文化圏内の人々の平和的交流に役立ってきました。
 わずか漢字20字(五言絶句)、28字(七言絶句)の中に作者の思いや情景が表現されるなど、その魅力は尽きるものがありません。
 内容や作られた時期の歴史的背景、地理・作者の生き様や思いなどを学び合いましょう。お互いの人生が楽しく豊かになり、日中友好の文化的支えとなれることを期待しスタートします。

 

 《運営要綱》 
責任者 有馬 精一(日中友好協会福岡県連合会常任理事)
進め方 〇参加者の希望も取り入れながら鑑賞したい漢詩を決定
〇作者の人生や作詞に込めた思い・歴史的背景・場所など学習
〇DVD(NHK漢詩紀行)を観ながら鑑賞
〇新しく発見したことや感想など出し合い交流
〇中国語での音読にもチャレンジ
〇年に数回、懇親会を開催
日 時 月1回、第3月曜日の午後6時30分~8時30分
第3月曜日が祭日の時は第2月曜日(8月はお休み)
場 所 福岡日中文化センター
会 費 3カ月・2,000円(前納制)

漢詩を楽しむ会

責任者・有馬精一さん紹介
福岡市西区周船寺在住、63歳。
元西福岡・糸島民主商工会事務局長。
現在日中友好協会福岡県連合会常任理事。県連ニュース(文化版)の編集担当、「漢詩漫遊」を執筆。日中文化センターで中国語学習中。趣味は書道、家具作り、チェロ、山登り。

2015年 2月 28日 福岡日中文化センター, 漢詩を楽しむ会 | | コメント (0) | トラックバック (0)