前進座「佐倉義民伝」福岡公演


悪政に苦しむ農民を救うため
自らの死をかえりみず
直訴を決意した義民宗五郎のものがたり


福岡県内公演
6月23日(金)田川田川文化センター
6月24日(土)大牟田大牟田文化会館大ホール
6月28日(水)北九州北九州芸術劇場大ホール
6月29日(金)福岡福岡市民会館
6月30日(金)福岡福岡市民会館
7月 1日(土)行橋行橋市文化ホール
→ 各地の問合せ先は、こちら

前進座創立七十五周年記念公演

     一、七十五周年記念『口上』
     二、舞 踊 『近江のお兼』
     三、歌舞伎 『佐倉義民伝』


  舞踊  近江のお兼 
長唄囃子連中 藤間多寿 指導 

 近江国琵琶湖のほとりにいた、お兼という大力娘の伝説を舞踏化した作品です。
 琵琶湖へ布晒しに盥(たらい)を抱えてやってきたお兼は、暴れ馬を押しとどめたり、大の男を相撲で打ち負かしたりと、可憐な姿とはうらはらに力持ちぶりを見せます。
 曲そのものは派手な調子で、華やかさをふんだんに出し、幕切れには、晒しを振って踊るなど、豊かな風物詩を感じさせる舞踏です。


瀬川如月 作
平田兼三 改定
佐倉義民伝 
門訴から子別れまで 竹本連中 

 下総国佐倉領(今の千葉県佐倉市周辺)は数年来の凶作が続き、領民は飢えに苦しんでいた。 年貢米(今の税金にあたる)の減免を嘆願する百姓衆の声は聞き届けられず、逆に年貢の割り増しを申し渡される。 このうえは直(じか)に藩主堀田上野介に願いでようと、その江戸屋敷におもむいた木内宗五郎たちは、江戸家老岩淵典蔵に門前払いにされる。
 宗五郎は、死罪を覚悟で将軍への直訴を決意。 その前に、一目妻子に会いたいと、佐倉に立ち戻り、印旛府のほとり、渡し守甚兵衛の小屋にたどり着いた。
 飛散を防ぐため、日が暮れると渡し船には鎖がかけられた。甚兵衛は決死のナタで鎖を切り・・・・・。
 一別以来変わりない妻子の姿に安堵するもつかの間、宗五郎はふたたび江戸へと・・・・・。

→ 印刷用のページはこちら


出演者連名

嵐 圭史
山崎 竜之介
小佐川 源次郎
藤川 矢之輔
山崎 辰三郎
姉川 新之輔
瀬川 菊之丞
河原崎 國太郎
松涛 喜八郎
中島 宏幸
寺田 昌樹
又野 佐紋
亀井 栄克
石田 聡
松永 啓
菊池 亮
鈴木 大
上滝 啓太郎
桐山 里昇

前進座
→前進座HP

福岡市公演案内
日時/2006年6月30日(金)開演18:30(開場18:00)
場所/福岡市民会館 福岡市中央区天神5-1-23 TEL 092-761-6567
料金/指定席 8,000円 自由席 5,500円(当日1,000円増)
主催/前進座「佐倉義民伝」公演を成功させる福岡の会
後援/福岡市・福岡市教育委員会・(財)福岡市文化芸術振興財団・西日本新聞社・
朝日新聞社・毎日新聞社・読売新聞西部本社・福岡放送・テレビ西日本・
JA福岡中央会
推薦/日本生活協同組合連合会・全国農業協同組合中央会

お申し込み・お問い合わせ 日中友好協会福岡県連合会 TEL 092-761-0604

福岡県内の他の公演は、
上演日 開演時間 会場 主催者・お問合せ先
2006年6月23日(金) 18:30 田川文化センター 前進座をみる田川の会
090-7921-6698
2006年6月24日(土) 14:30 大牟田文化会館大ホール 前進座をみる会
0944-56-2398
2006年6月28日(水) 18:30 北九州芸術劇場大ホール 前進座「佐倉義民伝」をみる会
093-571-4688
2006年6月29日(木) 18:30 福岡市民会館 芝居を楽しむ会(サイコー舎内)
092-622-9779
2006年7月1日(土) 19:00 行橋市文化ホール 前進座「佐倉義民伝」行橋公演実行委員会
0930-24-4422
※料金は会場・主催者によって異なります。
※主催者・お問い合わせ先も異なります。


福岡県外の公演日程などは、劇団前進座のホームページをご覧ください。
    → 前進座のホームページへ