ブログ:ココログ

カテゴリー >  北九州協議会

友好と民主運動50年  戦後 戸畑でひとすじに 須崎健一さん(戸畑・七十六歳) --人生に友好の歴史あり②

Img_20150605_01

Img_20150605_02
須崎健一さん(戸畑・七十六歳)

 どこか「古武士」の風貌を漂わせる須崎健一さん(七十六歳)。厳しかった時代のことも楽天的に語る口調に、おおらかな人柄がにじみ出ています。一九三九(昭和十四)年三月、八幡で生まれ国民学校(当時)一年生の時から現在まで、戦後七十年間を戸畑で生活。二十歳過ぎから半世紀もの間、日中友好や民主運動一筋に生きてこられました。その人生と人柄を紹介します。

 

学習会参加がきっかけに

 幼少期は田川郡糸田町の炭住街で育ち戸畑に転居。高校卒業後働き出した頃、九州工業大学の先生だった本荘光宏さんが自宅で開いていた学習会に参加します。本荘さんは日中友好運動の大先輩。戦後日本の民主化の道のりや社会の仕組み、中国との平和友好の話など引きつけられました。
 一九五八年、五郡典夫さんが中国から帰国、西村義一さんらと共に日中友好運動を推し進めます。須崎さんは当時十九歳、正義感と情熱で迷わず友好と民主運動に加わりました。 小沢和秋衆議院議員の現地事務所の事務局長、黒崎合同法律事務所事務局長などを務めます。

   

支部長引き受け、一年半で会員を五倍に

 一九九二年五十三歳の時、五郡支部長(当時)の依頼で支部長を引き受けた須崎さん。支部総会に来賓として参加した岩佐理事長の「会員拡大」の訴えに一念発起します。翌日弟さんに、その後知人友人に片っ端から入会を勧め、当時十二名だった会員が六十名と一気に五倍化しました。
 この躍進をきっかけに八幡支部の結成、門司支部の再建、小倉・若松での活動へと発展します。 須崎さんは北九州協議会の事務所を開設、日中友好運動発展の拠点となりました。      
  

「楽しい企画が大事、笑いがあれば人は集まる」

 「私の好きな三大映画は『初恋のきた道』『ニューシネマ・パラダイス』『ローマの休日』映画には文化が凝縮されている。中国映画の最高は『不屈の人々』多くの人に見てもらいたい」と目を輝かせます。自らもビデオカメラで映画を作成。支部総会では必ず中国映画を上映します。
 「映画会や中国語教室、ギョーザ会など楽しいことをどんどん企画すべき、皆で話し合い笑いながら活動するところには自然と人が集まってくる」と語ります。
     

中国映画(DVD)30枚

 溢れるようなロマンを秘めヒューマニストの須崎さん、「活動に役立てて」と気前よく中国映画のDVDを県連に寄贈。周りを包み込む大らかな人柄は中国の大河を思わせます。

 

 

(訂正)2015/6/6 文中に、別な記事の文面があり、削除しました。

2015年 6月 5日 交流, 北九州協議会, 戸畑支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

満席 「日中友好」 二胡とピアノ コンサート  北九州芸術劇場

満席「日中友好」二胡とピアノコンサート  北九州芸術劇場

満席「日中友好」二胡とピアノコンサート  北九州芸術劇場
ステージと一体となった会場のみなさん

 北九州協議会は4月21日、劉福君さんと松尾邦子さんによる「二胡とピアノコンサート」を北九州芸術劇場で開催し、劉さんの「フアン」が福岡市や田川市郡からも多数駆けつけ、満席となる180人が鑑賞しました。

 コンサートは、宮浦恵さんが司会。劉さんは「会場一杯にした北九州協議会の力はすごいですね。今後も日中友好で行きましう」とあいさつ。前半は日本の曲とクラシック、後半は劉さん作の曲と中国の曲が演奏され、すばらしい音色に聞きほれました。

 また、劉さんから二胡の歴史や構造などの話があり、ジョークもまじえたトークは会場をなごませました。
 参加者の感動に包まれたコンサートの最後はアンコールにこたえて2曲が演奏され、会場を後にする人から「演奏がとても良かったよ」「日中の企画で満席にしてすごい」などの感想が聞かれました。

 

2013年 6月 1日 イベント, 二胡, 北九州協議会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

二人の女性中国領事と交流  北九州協議会

霍穎(かくえい)副総領事
  かくえい
  霍穎・副総領事

    二人の女性領事と交流
              北九州協議会

 9月22日、日中友好協会北九州協議会主催の中国領事館副総領事の講演と懇親会が小倉で開かれました。

 副総領事は若い女性で席に着くなり、すぐに名刺を持って日本語で「霍穎(かくえい)」と自己紹介しながら各テーブルを回る姿に、会場は忽ちなごやかになりました。
 
 随員も女性領事の紀竑さんでお二人のスーツ姿は魅力的でした。

 霍穎さんが、一時間近く講演され、さすがに外交官で、今年三月に赴任されたとのことですが、九州、福岡、北九州のこと地理や産業などにも詳しく、豊富な知識が窺え、これぞ才媛と感心しました。
 質疑で焦点の尖閣問題では、解決の道は、平和的な話し合いだとの原則的な回答でした。
 その他、中国女性の地位、一人っ子政策、都市と農村の格差、戸籍問題、少数民族問題、など多彩な質問で時間が足りない位でした。

 お二人は、次の日程のため、残念ながら、懇親会には、出られませんでした。大変有意義でした。(大)

 
 

2012年 10月 7日 交流, 北九州協議会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

講演会 「21世紀中国映画の魅力」 講師:石子順氏  八幡東区レインボープラザ7階 2011年11月26日(日)



映画評論・漫画評論家・日本漫
画家協会参与・日本中国友好協
会副会長


講師 石子順氏

【講師プロフィール】
 漫画評論家。映画評論家。
昭和10年、京都市生まれ。
昭和28年中国から帰国。東洋大学文
学部卒。中国映画の字幕翻訳を経て、
映画評論活動を始める。昭和42年に
手塚治虫と出会い、漫画研究を始め、
以後手塚氏と交流。前和光大学表現
学部教授。著書に『手塚治虫 未来か
らの使者』(堂心社)など。ちばてつや、
森田泰次たちとの共著『中国からの
引揚げ少年たちの記憶』で第6回文化
庁メディア芸術祭特別賞を受賞。

 100年前、中国では2000年以上も続いた専制君主制の歴史は、辛亥革命によって終止符が打たれました。「民族主義」「民権主義」「民主主義」をかかげて民主革命を成功させ、中華民国が生まれました。それから100年、中国の歴史を映画・漫画を通じてお話します。
 私たち日本人にとって、中国は「近くて遠い国」といえるかもしれません。アジアと世界の平和のために、日中両国民の友好は欠かすことができません。日本と中国の歴史、文化、そこに生きる人たちを通して、中国をより身近に感じてほしい、それが私たちの願いです。

 東日本大震災の被災地を
 支援する漫画


 東京・大手町「パソナ」本社ウィンド
ウで「地震被災者を元気づける漫画
展」を開いた。
 その何点かを漫画家の協力で、これから開催さ
れていく「中国からの引き揚げ~少年たちの記憶
漫画展」でも展示することになった。
 日中友好協会本部を通じて支援カンパをおこな
っています。

 

とき

2011年11月26日(土)
午後2時開会~午後4時まで

ところ

八幡東区レインボープラザ7階

協力券代

1000円

主催/日中友好協会北九州協議会
        連絡先/中村 090-3413-2877 西 090-6846-2203
               原田 090-6892-7715 大重 093-481-1378

 

 福岡市でも開催はこちら 

2011年 11月 13日 講演, 北九州協議会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

日中学習会 第5回 中国のエネルギー政策  北九州協議会 (2011年6月13日)

日 中 学 習 会
日中友好協会北九州協議会
講 師 迎 由理男 さん
     北九州市立大学教授
第5回 中国のエネルギー政策
日時:6月13日(月)18:30~
会場 : 西小倉市民センター 
参加費 500円       

2011年 5月 29日 講演, 日中学習会, 北九州協議会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

迎由理男・北九州市立大学教授による「中国社会の勉強会」 第4回目 北九州支部協議会

迎教授による「中国社会の勉強会」
第4回目 北九州支部協議会

 迎由理男 北九州市立大学教授を講師に、4月18日、小倉北区において「中国の教育問題」をテーマにした勉強会が開催され、市立大学の2人の留学生を含む20人が熱心に耳を傾けました。

Img_20110521_01  迎教授は、中国の教育制度と政策、学歴社会と教育熱のなかでの教育費負担の増大、大学と就職の関係で各国の学生が大学に何を期待するかなどを、参加した留学生に実際に質問するなどして話されました。

 子どもを大切にし教育熱が高まるなかで、「家に就学支援すべき子どもがいる」という理由が家庭の貧困の主要な原因と意識されていることや、小学校の門の前に子どもを送迎する親の車列が並んだり、有名な幼稚園に入るため1週間かけて通う親などのエピソードに、参加者は驚いていました。

 最後に、中国の歴史教育のなかで日清戦争や抗日戦争などが中学でも詳しく教えられており、私たちは日本が何をしたのかを中国の人々がよく知っていることをわきまえるべきだとしました。

 講演後は、小倉支部青年部役員と留学生の交流がもたれ、迎教授も参加し今後の「留学生交流会」について話し合われました。

2011年 5月 22日 講演, 日中学習会, 北九州協議会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

興奮して聞きました  「第3回中国社会の勉強会」 北九州市協議会

       興奮して聞きました
       「第3回中国社会の勉強会」 北九州市協議会

  迎由理男 教授(北九州大学)を講師に行なっている第3回目の勉強会は、2月22日に小倉北区において、「都市と農村―民族大移動」 をテーマに開催。28人が熱心に受講しました。

 迎教授は、中国における農業の現状と国内外での存在、農民の所得の推移と社会階層から見た位置、格差の広がりと戸籍制度などを豊富な資料と統計を使って説明し、庶民生活のユニークなエピソードも交えて講演しました。

 質問では、「戸籍制度は緩和する方向にあるのではないか」「人民公社から改革開放に変わってどうして生産性が上がったのか」「農民が政府に不満を持たないのは政策を知らないからではないか」などが出されました。

 アンケートには、「かねてより興味・関心が高かった内容で勉強になった」「はじめて参加しました。ジニ係数、クズネッツ曲線など難しかったですが、なんとか理解できました」「素晴しい授業を興奮して聞きました。歴史事実と資料で生き生きと語られ、基本認識とイメージが湧きました。今後も受講します」などの感想がよせられました。(N)

2011年 3月 15日 講演, 日中学習会, 北九州協議会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

内モンゴルが見える? 北九州・馬頭琴ミニコンサート (2010/5/9)

内モンゴルが見える?
北九州・馬頭琴

Img_20100530_04

 北九州協議会は5月9日、戸畑区で「唐柏樹さんの馬頭琴ミニコンサート」を 40名で開きました。
 唐さんは、まだ日本語がぺらぺらという訳ではないといいながら、なかなか打ち解けたしゃべりで、会場はアットホームな雰囲気につつまれました。
 途中、休憩にコーヒーとお菓子のサービスがあり、民族衣装などに質問が出たり、1時間ちょっとの楽しい時間をすごしました。
 参加者からは「感動しました。唐青年はとてもカッコよかったです」「楽器や曲の説明もとてもわかりやすく興味深かったです。ホーミーも間近かで聴けて感動しました。」「内モンゴルの風景が見えるようでした。」「今度は大草原の下、聴けたらいいなと思いました。」などの感想が多数寄せられました。(に)

2010年 5月 31日 北九州協議会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

学習・実行委員会開く 北京風雷京劇団北九州公演

学習・実行委員会開く
北京風雷京劇団北九州公演、近辺の市や町にも広がる

Img_2008082701  3回目の北九州公演実行委員会が、40名の参加で開かれました。
 はじめに、京劇の研究者である北九州市立大学外国語学部長の板谷俊生教授が「京劇を楽しく観るために」と題して講演。
 板谷教授は、京劇は地方劇の長所を取り入れ、その成果を集大して発展したという歴史や芝居の役柄、基本、梅蘭芳、文化大革命などについて、ビデオも使用して、50分間にわたってわかりやすく、ユーモアを交えて講演しました。
Img_2008082702  質問も「国家一級など誰が審査するのか」という誰もが知りたい質問が次々に出され、京劇についての興味をより深めるることができました。

 講演後、公演を成功させるための話し合いがもたれました。
 三輪俊和委員長は「尊敬する板谷先生が、公演当日は会場をいっぱいにしようと、いってくれました。嬉しい限りです。公演成功は日中友好につながります」と挨拶。
 ついで、須崎健一事務局長が取り組みの現況と今後の活動の方針について提起しました。

2008年 8月 27日 イベント, 京劇, 北九州協議会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

帰国者の人を交えて新入会員歓迎のつどい 八幡支部 (2008/3/8)

帰国者の人を交えて新入会員歓迎のつどい 八幡支部

Img20080321_03

 八幡支部は3月8日新入会員歓迎のつどいを行いました。
 当日は、朝9時に帰国者の方の家に餃子作り材料運搬のため、磯部支部長が行動開始。 会場には、帰国者の方20名と安部タマエさんが参加しての餃子作りが始まりました。 小倉支部から、深谷節子さんが参加してくれました。 餃子作りの合間には、帰国者の方同志が仲良く中国語で交流していました。 八幡支部からの参加は、13名でした。
 つどいの最初は、餃子パーティとなりました。
 歓迎と激励の挨拶を磯部支部長が行い、続いて北九州協議会会長の原博道氏が中国語を交えて挨拶をいただき、和やかな開会となりました。
 つづいて、残留孤児国賠訴訟福岡原告団の原田郁子さんと弁護団の安部千春弁護士の話に帰国者の方から今後のことも含めて質問もありました。 その後、北京風雷京劇団訪日公演の宣伝ビデオ鑑賞をした後、会員の皆さんの近況と友好の想い等を語り合いました。
 今後の取り組みについては、中国映画「覇王別姫」の上映会をすることを申し合わせました。(原)

2008年 3月 22日 中国帰国者, 中国残留孤児, 交流, 北九州協議会, 八幡支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

中国帰国者との交流会 北九州協議会 (2007/6/17)

中国帰国者との交流会
57名参加で盛大に
日中友好協会北九州協議会

Img20070617_11
 協会北九州協議会は、6月17日、会を開催しました。当日は、帰国者35名など57名が参加しました。
Img20070617_12  午前中は帰国者を中心にギョーザを作り、数百個のギョーザが見る見るうちに出来ました。
 昼食をかねてギョーザを食べながら交流会を始めました。
 西村戸畑事務局長の司会で進められ、須崎戸畑支部長が歓迎の挨拶で「帰国者などの皆さんのために特別会員精度もあります。ぜひとも日中友好協会に入会して下さい」と訴えました。
Img20070617_13  会員と帰国者は、歌を歌ったり、楽しいお喋りで過ごし、「このような交流会は度々開いてほしい」と語っていました。
 午後は、中国映画「胡同のひまわり」を上映しました。
 小倉支部の中村事務局長や深谷さんなど北九州の会員も多数参加しました。

2007年 8月 8日 中国帰国者, 北九州協議会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

北九州協議会事務所開設記念祝賀会を盛大に開く (2006/10/14)

事務所を拠点にさらに前進を
 北九州協議会事務所
開設記念祝賀会を盛大に開く

Img20061014_1
 10月14日、北九州小倉北区の中華料理店で北九州協議会事務所開設記念祝賀会が開催され、51名の会員、読者の皆さんが参加しました。

 会場正面には、「事務所を拠点にさらに前進を!」のスローガンが掲げられ、今後の活動発展への大きな決意を固めました。
 小倉支部事務局長の中村訓八さんの司会で始められ、最初に協議会の議長、原博道さんより主催挨拶。「北九州規模で会合を開いたのは、協会結成25周年の記念パーティ以来31年ぶりです。感無量です。1966年からの日中間のむつかしい問題に直面し、大きな困難を抱えて今日まで活動してきました。昨年以来、再建した戸畑支部の会員4倍かをはじめ、小倉支部中心の活動から、門司支部の再建、八幡支部の結成への展望、若松での活動など北九州段階で今後の平和と日中友好運動にとって画期的な展望を切り開くことが出来ました。今後とも協会発展への力添えを訴えます」と謝辞を述べました。
 来賓として参加した県連理事長の岩佐秀樹さんからも、「新しい事務所の開設をともに喜びたい。昨年以来の戸畑を初めとした会員拡大は県連全体の発展の原動力にもなっています。今後とも事務所を拠点にして頑張っていただきたい」と激励の言葉がありました。
 西村義一戸畑支部事務局長の発声で乾杯のあと、祝賀のスピーチや各人からの一言づつの発言がありました。
 ある方は、「中国映画上映会に2回参加して感動した。次の映画会も参加して感激したら日中友好協会に加入します」と話しました。
 最後に「東京-北京」を合唱して閉会しました。また、事務所開設にあたり多くの方からカンパ、祝儀が多数寄せられました。  (須)

2006年 10月 19日 北九州協議会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

日中友好協会北九州協議会 念願の事務所開設

   日中友好協会北九州協議会
    念願の事務所開設 

 日中友好運動を、今日の情勢にふさわしいものに発展させるために、その拠点となる事務所を確保することは北九州の全会員の念願でした。
 昨年来、戸畑支部再建を皮切りに、門司、八幡支部再建の機運の高まりの中で、小倉支部と合わせた北九州協議会の事務所が開設されました。
 場所は小倉北区の中心地、「リバーウォーク」の前という大変便利なところです。
40年ほど前、戸畑支部の事務局長だった原博道北九州協議会議長は「数十年ぶりの本格事務所で、。感無量です」と語っています。

◎ 事務所 ・ 北九州市小倉北区室町2-2-9 福留ビル2階201号
          電話 093-583-7072

事務所開設記念祝賀会
 ◎ 日時 10月14日(土)午後6時
 ◎ 場所 小倉飯店  小倉北区堺町1-8-14 電話531-4931
 ◎ 会費 4千円
 ◎ 申込 10月11日まで

2006年 10月 1日 北九州協議会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

「初恋のきた道」を鑑賞 (2006/4/15)

「初恋のきた道」を鑑賞

北九州協議会

 北九州協議会では、4月15日、「中国映画を観る夕べ」と銘打って、「初恋のきた道」を鑑賞しました。総勢31人が参加。用意した学習室がほぼ満席となりました。
 「英雄(HERO)」「SAYURI」で国際女優の座にのぼったチャン・イイー19歳のデビュー作とあって、場内は切なさに胸ふるえる清冽な感動につつまれました。
 一度観たことのある人も「何度観てもいい映画だね~」、また、中国の残留孤児の夫婦も「すばらしかった」と目を真っ赤にしていました。
 できれば、毎月1度、せめて2ヶ月に1度は中国映画を観る会をやろうということで、次回は、6月17日(土曜日)午後6時から、同じ会場で「山の郵便配達」の鑑賞会を行うことになりました。事務局では、今回参加した人を中心に、より大きな輪を広げていこうと張り切っています。 (エ)

2006年 5月 7日 北九州協議会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

中国映画会定期開催を決める 北九州協議会を開く (2006/3/4)

中国映画会定期開催を決める   八幡に支部も?
北九州協議会を開く

img20060304
 日中友好協会北九州協議会は3月4日、小倉、戸畑、門司の3支部、準備支部から9名が参加して会議を開きました。
 当日は、九州ブロック会議に参加した、中村訓八、深谷節子、西村儀一の3氏から、沖縄、都城各支部の気宇壮大な活動に感動をうけた報告や情勢にあった協会をつくることの大切さについて発言がありました。
 須崎健一氏から「会員はネズミ算式に増える可能性がある。北京オリンピック旅行や八幡支部を作ることも視野に入れて、楽しく活動を進めたい。ニュース発行の担当者も決まった」と明るい報告がありました。今後、中国映画会を定期的に開くことも決めました。

2006年 3月 11日 北九州協議会, 小倉支部, 戸畑支部, 門司支部 | | コメント (0) | トラックバック (0)

虐殺の実態をつぶさに知る (2005/11/7-11)

虐殺の実態をつぶさに知る

北九州協議会 第3回「日中友好平和の旅」

kitakyu  日中友好協会北九州協議会の第3回「日中友好平和の旅」は、上海、南京、杭州、蘇州を11月7日より11日まで、4泊5日の旅をおこない、大変実り多い旅となりました。
 初日は、一路上海より南京へバスの旅となり、たそがれた様な太陽が、終日バスとともに南京の夕暮れまでともに走りました。
 翌日、南京の「大虐殺記念館」を訪問しました。記念館では、「抗日戦勝60周年記念」の年で多忙きわめる中、私たち日中友好平和の旅一行14名を特別に迎え相互に交流することができました。
 副館長が自ら案内し、説明をしてくれました。私たち一行は、虐殺の犠牲者の霊に花輪を捧げ、黙祷をしました。その後、貴賓室において訪問団団長及び記念館副館長が、こもごも挨拶を交わし、意見交換をしました。
 また、イギリス人牧師が撮影した当時の実写フィルムを鑑賞し、虐殺の実態をつぶさに知ることができました。
 杭州では、「日本軍上陸地点」のモニュメントが8月に拡充整備され、中央に「1937.11」の碑が建てられ、それに鎖がまかれ、外には赤字で大きく「勿亡国耻」と書かれ、あらためて「中国侵略」の実相がリアルに私たちに迫ってきました。
 また、お父さんの「従軍日記」を頼り杭州の大学で教鞭をとりながら日本軍の辿ったルートを歩いている俊正(参加者の兄)さんとも交流することができました。
 今後かつての日本軍による中国侵略を深く解明し、日中両国の平和と友好交流の為にいっそう努力する決意をかためる平和の旅になりました。

2005年 12月 11日 北九州協議会, 旅行・地域 | | コメント (0) | トラックバック (0)