ブログ:ココログ

トップページ へ戻る

北京楽団福岡公演 劉福君&中華全国総工会文工団の仲間たち

『北京楽団』について | 『日中友好協会』について | 『北京楽団』を訪問しました | 『劉福君&北京楽団九州公演』案内
Img20110101_10 「北京楽団公演」のDVD でき上がりました。

 昨年11月18日少年科学文化会館で公演し、
大好評をいただいた「北京楽団(中華総工会
文工団)」ステージのDVDができあがりました。
ご希望の方はご予約お願いします。

販売価格:2,000円

「アモイ・土楼をめぐる旅」:1,500円/2枚組
「東北三省・有効平和の旅」:2,000円/3枚組
も販売いたします。


Pekin_201118_02

 日中友好協会創立60周年
北京楽団 福岡公演
劉福君&
中華全国総工会文工団の仲間たち

Pekin_top

クリックすると拡大します


『福岡市少年科学文化会館』へのアクセス
地下鉄「赤坂駅」下車徒歩5分
西鉄バス「長浜2丁目」下車徒歩1分
※駐車場(10台)が限られているため、
 公共交通機関をご利用ください。


大きな地図で見る
[日時]  11月18日(木)  18:00開場 18:30開演
[会場]  福岡市立  少年科学文化会館
福岡市中央区舞鶴2-5-27  Tel. 092-771-8861
[会場ホームページ]   [地図リンク]
[前売券]  指定席 4,000円
自由席 3,500円
学生・子ども 2,500円

*当日は500円増
[主催・
お問い合わせ] 
日中友好協会福岡県連合会
福岡市中央区渡辺通2-8-23 樋口ビル3F
Tel&Fax. 092-761-0604
[後援]  中華人民共和国駐福岡総領事館
福岡県 福岡市 福岡市教育委員会
福岡日中文化センター
プログラム  
合奏
 花好月圓・大湖美
板胡と舞踏
 月牙五更
古筝独奏
 戦台風
女性独唱
 只有山歌敬親人
男女二重唱
 可愛的一朶?瑰花
 
  二胡独奏
  二泉映月
 揚琴独奏
  洪河的春天
 笛子独奏
  牧民新歌
 琵琶独奏
  彝族舞曲
 二胡と女子5人楽坊
  アフロデーテ・日本の歌
  メドレー・草原情


中華全国総工会文工団(北京楽団)について
 中華全国総工会(構成員・約2億2千7百万名)直属の総合的プロの芸術団。
 1956年誕生。  中国文化の伝統を引き継ぎ、国家一級の団員(演奏家、舞踏家、歌手など)を多数養成し、 この50年、全国各省、市、自治区のみならず、アメリカ、ロシア、フランス、ドイツ、ブラジルなど、 世界各地で最高水準の公演と文化交流を行い、各イベント大賞、国際大賞を獲得しています。  更に、中国中央テレビ局と共同し数々の大型番組を制作するなど広く国民から好評を博しています。
 今回は、趙玉章団長(国家一級・歌手)をはじめ二胡、楊琴、琵琶、古筝、笛子、大堤琴(チェロ)、笙、打楽器の奏者と、 歌手、舞踏家の国家一級の15名の団員が来日し、二胡の奏者・劉福君さんと共演します。


『日中友好協会創立60周年』について
 日中友好協会は中華人民共和国建国の翌年の1950年10月1日に、広範な人々のよびかけによって創立され、今年で60周年を迎えました。北京楽団公演はこれを記念して開かれるものです。
 私たちの協会は中国と国交がなかった時代から様々な中国文化の紹介・学習、交流や貿易の発展、国交回復の実現に努力してきました。 また、戦後中国に取り残された日本国民の帰国促進、戦争中に日本へ拉致連行され死亡した中国人の慰霊、遺骨送還などを進め、中国の人びととの友好協力関係を発展させ、日本の平和と繁栄の未来を築き、アジアと世界の平和に役立つことができるように、幅広い活動を進めてきました。
 私たちは本公演を通して、日中両国の相互理解と草の根の交流が一層盛んになることを願っています。
 多くの皆さんの積極的なご協力を心からお願いします。




北京楽団・中華全国総工会文工団を訪問    星野 信
 8月28日、北京聨合大学に短期留学している4人が、張先生の通訳で北京楽団を訪問しました。 故宮の西北にあたる后海の近く、静かなたたずまいの胡同の一角に広大な事務所がありました。 出迎えた趙団長は私たち訪問団の質問に気さくに答えていただきました。
 趙団長は、「私たち北京楽団は、今回、初めての日本公演ですが、日中友好の発展に大きな役割を果たすことになるでしょう」と熱く語りました。「北京楽団は、1949年建国後の1956年に、中華全国総工会直属の芸術団体として四川省で創立され、周恩来の招きで北京に移りました。現在では中国中央テレビ(OCTV)の番組に出演するなど、プロの芸術団体として活躍しています。
アメリカ、ロシア、フランス、ドイツなど世界各地で公演が成功するなど、国際的な文化交流を行っています」と誇らしげに語っていました。
 北京楽団は350名を擁し、そのうち220名が音楽を中心とする楽団であり、そのうちの15人が日本公演に参加します。その他に漫才やドラマの俳優など多彩な芸術活動を行っているそうです。
 会談の途中から日本公演の女性メンバー6人が加わり、和やかな雰囲気のなか話が弾みました。
 「日本の寿司が大好きです」「わさびの香りとピリィとした辛さが印象に残っています」「若い方に共感をもっていただけるようプログラムも工夫しています」「古典的な中国音楽や民謡だけではなく、皆さんに親しんでいただくような音楽、歌に踊りをそえて満足していただけると思います」と意気込みを語っていただきました。
 今回初めて「北京楽団」を訪問したのですが、日中友好の輪がさらに広がっていくという確信を持つことができました。


 長い歴史を持つ「文工団」も、意外なことに、「団」としての日本公演は初めてだそうです。
 それだけに、来日メンバーのみなさんは、それぞれに福岡公演を楽しみにし、いい演奏をしたいとの思いがいっぱいのようです。

 「いままで蓄えた、自分の持てるすべてを福岡の皆さんに披露したい。それと、日本の寿司が楽しみです」 (二胡・揚天川さん)
 「日本に3回行ったことがあり、歓迎された。日本人はとてもやさしい」 (琵琶・徐瑩さん)
 「ユッタリとまたリズミカルに、変化をつけて表現したい」 (笛子・雷黙さん)
 「古くからのもの・新しいものいろいろ取り入れ、情熱を伝えたい」 (古筝・王瑶さん)
 「若い人にも共感・満足してもらえる演奏をしたい。友好・交流も大きな目的です」 (揚琴・崔佳さん)
 「中国の民族的なうたごえを楽しんでもらいたい」 (女性歌手・馬暁夢さん)

 趙団長は、「日本の皆さんの前で、日本の歌を歌いたいので、今練習中です」と、素晴しいテノールを聴かせてくれました。



中華全国総工会と文工団の歩みを学習
 「北京楽団」の正式名称「中華全国総工会文工団」について学ぼうと、10月1日、王鵬先生に講師をお願いして福岡日中文化センターで講座を開きました。
 「工会」とは労働組合のことで、1925年に成立した全国総工会は、2008年現在2.09億人を擁する巨大組織になっていますが、実質的には労使双方の調停機関で「従業員のクラブ的な存在、娯楽活動を主催する組織」となっているそうです。
 「文工団」は「文芸工作団」の略で、中国工農紅軍宣伝隊の伝統を継承して、歌・舞踏・演劇などの形で宣伝活動をする総合的な文芸団体です。
 現在団員は300人を超え、テレビ・映画・舞台などの第一線で活躍している団員が多いそうです。
 映画「活きる」「我が家の犬は世界一」の葛優も「文工団」の一員です。



Pekin_201118_02

日中友好協会創立60周年
劉福君&北京楽団九州公演

[開催日] 2010年11月18日(木) [開場]18:00 [開演]18:30
[会 場] 福岡市少年科学文化会館  【福岡】  [地図
[お問い合わせ] 092-761-0604 (日中友好協会福岡県連)

[開催日] 2010年11月19日(金) [開場]18:30 [開演]19:00
[会 場] 熊本県立劇場 演劇ホール 【熊本】  [地図
[お問い合わせ] 096-354-2135 (熊本労音)
       『チケットぴあ』(Pコード117-376)で購入
 
[開催日] 2010年11月20日(土) [開場]13:30 [開演]14:00
[会 場] 長崎市民会館 大ホール 【長崎】  [地図
[お問い合わせ] 090-7155-5009 (久保)
       『チケットぴあ』(Pコード117-376)で購入
 
[開催日] 2010年11月21日(日) [開場]14:30 [開演]15:00
[会 場] 鹿児島純心女子大学構内 江角記念ホール 【鹿児島】  [地図
[お問い合わせ] 090-9796-8602 (野尻)
       『チケットぴあ』(Pコード117-376)で購入
 
[開催日] 2010年11月23日(火・祝) [開場]12:30 [開演]13:00
[会 場] 大分佐伯文化会館 【大分】  [地図
[お問い合わせ] 090-5728-2715 (藤田)
       『チケットぴあ』(Pコード117-376)で購入

トップページへ戻る